インストールマニュアル

  • 更新

 

概要・動作環境

本マニュアルの対象

本マニュアルはOffice365グローバル管理者がLMS365App及びWebパーツのインストールを行うための手順を記したものです。

インストール後の、LMS365の詳細設定やコースカタログ機能の利用方法については「LMS365 ユーザーガイド」をご参照ください。

 

LMS365の概要

LMS365はSharePoint Online上で動作するアドインコレクションとなります。

ご使用のSharePoint Onlineにe-Learning学習を行うための様々なアドイン、およびアドインを操作するためのWEBパーツ等を提供します。

各アドインの概要は以下の通りとなります。

 

LMS365|コースクリエイター&カタログ:学習コースの作成や受講管理を行う、LMS365の基本アドインです。

学習コースやトレーニングプラン等の作成を管理し、SCORM&AICCプレイヤーアドインやラーニングモジュールビルダーアドインなどと連携して動作します。

LMS365|SCORM&AICCプレイヤー:LMS365上でSCORM及びAICC形式の学習教材を使用するためのアドインです。

LMS365|ラーニングモジュールビルダー:お手持ちの各種ドキュメント(PPT、Word等)や動画などを使用して、LMS365上で学習教材を作成するためのアドインです。使用できるドキュメントや動画は多くの形式(フォーマット)に対応しておりますので、すぐにLMS365上で学習教材として配信し、e-Learning学習を始めることができます。

LMS365|クイズビルダー:LMS365上でテスト形式の学習教材を作成するためのアドインです。一択問題から○×問題など様々な回答形式に対応します。

LMS365|課題管理・成績評価アドイン:講師からの課題の提示と、受講者によるその課題への取り組み、また課題に取り組む過程での講師と受講者のコミュニケーションをサポートするアドインです。課題の達成状況を講師が判断しながら、柔軟な成績評価を行うことができます。

 

サーバーソフトウェアの要件

LMS365アプリは、Microsoft Office 365 SharePoint Onlineの環境下で動作するように開発されています。

SharePointは、チームワークを促進するためのコンテンツを作成、編集、共有できる動的なプラットフォームです。SharePointについてはこちらをご覧ください。

 

ベストパフォーマンスの実践

SharePointの制限により、1コースあたりの個別の登録数は最大5000ユーザーとなっています。

詳細については、SharePoint の制限をご参照ください。

5000人以上のユーザーがいる場合は、Active Directory グループを使用してユーザーを登録することができます。

当社のSCORM & AICC Playerツールは、3000人の同時受講でテストされています。

 

クライアント動作環境

明示的な制限はありません。ただし、Office OnlineやLMS365を快適にご利用いただくためには、以下のブラウザの最新版をご利用ください。詳細については、Web 用のアプリOfficeブラウザをご参照ください。

OS ブラウザタイプ
Windows 10  Microsoft Edge, Mozilla Firefox, Google Chrome
Windows 8, 8.1, or 7 (SP1) Microsoft Edge, Mozilla Firefox, Google Chrome
Mac OS X (Sierra 10.12 and later) Microsoft Edge, Apple Safari 10+ or Google Chrome
Linux Mozilla Firefox or Google Chrome
iOS  ブラウザの代わりに LMS365 モバイルアプリを使用することをお勧めします
Android 

MicrosoftとLMS365が発表したInternet Explorer 11とEdge Legacyのサポート終了に関する詳細情報については、「LMS365 Internet Explorer 11サポート終了のお知らせ 」をご参照ください。

目次に戻る

LMS365アプリのインストール

! ❖ US Government Cloudを利用しているテナントの場合、インストール手順は、インストーラのURLの場所を除いて同じです。URLは、LMS365の担当者がインストールする際にのみ開示されます。

❖ LMS365のインストール作業が完了し、最初のコースカタログが作成されると、LMS365アプリとそれに含まれるすべてのツールが自動的にアプリカタログに追加されます。

❖ LMS365のインストール手順は、動画(英語版)でも公開しています。


作業を開始する前に、以下の前提条件が満たされていることを確認してください。

  1. SharePointがインストールされている。
  2. アプリカタログサイトが作成されている。
    アプリカタログサイトの作成については
    Sharepoint アプリカタログサイトの作成をご参照ください。
  3. アプリカタログには少なくとも「所有者」権限が、SharePointルートサイトコレクションには少なくとも「読み取り」権限が必要です。

前提条件が整ったら、以下の手順を行います。

  1. 以下のURLにアクセスし、Office 365 グローバル管理者アカウントでサインインします。
    https://appsource.microsoft.com/ja-jp/product/web-apps/elearningforce.lms365_spfx 
  2. 「無料試用版」ボタンをクリックします。
  3. 表示されたフォームに必要事項を入力して「続行」ボタンをクリックします。
    mceclip1.png
  4. LMS365アプリによるアクセス許可要求の一覧が表示されますので、「承諾」をクリックします。

    発行元検証済みとマーク(青色の「検証済み」mceclip4.pngバッジ  )されたアプリケーションは、発行元が、検証プロセスを完了した Microsoft Partner Network アカウントを使用して身元を検証し、この MPN アカウントをアプリケーション登録に関連付けたことを意味します。
    アプリケーション権限については、「
    データアクセス(権限の委譲)」をご参照ください。

LMS365 は、クラシックアクセス LMS365 アプリをコースカタログサイトに自動的にインストールします。このアプリは、コースサイトの管理、学習モジュールへのドキュメントのアップロード、クイズなどの権限を与えるなど、LMS365アプリの正しい動作のために使用されます。

 

  1. 「Get Started」をクリックするとLMS365のインストールを開始します。

  2. LMS365を利用するリージョンの選択画面が表示されます。「Japan East」を選択し「Next」ボタンをクリックしてください。
リージョンの設定は、最初の1度のみで後から変更はできません。(お客様による変更はできません。)

株式会社ソフィアよりライセンスを購入されるお客様は「Japan East」のみがサポート対象となります。 「Japan East」以外のリージョンをご利用になりたい場合は、別途ご相談ください。


  1. テナントの地域を確認し、「Yes, I am sure. Please proceed!」をクリックします。プロビジョニングを開始します。(「No, I am not sure. Please take me back!」で戻って別の地域を選択することができます。)

    アプリカタログの作成直後は、以下の画面が表示されます。
    アプリカタログ作成後、実際に有効になるまでに最大で20分かかりますので、しばらく待ってから再度お試しください。

    アプリカタログが用意されていない場合は、以下のエラー画面が表示されます。

    アプリカタログを作成し、このページに戻ってページを更新すると、プロセスを続行することができます。 アプリカタログが使用できるまで時間がかかる場合があります。その場合、しばらくしてからもう一度お試しください。
    テナントへのプロビジョニングには5~10分程度かかりますので、しばらくお待ちください。
  2. LMS365使用前にライセンスを有効にします。ライセンスキー未発行の場合「trial」と入力すると、30日間の無料トライアルをご利用できます。無料トライアル中は、すべての機能が人数無制限でご利用できます。

    問題が発生しないように、LMS365での作業を開始する前に、ライセンス(トライアル版も含む)をアクティブ化してください。

LMS365グローバル設定

グローバル設定では、コースカタログの作成、言語ファイルの管理、LMS365モバイルアプリの構成、ライセンスのアクティブ化または非アクティブ化、LMS管理者およびテナント全体のLMS構成の設定を行うことができます。

既定では、Office365グローバル管理者のみが、LMS365グローバル設定にアクセスできます。ただし、特定のユーザーにグローバル設定へのアクセス権を付与できます。
アクセス権の付与についてはLMS365管理者設定をご参照ください。

グローバル設定へのリンクをOffice 365グローバル管理者の管理センターに表示するには、Office 365グローバル管理者がhttps://lms.365.systemsにアクセスし、LMS365によって要求されたアクセス許可を受け入れる必要があります。(複数のOffice 365グローバル管理者にグローバル設定へのリンクを表示する場合、各Office 365グローバル管理者がこれを実行する必要があります。)

目次に戻る

コースカタログの作成

新しいコースカタログはグローバル設定で作成します。

※ Microsoft365グローバル管理者の権限を持つユーザーのみが、コースカタログを作成できます。他のユーザーにはコースカタログの追加ボタンは表示されません。

新しいコースカタログの作成は以下の手順で行います。

  1. グローバル設定>コースカタログ一覧に移動します。
  2. [+コースカタログを追加]をクリックすると次のパネルが開きます。

新しいURLを設定するか、既存のサイトURLを使用するかを選択できます。

A.新しいサイトURLでコースカタログを作成するには、以下のフォームに必要事項を入力してください。

mceclip0.png

コースカタログタイトル:「コースカタログ」ページに表示するコースカタログのタイトルを入力します。
サイトURL:コースカタログが設置されるサイトコレクションの相対的URL情報となります。 既定値では、コースカタログタイトルが入力されますが、ユーザーが手動で変更できます。 URLが自動生成されると、無効な文字(#%&*: <>?\ / {|}〜など)は自動的に削除されます。

サイト言語:サイトで使用する言語を指定します。

❖ コースカタログ、ダッシュボード、コースWebパーツの言語は、SharePointサイトの言語と同じです。

❖ お使いのブラウザの推奨言語がSharePointの代替言語として指定されている場合、管理センターはこの言語で表示されます。

❖ ブラウザの言語がSharePointで有効な代替言語のリストにない場合、SharePointサイトの既定値の言語が使用されます。

サイトテンプレート:コミュニケーションサイト」または「チームサイト」を選択します。コミュニケーションサイトの詳細についてはこちらをご参照ください。

カタログ管理者:カタログ管理者となるユーザー名を入力します。(初期値はコースカタログを作成しているユーザーが指定されます。)

コミュニケーションサイトのカタログ管理者に外部ユーザーを追加する場合、外部共有機能をで有効にする必要があります。(コミュニケーションサイトでは既定値では無効となっています。)

有効にするには、SharePoint Online管理シェルを開いて、次のコマンドを実行します。

Connect-SPOService -Url https://TENANT-admin.sharepoint.com

Set-SPOsite https://TENANT.sharepoint.com/sites/SITE -SharingCapability ExternalUserAndGuestSharing

コミュニケーションサイトにおける外部共有については、こちら(英語)をご参照ください。

  コースカタログ作成段階でサイトの地域設定を指定することはできません。コースカタログの作成が完了したら、サイト設定>サイトの管理>地域の設定で確認、および変更ができます。

 

B.既存のサイトURLを使用する場合は、トグルをオンにして、コースカタログ管理者を指定します。

mceclip0.png

既存のサイトがクラッシックチームサイトの場合、コースカタログとマイトレーニングダッシュボードWebパーツはモダンページに作成されます。
  LMS365コースカタログがインストールされているサイトに新しいコースカタログを作成することはできません。
  コースカタログがクラッシックのサイトコレクションにインストールされている場合、手順に従ってモダンサイトに移行することをお勧めします。
  1. [保存]をクリックします。コースカタログが作成されます。

コースカタログの設定と管理:

コースカタログ一覧でカタログを選択し、サイドメニューからコースカタログサイトやコースカタログ管理画面に移動できます。

コースカタログ設定:コースカタログのタイトル、サイトURL、言語、サイトテンプレートの情報を表示します。コースカタログ管理者の追加及び削除ができます

コースカタログ表示:コースカタログのホームページにリダイレクトされます。(「コースカタログ」または「トレーニングダッシュボード」が追加されている場合はそれらのページに移動することもできます。)

mceclip1.png

※「組織の代理として同意する」をオンにすると、このアプリの組織内のすべてのユーザーは指定されたリソースへのアクセス権を取得し、アクセス許可の確認を求められることはありません。

外部ユーザーがLMS365 Webパーツ(コースカタログ、トレーニングダッシュボードなど)へアクセスを可能にするため、また、すべてのユーザーの権限を受け入れて初回アクセス時にログインする必要がないようにするためには、Office 365グローバル管理者がテナント全体に管理者権限を付与する必要があります。詳細についてはこちらをご参照ください。
  Azure ADで「管理者の同意を与える」オプションが設定されていない場合、ユーザーはLMS365を使用する都度、テナント管理者による同意を付与する必要があります。

コースカタログ管理:コースカタログのLMS365管理センターに移動します。LMS365管理センターの使用方法については「LMS365ユーザーガイド」をご参照ください

コースカタログの削除:コースカタログを削除できます。

目次に戻る

言語ファイル管理

LMS365の言語設定では、SharePointが対応している21の言語に翻訳することができます。

サポートされている言語にはアスタリスク*が付いています。

Picture 18

LMS365には日本語辞書が内包されており、インストール完了後には自動的に日本語を表記します。

※ 言語設定はテナント全体で共通です。

LMS365の代替言語をカスタム翻訳に変更するには、以下の手順で行います。

  1. グローバル設定画面の「設定」>「言語ファイル」>言語ファイルを選択します。

  1. ドロップダウンリストから必要な言語を選択します。
    mceclip2.png
  1. 「選択」フィールドに、カスタム翻訳を入力します。[保存]をクリックします。
    mceclip3.png

または:

「書き出し」で言語ファイル(LMS365_Japanese.xlsx)をローカルPCにダウウンロードします。

.xlsxファイルを編集(選択欄に記入)後、「読み込み」で編集したファイルをアップロードします。

mceclip4.png

  1. 「選択」の欄に編集した翻訳が表示されます。[保存]をクリックします。
    ページの再読み込み後に新しい翻訳が適用されます。
      LMS365サイトを複数の言語で表示するためにはサイトコレクションの「サイト設定」>「言語設定」で代替言語を選択する必要があります。
     

    複数言語表記における優先順位は次の通りです。

    1.受講者のユーザープロファイルで設定されている言語:
    ユーザープロファイルの変更は反映に時間がかかります。詳しくはこちらをご参照ください。

    2.ブラウザの設定言語:
    ユーザープロファイルに言語設定がされていない場合、ブラウザの言語設定が使用されます。ブラウザの言語設定を行った後は、すべてのブラウザウィンドウを閉じて再度開き直してください。詳しくはお使いの各ブラウザのマニュアルをご参照ください。

    3.上記いずれも設定されていない場合は、サイトコレクションの言語設定の「既定の言語」が使用されます。

目次に戻る

モバイル設定

モバイルアプリの配色、初期値で表示するコースカタログなどの設定ができます。

◆ アプリの外観設定

モバイルアプリ上の配色の設定ができます。

mceclip5.png

◆ アプリの外観設定

初期状態ですべての受講者に表示するタブの設定ができます。

mceclip6.png

◆ 言語の設定

既定の言語を選択できます。受講者側でも個別に設定ができます。選択した言語をアプリがサポートしていない場合は、自動的に英語表示となります。

◆ コースカタログ既定値設定

受講者が利用可能なコースカタログの中から、既定で表示するコースカタログを選択します。
image-37.png

◆ インフォメーションページ

mceclip7.png

◆ ヘルプページへのリンク

ヘルプページのリンクを設定できます。オリジナルで作成したヘルプサイトに、リンクを設定することもできます。

◆ ブラウザの設定

ブラウザのリンクの表示/非表示を設定します。このオプションを有効にすると、受講者がデバイスブラウザでコースを表示できるようになります。

◆ コンテンツの表示設定

Webコンテンツの表示方法を設定できます。

ご使用のデバイスが Microsoft Intuneを準拠としている場合は、ブラウザでWebコンテンツを開くことをお勧めします。

目次に戻る

ライセンス管理

LMS365アプリを開始する前に、ライセンスをアクティブ化する必要があります。LMS365ライセンスは、コースに登録された受講者に自動的に割り当てられます。

トライアルライセンス

LMS365アプリは30日間 無料でお試しいただくことができます。ユーザー数、使用できる機能に制限はありません。試用期間中にライセンスキーを取得する必要はありません。

トライアルライセンスの使用は以下の手順で行います。

  1. グローバル設定>設定>ライセンス情報に移動します。
  2. 顧客情報を入力し、[ライセンスキー]フィールドに「trial」と入力します。
  3. [Activate]をクリックします。

トライアライセンスがアクティブすると、ライセンスの横に緑色のチェックマークが表示されます。

ライセンスの情報は以下の手順で確認できます。

  1. ライセンス情報ページで、ライセンス情報の横にある情報アイコン 注意マークのアイコン をクリックします。
  2. 次のライセンス情報が表示されます。
  • 開始日:トライアル期間の開始日
  • 終了日:トライアル期間の終了日
  • 最大ユーザー数:試用ライセンスのユーザー数が無制限であるため、このフィールドは空です。
  • 現在のユーザー数:現在の利用ユーザー数を表示します。学習コースに設定した受講者、および訪問者が対象となります。テナント全体で使用している受講者数がカウントされます。
    AD側で削除、または無効化したユーザーは現在のユーザー数にカウントされません。
  • ライセンスキー:トライアルライセンスの場合は「Trial」と表示されます。

ライセンスの有効化

株式会社ソフィアよりライセンスを購入した場合は、通知されるライセンス番号を「License Key」フィールドに入力して「Activate」ボタンをクリックしてください。

mceclip8.png

ライセンスの有効化に成功すると、ライセンスキーの横に緑色のチェック✔が付きます。

ライセンスのステータスを確認するには、ライセンスの横にある情報アイコン 注意マークのアイコン をクリックし、ライセンス情報タブをクリックします。

mceclip9.png

  • 開始日:ライセンスの開始日
  • 終了日:ライセンスの終了日
  • 最大ユーザー数:ご契約頂いているライセンス数。最大数を超える場合は、ユーザーを削除することができます。(コースから受講者を削除します。)
  • 現在のユーザー数:現在の利用ユーザー数が表示されます。学習コースに設定されている受講者及び訪問者が対象となります。テナント全体で使用している受講者数がカウントされます。AD側で削除または無効化したユーザーは、現在のユーザー数にカウントされません。
    AD側で削除、または無効化したユーザーは現在のユーザー数にカウントされません。
  • ライセンスキー:ご利用頂いているライセンスキーの末尾が表示されます。
ライセンスの有効期限が切れた場合、または利用ユーザー数が最大ユーザー数を超えた場合、14日間の猶予期間内に必要な対処を行ってください。この期間中、システムが停止することはありませんが、管理画面に警告が表示されます。
 

ライセンスの有効期限が切れた場合:

image-45.png

利用ユーザー数が最大ユーザー数を超えた場合:

image-46.png

猶予期間中(14日間)、受講者は通常通り学習を受講することができます。14日後、ライセンス問題が解決されていない場合、受講者がアプリにアクセスしようとすると次のようなメッセージが表示されます。

image-47.png

 

ライセンスの管理

ライセンスをアクティブ化した後、ライセンスでカウントされているユーザーのリストをExcelレポートで作成できます。また、ユーザーを指定してすべてのトレーニングから登録を解除することができます。

 

登録解除: [ユーザー管理]タブにて受講者の登録を解除し、利用者の削除(減すこと)ができます。

mceclip11.png

 

ライセンスレポート:[レポートを作成する] をクリックします。

mceclip12.png

以下の形式でExcelファイルが出力されます。

 

ライセンスに関する通知:ライセンスが有効になると、利用ユーザー数が契約数に達する前や、ライセンスの期限が切れる前にメールで通知することができます。

[通知]タブにて通知画面を表示します。カンマ区切りで複数の値を設定できます。

mceclip13.png

  • 最大ユーザー数の%に達しました:ユーザー数を%で指定すると、その数に達したときに通知を受け取ることができます。既定値では、50%と99%が設定されています。
  • ライセンスの有効期限が切れる日:有効期限に到達するまでの日数を設定します。
    既定値では30、14、7、1日が設定されます。
  • ライセンス有効期限の経過日数:有効期限が切れた際の経過日数を設定します。
    既定値では0、5、10日が設定されています。
  • 「TO」欄には、通知を受け取るユーザーを入力します。

「保存」をクリックして設定を保存します。

目次に戻る

LMS365管理者設定

LMS365管理者は、Office365グローバル管理者と同様にすべての学習コースや教材コンテンツを管理できます。コースカタログの編集や言語ファイルの設定、ライセンス設定、LMS365管理設定、モバイル設定などを行うこともできます。(コースカタログの新規追加はできません。)

ただし、個々のコースカタログを管理するには、別途コースカタログ管理者に追加する必要があります。

LMS365の管理者を追加は以下の手順で行います。

  1. [+LMS365管理者の追加] をクリックします。
    mceclip14.png
  2. ロールを割り当てるユーザーを選択します。外部ユーザーを選択することはできません。
  3. 管理者に割り当てたユーザーへの通知について選択します。
    mceclip15.png
  4. [保存]をクリックします。
    選択したユーザーの中に該当するメールアドレスがない場合は以下のメッセージが表示されます。
    mceclip17.png
  1. 追加されたユーザーが一覧に表示されます。(表示されない場合は画面を最新の情報に更新してください。)


  2. LMS管理者にメッセージを送信することができます。
    LMS365管理者一覧でユーザーを選択します。アクションが表示されます。

  • メッセージの送信: 件名とメッセージを入力し、[送信]をクリックしてメッセージを送信します。
    指定された電子メールを持つユーザーのみが使用できます。
  • 割当ての解除:LMS管理者の権限を解除します。次のメッセージが表示されます。
    mceclip18.png
    LMS365管理者の割当てを解除されたユーザーはグローバル設定へのアクセス権がありません。

目次に戻る

LMS設定

Office 365グローバル管理者またはLMS管理者は、グローバル設定>設定>LMS設定では、コース、トレーニングの限定公開、受講者一覧の表示列、社内コスト、ライン管理者についての設定、API Keyの管理、受講者の詳細へのアクセスの設定ができます。

また、今後リリースが予定されている機能のプレビュー版をお試しいただくことができます。

限定公開

Office 365グローバル管理者、またはLMS管理者は、コースカタログ内のコースおよびトレーニングプランの対象者を定義することができます。

既定値では、グローバル設定の限定公開オプションは無効になっており、コースカタログにアクセスできる全ユーザーにコースカタログ内のすべてのトレーニングが表示されますが、トレーニングへのアクセスは、トレーニングの限定公開で指定された対象者に依存します。対象者が設定されていない場合は、コースカタログにアクセスできる全ユーザーがトレーニングにアクセスして登録できます。

mceclip19.png

この限定公開設定を有効にすると、限定公開の[対象者]に指定された受講者のコースカタログにのみ、限定公開の学習コースやトレーニングプランが表示されます。対象者はコースおよびトレーニングプランの作成(編集)で指定します。

限定公開を有効にすると、すべてのコースがユーザーのアクセス許可に基づいてフィルタリングされるため、カタログのパフォーマンスが若干低下することに注意してください。

 

受講者一覧の列

Office 365グローバル管理者またはLMS管理者は、テナントにあるすべてのカタログの受講者一覧の列を構成できます。ユーザープロファイル列などのシステム列の表示、非表示の切り替えや、新しい列を追加して受講者一覧にカスタムデータを表示できます。

受講者一覧の列はAPIを介して更新することができます。詳細については「APIで受講者一覧にカスタムデータを追加する 」をご覧ください。

  1. 新しい列を追加するには、[+列を追加する]をクリックします。
    mceclip20.png
  2. 表示されたパネルに入力します。
  • タイトル:列の名称を入力します。
  • タイプ:プルダウンより列の種類(型)を選択します。既定値では「文字列型」となっています。作成後、列のタイプは変更することはできませんので、ご注意ください。
  • 説明:列に関する説明テキストを入力します。
  • 受講者一覧に表示:受講者一覧に表示する列のリストに、この列を追加するか否かを選択します。OFFの場合、受講者一覧の列のリストに追加されず、選択できません。
  1. 「保存」をクリックします。
既存の列を受講者一覧画面に表示する場合は、受講者管理>受講者一覧画面にて「表示する列を変更する」メニューから追加します。 ここで追加した列は、テナント全体に反映します。

列を編集するには、必要な列を選択しアクションパネルの「列を編集する」をクリックし、変更を加えて「保存」をします。

列の作成方法に応じて、アクションパネルにはさまざまなオプションが用意されています。

LMS365システム列の場合、[受講者一覧に表示]オプションを有効または無効、カスタム同期を有効にしてデータ(「ユーザー名」、「管理者」、「ユーザーはコースカタログにいます」は除く)を上書きできます。 カスタム同期が有効になると、LMS365はMicrosoft Azure ADからのデータの同期を行わなくなり、APIを介してカスタムデータを列に入力できます。APIによるカスタムデータ同期については、こちらをご参照ください。

追加された列の場合、タイトル、説明、および受講者一覧に表示の変更ができます。

列を削除するには削除する列を選択し、アクションパネルの [列を削除]をクリックします。列に含まれる情報は、データベースと受講者一覧から削除されます。

「列を削除する」ボタンは、追加で作成した列に対してのみ有効です。

 

社内コスト通貨

Office 365グローバル管理者、またはLMS 管理者は、セッションベースの学習の社内コストの登録に使用する通貨を設定できます。

受講者1人あたりの社内コストは、セッションの受講者の総数に依存します。これは、セッションの社内コストを、出席登録済みの受講者数で割ったものとして計算されます。欠席または不在通知(通知済み)としてマークされた受講者は、コストの計算には含みません。
  1. ドロップダウンリストから使用する通貨を選択します。
    mceclip21.png
  2. 「保存」をクリックします。
既定値の通貨は米国ドルです。
 

通貨を選択すると、テナント内のすべてのコースカタログのすべてのコースセッションにおいて、コースセッションの作成(または編集)パネルの [社内コスト] フィールド横に、設定した通貨記号が表示されます。

mceclip22.png

 

通貨を変更した場合、既に登録または入力された原価は再計算されません。ただし、コースセッションには変更された通貨記号が表示されます。

社内コストの概要情報は、LMS365APIを使って確認することができます。

LMS365 APIを介して受講者単位のコストや、セッション単位のコストを表示するには、

 Get/reports/courseSessions/learnerIndividualCost 使用します。

  • 受講者1人あたりの社内コストの場合、目的のユーザーのコストに移動します。
    "Cost": 100
    "Currency": "USD
  • セッションごとの合計コストについては、目的のコースの「セッション」→「コスト」に移動してください。
    "Cost": 1000

レポートを作成するには、Microsoft power BI を使用します。詳細についてはこちらをご覧ください。

 

ライン管理設定

Office 365グローバル管理者、またはLMS管理者は、LMS365 でライン管理者が利用できる機能を設定できます。

mceclip23.png

  • ライン管理者ダッシュボード表示:このオプションを有効にすると、テナント全体でライン管理者には、ライン管理者ダッシュボード管理画面へのリンクボタンが表示されます。
    このオプションを無効にすると、下にある2つのオプションが利用できなくなります。

    mceclip24.png
  • 登録とトレーニング記録の管理:このオプションを有効にすると、ライン管理者は受講の登録・解除、外部トレーニングのインポートができます。
  • クラシックチームビューを表示:このオプションを有効にすると、マイトレーニングダッシュボードに「ライン管理者ダッシュボード」と「クラシックチームビュー」のボタンが表示されます。

API key管理

Office365グローバル管理者、またはLMS管理者は、APIキーを生成または取り消しすることができます。APIキーを使用して、LMS365のすべてのデータに直接アクセスすることができます。

一度APIキーが生成または取り消されると、そのAPIキーを使用したPower BI、Power Automateなどのすべての接続や、LMS365データの変更はできなくなります。

 

APIキーの生成:

  1. 「生成」ボタンをクリックします。
    mceclip26.png
  1. 生成について注意事項が表示されます。確認の✔をして、[生成]をクリックします。
    mceclip25.png
  1. 新しいAPIキーが生成されると、次の通知が表示されます。
    image-80.png

APIキーの取消し:

  1. [取消し]をクリックします。
    mceclip27.png

  2. 取消しについて注意事項が表示されます。確認の✔をして、[取消し]をクリックします。
    mceclip28.png

  3. 新しいAPIキーが取り消されると、次の通知が表示されます。

受講者の詳細へのアクセス

Office 365グローバル管理者またはLMS管理者は、ライン管理者とコース管理者による「受講者の詳細」について以下のアクセスを制限できます。

  • 受講者の得点
  • 受講者が行った試行回数
  • 受講者が学習に費やした時間

アクセスを制限する場合はそれぞれのトグルをONにします。

全て受講者詳細へアクセス(ライン管理者):このオプションを有効にして、ライン管理者が受講者の試行回数、詳細なスコア、学習に費やした時間を閲覧できないようにします。

全て受講者詳細へアクセス(コース管理者):このオプションを有効にして、コース管理者が受講者の試行回数、詳細なスコア、学習に費やした時間を閲覧できないようにします

詳細については、こちらをご参照ください。

 

新機能

Office 365グローバル管理者または LMS365管理者は、今後の予定されている新しい機能をプレビュー版として試すことができます。(利用可能な場合)

現在有効な新機能:

May 2021 Release(2021/5/13):「トレーニング用ホームページ新デザインのプレビュー」

目次に戻る