承認フロー(受講の承認)

  • 更新

LMS365では、承認フローオプションでコースやトレーニングプランへの登録を管理することができます。ここでは

1.承認フローの種類

LMS365には以下の承認フローがあります。

  • 自動承認:コース・トレーニングプランのホームページで受講ボタンをクリックすると、自動的承認され、受講者はすぐにこのトレーニングの受講者として登録されます。
  • ライン管理者による承認:受講者をトレーニングに登録するには、ライン管理者が受講申請を承認する必要があります。ライン管理者は、AD に登録されている情報に基づきます。
  • 管理者の承認:受講者をトレーニングに登録するには、コース管理者が受講申請を承認する必要があります。

2.承認申請を処理するには

受講者からの受講申請を承認、または却下は以下の場所から行います。

LMS365管理センターに移動します。

受講の承認が申請されている場合、コースまたはトレーニングプラン一覧の画面に「承認待ち」リンクが表示されます。(値は申請のあるコース・トレーニングプランの数です。)クリックすると、承認待ちがあるすべてのコースまたはトレーニングプランがフィルタリングされます。

また、保留中の申請がある場合、コース(またはトレーニングプラン)名の横に警告サインが表示されます。

mceclip0.png

コースまたはトレーニングプランを選択し、学習コース(トレーニングプラン)管理パネルから「受講承認」を選択します。括弧内は、承認待ちの数です。

mceclip1.png

注記:「クラスルーム,ブレンド研修,ウェビナー」では、少なくとも1つのコースセッションが作成されるまで、「受講承認」は使用できません。

3.受講承認パネル

既定値では承認待ちの受講者が表示されます。パネルの表示内容は、コースのタイプによって若干異なります。

  • e-ラーニングタイプの場合

    mceclip4.png

  • クラスルーム・ウェビナータイプの場合

    mceclip3.png

承認ステータスによるフィルターが使用できます。(複数選択はできません)

mceclip2.png

受講承認パネルには以下の情報が表示されます。

mceclip2.png

名前:受講者の名前を表示します。

ユーザー名:受講者の電子メールを表示します。

部署:受講者の所属部署を表示します。(ユーザー情報から取得されます。)

ライン管理者:AD 上で上司として設定されているユーザーを表示します。

申請ステータス:受講の申請状況を表示します。

  • 受講登録済:コースの受講登録が完了している状態。
  • 承認待ち:受講者がコースの受講申請を行っており、ライン管理者または LMS 管理者による承認が保留となっている状態。
  • キャンセル:承認者が申請の承認、または却下する前に、受講者が受講申請のキャンセルを行った状態。キャンセルメッセージのアイコンにカーソルを置くことで、キャンセル理由を確認できます。
    mceclip1.png mceclip6.png mceclip7.png

  • 却下済み:受講者がコースの受講申請を行った後、ライン管理者または LMS 管理者によって却下された状態。却下メッセージのアイコンにカーソルを置くことで、却下の理由を確認できます。
    mceclip2.png

最終更新日時:受講申請の最終更新日時を表示します。(現在のサイトの地域設定に従います。)

更新者:受講申請の最終更新者を表示します。

クラスルーム、ブレンド研修、ウェビナータイプのでは、左上のセッションのドロップダウンリストに開始日時、インストラクター名、会議室に関する情報が表示され、承認待ちがあるセッションには申請の数が表示されます。

mceclip5.png

4.申請の承認・却下

承認待ちの受講申請を承認または却下します。左にあるチェックボックスに✔すると[承認]・[却下]ボタンがアクティブになります。

mceclip6.png

[承認]ボタンをクリックすると、申請ステータスが「受講登録済」となり、受講者はコースに登録されます。

申請を却下するには、[却下]ボタンをクリックします。

申請却下の確認画面が表示されます。却下する理由を入力し[却下]をクリックします。

mceclip6.png

申請ステータスが「却下済み」に変更されます。

5.受講申請情報のエクスポート

申請情報の詳細をExcelにエクスポートするには、[mceclip12.pngエクセルに書き出し]をクリックします。以下の形式の Excelファイルがローカルコンピューターにダウンロードされます。

mceclip8.png