LMS365アプリをMicrosoft Teamsに追加する

  • 更新

Microsoft Teams に LMS365 をインストールするには、まず LMS365 が正常にインストールされている必要があります。

1.LMS365アプリを追加する

  1. Microsoft Teams ストアで LMS365 を検索します。

    mceclip0.png

  2. LMS365 アプリをクリックします。

    mceclip6.png

  3. チャットに追加、またはチームに追加を選択します。

    mceclip1.png

  4. 画面の指示に従ってタブを設定し保存して完了です。

2.LMS365アプリが表示されない場合

グローバル管理者または Teams サービス管理者は、Microsoft Teams 管理センターの「アプリの管理」ページにアクセスすることができます。ここでは、アプリのアクセス許可ポリシー、セットアップポリシー、ストアのカスタマイズを使用して、ユーザーエクスペリエンスの設定や、Teams 起動時にデフォルトでインストールされるアプリを選択することができます。詳細は、Microsoft Teams のアプリセットアップポリシーを管理するをご参照ください。

 

TeamsのアプリストアにLMS365を表示させるにはMicrosoft 365管理センター>管理センター>Teams>組織全体の設定>外部アクセスで「外部アクセス」オプションを有効にする必要があります。詳細については、こちらのMicrosoft Teams での外部アクセスの管理を参照してください。

mceclip2.png


LMS365ボットを追加したとき「管理者がポリシーを設定しているため、LMS365 APIが要求している権限を付与することができません。あなたに代わってこのアプリケーションに許可を与えることができる管理者に連絡してください」というメッセージが表示された場合、以下の設定を確認します。

  • Microsoft Azureで「ユーザーは、アプリが自身の代わりに会社のデータにアクセスすることを許可できます」オプションが無効になっています。Microsoft Azureポータルにログインし、Azure Active Directory>エンタープライズアプリケーション>ユーザー設定で同意を有効にしてください。

    mceclip5.png
    ※上の画面が表示されない場合、以下のリンクをクリックします。
    mceclip3.png

一部のTeamsでLMS365が応答していないと表示される場合があります。ほとんどの場合、Office365管理者がMicrosoft Teamsのボットを無効にしていることが原因です。Office365 管理者に連絡して問題を解決してください。