コース/トレーニングプランにユーザーを登録する

  • 更新

ユーザーをトレーニングに登録すると、そのユーザーは対象のコースまたはトレーニングプランの受講者になります。

ここでは、ユーザーをコースやトレーニングプランに登録する方法についてご説明します。

ユーザーを、コースカタログ内のコースやトレーニングプランに登録する前に、当該コースカタログのユーザ一ページ追加することをお勧めします。これにより、ユーザーはコースカタログのすべてのコースとトレーニングプランにアクセスすることができ、SharePointからアクセス拒否を防ぐことができます。

コース・トレーニングプランへのアクセスを、特定のユーザーのみに許可したい場合は、コース・トレーニングプランの「トレーニング対象者」オプションとグローバル設定の「限定公開」を使用します。

SharePointの共有機能により、SharePointサイトの所有者は、コースカタログのSharePointサイトのSharePointグループにユーザーを追加することができます。
ただし、これは受講者に特定のコースまたはトレーニングプランサイトへのアクセスを許可するだけであり、LMS365で利用できる機能が制限されるため、この方法はお勧めしません。

受講者に最適な学習環境を提供するためには、LMS365の「受講者登録」機能をご使用ください。

目次

ユーザーページからの登録

必要なロール:カタログ管理者

カタログ管理者であれば、LMS365 管理センターのユーザーページから、ユーザーをコースやトレーニングプランに登録することができます。

この手順の詳細については「ユーザー:コースカタログのユーザーを管理する」をご参照ください。

Enroll users in1.png

コース/トレーニングプラン設定パネルからの登録

必要なロール:カタログ管理者 コース管理者は、コース/トレーニングプランが作成され、管理者ロールが割り当てられたのち、それらに受講者を登録、管理することができます。

コースのタイプによって、設定パネルの次のセクションでユーザーを登録することができます。

  • eラーニング、トレーニングプラン:コース/トレーニングプラン設定パネルの「ユーザー」セクションから登録できます。
  • インストラクター主導型:コース設定パネルの「ユーザー」セクション、および「セッション」セクションから登録できます。

ユーザー検索 フィールドについて

「ユーザー検索」フィールドには、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力することができます。
ユーザーを登録する際、以下の点にご留意ください。

  • カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザー、または1500文字を入力できます。
  • すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。
  • 無効なメールアドレスや認識できないユーザーが入力されると、修正されるまで操作を続行することはできません。この場合、該当のメールアドレスおよびユーザーは赤色で表示されます。

  • メールアドレスの最大数が 50 個または 文字数が1,500 を超えると、情報メッセージが表示されます。この場合、制限内でこのプロセスを繰り返しで登録します。

  • AAD グループを追加すると、グループ内のすべてのユーザーが1ユーザーとしてカウントされます。

  • セッション、セッショングループに参加者定員が設定されている場合、定員を超えて登録することはできません。

登録するユーザー数により、登録の完了に数分かかる場合があります。
この間、ユーザーセクションの「登録済受講者」リストでは、ユーザー名やグループ名はグレーアウトしています。

登録が完了すると、ユーザー名、グループ名がアクティブになり、「メッセージの送信」および「登録解除」が使用できるようになります。

登録されたユーザーおよびグループは、追加された順序に関係なく、アルファベット順に表示されます。
グループには、タイトルの横の括弧内にグループのユーザー数が表示されます。

登録済リストで受講者を選択すると「アクション」パネルが表示され、「メッセージの送信」オプションが表示されます。
コースが作成されると、カタログ管理者とコース管理者は、ユーザーセクション、またはコース管理パネルの「受講者にメール」オプションから、コースに登録されている受講者にEメールメッセージを送信することができます。詳細については、eラーニングコースの管理をご参照ください。

ここで行ったユーザーの登録/解除は自動的に保存されます。

 

eラーニングコースへの登録

以下の手順でユーザーを受講者に登録します。

1.コース設定パネルの「ユーザー」セクションで「+受講者登録」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。

3.入力が完了したら「登録」を選択します。

Enroll users in2.png

 

インストラクター主導型コースへの登録

インストラクター主導型コースでは、受講者のセッション登録方法によって異なります。

1つのグループまたはセッション

このタイプのコースに、ユーザーを登録する場合、次のいずれかの方法を選択できます。

ユーザーをコースとセッションまたはセッショングループに登録します。

ユーザーをコースに登録し、その後、ユーザー自身がセッションまたはセッショングループを選択できるようにします。

ユーザーをコースに登録し、セッションまたはセッショングループに参加することなくコースを完了できるようにします。

ユーザーが1つのグループまたはセッションの登録タイプのコースに、個別のユーザーとして登録され、AAD グループのメンバーとしても登録されている場合、セッションまたはセッショングループの登録では AADグループの登録が優先されます。

コースとセッション/セッショングループに登録する

ユーザーをコースと特定のセッションまたはセッショングループに登録するには、次のいずれかの方法で行います。

a.ユーザーを特定のセッションまたはセッショングループに直接登録します。この操作により、ユーザーは自動的にコースの受講者に登録されます。

b.先にコースの受講者に登録します。その後、特定のセッションまたはセッショングループに登録します。

ユーザーが登録されているセッションまたはセッショングループは、コース設定パネルのユーザーセクションの「セッション」列で確認できます。

Enroll users in3.png

a.ユーザーを特定のセッションまたはセッショングループに直接登録する

ユーザーを特定のセッションまたはセッショングループに直接登録します。これにより、ユーザーは自動的にコースの受講者に登録されます。

① コース設定パネルの「セッション」セクションに移動して、既存のセッションまたはセッショングループを選択するか、新しいセッションを作成します。

コース設定パネルの「ユーザー」セクションで、受講者が登録されていない場合は、「セッション」セクションへのリダイレクトリンクが表示されます。

Enroll users in4.png

②「セッション」セクションで、セッションまたはセッショングループを選択し、開いたアクションパネルから「受講者を管理する」を選択します。

③ 受講者を管理するパネルで、「+受講者登録」を選択します。

④「ユーザーの検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。セッション、セッショングループに参加者定員が設定されている場合、定員を超えて登録することはできません。

⑤ 入力が完了したら「登録」を選択します。

⑥ ユーザーはコースの受講者にも登録され、コース設定パネルのユーザーセクション「登録済受講者」リストに表示されます。

 

b.コースの受講者に登録後、特定のセッションまたはセッショングループに登録する

① コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「+受講者登録」で、ユーザーをコースの受講者に登録します。

② コース設定パネルの「セッション」セクションで、特定のセッションまたはセッショングループを選択し、アクションパネルの「受講者を管理する」を選択します。

③ 「+受講者登録」で、選択したセッションまたはセッショングループにユーザーを登録します。

 

コースに登録し、受講者がセッション/セッショングループを選択する

コース完了の条件にセッションの参加が義務付けられ、コースの「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが OFF になっている場合、カタログ管理者とコース管理者は、ユーザーをコースに登録し、受講者がセッションまたはセッショングループを自分で選択できるようにすることができます。

① コース設定パネルの「ユーザー」セクションに移動して、「+受講者登録」を選択します。

②「ユーザーの検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。

③ 入力が完了したら「登録」を選択します。

④ ユーザーに「コースセッション選択のご案内」通知が送信されます。

⑤ ユーザーは受け取った通知のリンクから、セッションまたはセッショングループを選択して登録を完了します。

 

コースに登録し、セッション/セッショングループの参加を義務付けない

カタログ管理者とコース管理者は、コースの「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションを ON にして、セッションの出席をユーザーの任意にすることができます。
コースに登録されたユーザーは、セッションに登録しなくてもコースを完了することができます。

コース完了の条件にセッションの出席が含まれておらず、「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが ON になっている場合、ユーザーがコースに登録されても「コースセッション選択のご案内」通知は送信されません。

① コース設定パネルの「設定」セクションで、「セッション登録なしでの受講登録を許可する」を ON にします。

② コース設定パネルの「基本情報」セクションの「コース完了の最低出席率」フィールドで「出席は必須ではありません」を選択します。
これにより、このコースの受講者は、セッションやセッショングループに参加することなくコースを完了できます。
※「コース完了の最低出席率」フィールドで、コースの完了に必要な出席率を設定すると、受講者はコースを受講できますが、コースを完了することはできません。

③ コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「+受講者登録」で、ユーザーをコースの受講者に登録します。

④「ユーザーの検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。

⑤ 入力が完了したら「登録」を選択します。

 

全グループおよびセッション

このタイプのコースは、コース設定パネルの「ユーザー」セクションでユーザーを登録します。
これにより、ユーザーはコースとコース内のすべてのセッションとセッショングループに登録されます。

① コース設定パネルの「ユーザー」セクションに移動して、「+受講者登録」を選択します。

②「ユーザーの検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。

③ 入力が完了したら「登録」を選択します。

コースに「参加者定員」が設定されている場合、「ユーザー」セクションに、登録可能な空席の数が表示されます。登録するユーザーが参加者定員を超えている場合、メッセージが表示されます。
AADグループを追加すると、グループ内のすべてのユーザーが1ユーザーとしてカウントされます。

 

複数のグループまたは単独セッション

このタイプのコースに、ユーザーを登録する場合、次のいずれかの方法を選択できます。

ユーザーをコースとセッションまたはセッショングループに登録します。

ユーザーをコースに登録し、その後、ユーザー自身がセッションまたはセッショングループを選択できるようにします。

ユーザーをコースに登録し、セッションまたはセッショングループに参加することなくコースを完了できるようにします。

コースとセッション/セッショングループに登録する

このタイプのコースでは、コースの完了にセッションの参加が必要な場合、少なくとも1つのセッションまたはセッショングループに登録する必要があります。

ユーザーをコースと特定のセッションまたはセッショングループに登録するには、次のいずれかの方法で行います。

a.ユーザーを特定のセッションまたはセッショングループに直接登録します。この操作により、ユーザーは自動的にコースの受講者に登録されます。

b.先にコースの受講者に登録します。その後、特定のセッションまたはセッショングループに登録します。

ユーザーが登録されているセッションまたはセッショングループは、コース設定パネルのユーザーセクションの「セッション」列で確認できます。

 

a.ユーザーを特定のセッションまたはセッショングループに直接登録する

ユーザーを特定のセッションまたはセッショングループに直接登録します。これにより、ユーザーは自動的にコースの受講者に登録されます。

① コース設定パネルの「セッション」セクションに移動して、既存のセッションまたはセッショングループを選択するか、新しいセッションを作成します。

コース設定パネルの「ユーザー」セクションで、受講者が登録されていない場合は、「セッション」セクションへのリダイレクトリンクが表示されます。

②「セッション」セクションで、セッションまたはセッショングループを選択し、開いたアクションパネルから「受講者を管理する」を選択します。

③ 受講者を管理するパネルで、「+受講者登録」を選択します。

④「ユーザーの検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。セッション、セッショングループに参加者定員が設定されている場合、定員を超えて登録することはできません。

⑤ 入力が完了したら「登録」を選択します。

⑥ ユーザーはコースの受講者にも登録され、コース設定パネルのユーザーセクション「登録済受講者」リストに表示されます。

一度に複数のセッションやセッショングループを選択して登録することはできません。
1つ以上のセッション/セッショングループにユーザーを登録する場合は、②からの手順を繰り返します。

 

b.コースの受講者に登録後、特定のセッションまたはセッショングループに登録する

① コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「+受講者登録」で、ユーザーをコースの受講者に登録します。

② コース設定パネルの「セッション」セクションで、特定のセッションまたはセッショングループを選択し、アクションパネルの「受講者を管理する」を選択します。

③ 「+受講者登録」で、選択したセッションまたはセッショングループにユーザーを登録します。

一度に複数のセッションやセッショングループを選択して登録することはできません。
1つ以上のセッション/セッショングループにユーザーを登録する場合は、②からの手順を繰り返します。

 

コースに登録し、受講者がセッション/セッショングループを選択する

コース完了の条件にセッションの参加が義務付けられ、コースの「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが OFF になっている場合、カタログ管理者とコース管理者は、ユーザーをコースに登録し、受講者がセッションまたはセッショングループを自分で選択できるようにすることができます。

① コース設定パネルの「ユーザー」セクションに移動して、「+受講者登録」を選択します。

②「ユーザーの検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。

③ 入力が完了したら「登録」を選択します。

④ ユーザーに「コースセッション選択のご案内」通知が送信されます。

⑤ ユーザーは受け取った通知のリンクから、セッションまたはセッショングループを選択して登録を完了します。

 

コースに登録し、セッション/セッショングループの参加を義務付けない

カタログ管理者とコース管理者は、コースの「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションを ON にして、セッションの出席をユーザーの任意にすることができます。
コースに登録されたユーザーは、セッションに登録しなくてもコースを完了することができます。

コース完了の条件にセッションの出席が含まれておらず、「セッション登録なしでの受講登録を許可する」オプションが ON になっている場合、ユーザーがコースに登録されても「コースセッション選択のご案内」通知は送信されません。

① コース設定パネルの「設定」セクションで、「セッション登録なしでの受講登録を許可する」を ON にします。

② コース設定パネルの「基本情報」セクションの「コース完了の最低出席率」フィールドで「出席は必須ではありません」を選択します。
これにより、このコースの受講者は、セッションやセッショングループに参加することなくコースを完了できます。
※「コース完了の最低出席率」フィールドで、コースの完了に必要な出席率を設定すると、受講者はコースを受講できますが、コースを完了することはできません。

③ コース設定パネルの「ユーザー」セクションの「+受講者登録」で、ユーザーをコースの受講者に登録します。

④「ユーザーの検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。

⑤ 入力が完了したら「登録」を選択します。

 

トレーニングプランへの登録

以下の手順でユーザーを受講者に登録します。

1.トレーニングプラン設定パネルの「ユーザー」セクションで「+受講者登録」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。

3.入力が完了したら「登録」を選択します。

Enroll users in5.png

  • トレーニングプランでは、コース管理者またはカタログ管理者は、トレーニングプラン内のコースに前提条件を設定し、前のコースを完了するまで、次のコースの受講を制限することができます。
  • トレーニングプランにユーザーを登録した場合の動作については、「トレーニングプランの作成」でご説明してます。
  • 受講者がトレーニングプランを完了するには、トレーニングプランの完了に必須として設定されているすべてのコースを完了する必要があります。

 

Azure Active Directory グループを使用したユーザーの登録

  • Microsoft 365グローバル管理者は、AAD グループ内のユーザーを管理できます。
  • カタログ管理者、コース管理者は、AAD グループをコースとトレーニングプランに登録できます。

AAD グループ内のユーザーは、Microsoft 365 グローバル管理者が管理します。Microsoft 365 グローバル管理者がユーザーを AAD グループに追加すると、そのユーザーは、グループが登録されているコースまたはトレーニング プランに自動的に登録されます。ユーザーが AAD グループから削除されると、グループが登録されているすべてのコースまたはトレーニング プランから自動的に登録解除されます。

つまり、コース/トレーニングプランの受講者に、AADグループを登録すると、現在のメンバーだけでなく、あとでグループに追加されたユーザーも自動的にコース/トレーニング プランに登録されます。

組織内で特定の職務のすべてのユーザーに、同じトレーニングを受講させたい場合は、AAD グループでの登録はとても便利です。

AAD または Microsoft 365 グループを使用した登録の詳細については「LMS365で Azure AD または Microsoft 365 グループを使用する」をご参照ください。

 

LMS365 API でユーザーを登録する

LMS365では、LMS365 API を使用して、コース・トレーニングプランに受講者を登録することができます。

詳細については「APIによる登録と解除」でご案内しています。