外部アプリの管理

  • 更新

LMS365は、LTI(Learning Tools Interoperability)v.1.0/1.1に対応しています。これにより、外部のアプリやコンテンツをシステムに統合することができます。このガイドでは、コースに外部アプリを追加する方法、追加された外部アプリを管理する方法についてご説明します。

外部アプリの管理は、管理センター>コース一覧でコースを選択し、学習コース管理パネルの「外部アプリ」で行います。

mceclip0.png

コースに追加された外部アプリの一覧が表示されます。

mceclip4.png

  • 名前:外部アプリのタイトルが表示されます。
  • 起動するURL:外部アプリの起動用URLが表示されます。
  • コースの完了:外部アプリがコース完了セットに含まれているかどうかが表示されます。

外部アプリの並び替えは、ドラッグ&ドロップで行うことができます。

mceclip5.png

 

コースに外部アプリを追加する方法

コースに外部アプリンを追加するには、「+外部アプリの追加」をクリックします。

mceclip1.png

mceclip9.png

[保存]ボタンをクリックすると、外部アプリがコースに追加されます。

外部アプリを管理する

外部アプリの編集・削除、および学の受講者の詳細を確認することができます。

mceclip6.png

外部アプリの編集:

  1. 一覧から編集するアプリを選択します。
  2. 左側のメニューで「外部アプリの編集」を選択し、開いたパネルで必要な変更を行います。
  3. [保存]ボタンをクリックして変更内容を保存します。

外部アプリの削除:

  1. 一覧から削除するアプリを選択します。
  2. 左側のメニューから「外部アプリの削除」を選択します。確認メッセージが表示されます。
    mceclip11.png
  3. 「OK」ボタンをクリックすると削除されます。

受講者の詳細を閲覧:

  1. リストから必要な外部アプリを選択します。
  2. 左側のメニューで、View Learner's Details アクションを選択します。次のページが表示されます。
    mceclip7.png
    ● 名前:受講者の名前を表示します。
    ● ステータス:受講のステータスを表示します。
    ● 完了日:完了した日付と時刻を表示します。
    ● 削除:×をクリックして受講者の試行を削除します。オプション選択ウィンドウで全ての実施、または最後の実施を選択し[削除]ボタンをクリックします。
    mceclip8.png
    削除を確認すると、受講者の進捗状況がリセットされます。

mceclip10.png書き出し]をクリックすると、受講者の詳細情報をエクセルファイルにエクスポートできます。

Excelのファイルがローカルコンピューターにダウンロードされ、以下の形式で表示されます。

mceclip9.png

  • 受講者名:受講者の名前を表示します。
  • ステータス:学習者の進捗状況を表示します。
    未開始:受講者はアプリの受講を開始していません。
    完了:受講者はアプリの受講を完了しています。
  • 完了日:受講者が外部アプリが完了した日付が表示されます。
  • 完了した時間:受講者が外部アプリが完了した時刻が表示されます。