LMS365が扱うSCORMデータ要素

  • 更新

LMS365 は、以下の SCORM データ要素を処理することができます。

  • cmi.core.lesson_status:このタイプのデータには以下のオプションがあります。
    「未開始」「閲覧済」「合格」「完了」「不合格」「未完了」、ユーザーが SCO(Sharable Content Object)を完了したかどうか判断するために使用されます。

  • cmi.core.score.raw:パッケージの最終スコアを点数で表します。(SCORM1.2)

  • cmi.score.raw:パッケージの最終スコアを点数で表します。(SCORM2004(1.3))

  • cmi.score.scaled:cmi.score.rawをパーセンテージとして計算するために使用されます。(SCORM2004(1.3))

  • cmi.core.score.raw + cmi.core.score.max:cmi.core.score.maxをパーセンテージとして計算するために使用されます。(SCORM1.2の場合)

  • cmi.suspend_data:ユーザーが試行を停止した場合、その試行を再開する際にパッケージが使用します。

  • cmi.core.student_name:パッケージ内で受講者の名前を表示する場合に使用されます。その値は package rendering に設定します。

  • cmi.progress_measure:SCORM 2004(1.3)で使用され、進行状況をパーセンテージで表示します。SCORM1.2ではサポートされていません。

次の表は進捗を計算するための主なプロパティと、SCORMの構成で使用すべき要素を示しています。

SCORM data elements1.png

データ要素 cmi.core.lesson_status,cmi.core.score.raw,cmi.core.score.raw + cmi.core.score.max,  cmi.core.student_name は、コースコンテンツ管理>SCORMの「受講者の詳細を閲覧」ダッシュボードで見ることができます。

SCORM data elements2.png

データ要素 cmi.progress_measure はコースの進捗ダッシュボードで見ることができます。

SCORM data elements3.png

cmi.suspend_data データは、受講者がSCORMに合格した場合にのみ、LMS365プレイヤーで見ることができます。

SCORM data elements4.png

SCORMクラウドでSCORMをテストすることができます。お使いのSCORMがLMS365で正常に動作しない場合、こちらで動作をごご確認ください。

SCORMについての詳細はSCORM.com(SCORM Run-Time Reference Guide)をご参照ください。