外部アプリの追加と管理

  • 更新

LMS365は、LTI(Learning Tools Interoperability)v.1.0/1.1に対応しています。
これは、LTI規格をサポートする外部アプリをLMS365システムに統合することが可能であることを意味します。
これにより、LMS365は、外部パーティーによって提供されるコースコンテンツとツールをホストすることができます。例えば、サードパーティーからLTI準拠のオーディオ、ビデオ、およびインタラクティブな学習演習をコースにシームレスに含めることができます。

ここでは、コースに外部アプリを追加する方法、追加された外部アプリを管理する方法についてご説明します。

1.外部アプリを追加・管理するには

外部アプリの追加・管理は、LMS365管理センター>トレーニング管理でコースを選択し、コース管理パネルの「コースコンテンツの管理」から行うことができます。
また、「コースの編集」「コース設定管理」「ユーザー管理」からコンテンツセクションに移動することもできます。

capture1.png

トレーニング編集パネルのコンテンツセクションが開きます。

capture2.png

2.外部アプリをコースに追加する

コースに外部アプリを追加するには、「+学習項目の追加」をクリックしてドロップダウンリストから「外部アプリの追加」を選択します。

capture3.png

開いた「外部アプリの追加」パネルに入力します。アスタリスク()の付いたフィールドは入力必須です。

capture4.png

名前:外部アプリの名前(コースホームページの学習項目に表示されます)

説明:外部アプリの説明(コースホームページの学習項目に表示されます)

Consumer Key and Secret :LMS 内の外部アプリにアクセスするための資格情報(外部アプリによって提供されます)を指定します。

外部アプリへの送信情報:受講者が試行を開始したとき、外部アプリに送信する受講者に関する情報を選択します。

  • なし:情報は送信しません。
  • メールアドレスのみ:受講者のメールを送信します。
  • 名前のみ:受講者の名前を送信します。
  • メールと名前を送信:受講者の名前とメールを送信します。

設定方法:外部アプリの構成方法を選択します。

  • 手動設定:外部アプリを手動で設定します。以下の2つのフィールドが表示されます。

    • 起動するURL: エントリーポイントURLを指定します。HTTPSベースのURLの使用を推奨します。
    • カスタム フィールド:外部アプリで必要なカスタムフィールドを指定します。
  • XML 貼り付け:XML 設定フィールドに、XML コードを入力します。必要なパラメータは、システムによって自動的に解析されます。

この外部アプリを新しいタブで開く:このオプションを選択すると、外部アプリが新しいブラウザタブで開きます。

入力が完了したら「保存」します。外部アプリがコースに追加されます。

3.外部アプリの管理

コースに追加した外部アプリを選択すると、管理アクションが表示されます。

capture5.png

受講者の詳細を閲覧:

capture6.png
次の情報が表示されます。

名前:受講者の名前を表示します。

ステータス:受講者の外部アプリの進捗を表示します。試行が開始されていない場合は「未開始」、試行を開始したが完了していない場合、および試行を完了した場合は「完了」となり、そのいずれかが表示されます。現在、受講者がLMS365で外部アプリを試行した場合、開始と同時に「完了」と表示されます。試行回数の指定はありません。

受講者がコース内の外部アプリを受講中にLMS365プレイヤーを閉じた場合、このユーザーは管理者が前回の受講を削除しなければ、外部アプリの受講を再試行することができません。

完了日:外部アプリが完了した日時を表示します。

(削除):受講者の試行を削除します。オプション選択ウィンドウで削除する試行を選択して「削除」します。

capture7.png

削除すると、受講者の進捗状況がリセットされます。

mceclip10.pngエクスポート」で、受講者の詳細情報をExcelファイルでダウンロードできます。

ファイルは以下の形式で出力されます。

capture8.png

受講者名:受講者の名前

ステータス:受講者のステータス

  • 未開始:試行が開始されていない
  • 完了:試行を開始したが完了していない、または試行が完了している

完了日:受講者が外部アプリを完了した日付

完了した時間:受講者が外部アプリを完了した時刻

外部アプリの編集:

必要に応じて設定を変更します。「保存」すると変更した内容が保存されます。

外部アプリ非表示/表示:

非表示にすると、選択した外部アプリをコースホームページや、プレイヤーのシラバスに表示しません。この場合、受講者はこの外部アプリを利用できなくなります。

メッセージを確認後、「隠す」ボタンで非表示にします。

capture9.png

非表示になると、このアクションは「外部アプリを表示」に変わります。

外部アプリの削除:

コースに追加した外部アプリを削除します。確認メッセージが表示されます。

「削除」ボタンを選択すると、外部アプリはコースから削除されます。

capture10.png