コース・トレーニングプランへの受講者登録

  • 更新

コース管理者は、コース・トレーニングプランの作成中、または作成後に、個々のAzure Active DirectoryアカウントやAzure Active Directoryグループを受講者として登録(または解除)することができます。

コース・トレーニングプランを作成後、受講者を登録するには、LMS365管理センターのコース・トレーニングプラン管理から行う方法と、SharePointの共有機能を使用する方法があります。

1.LMS365管理センターでの登録

コース・トレーニングプラン作成時に受講者を登録する場合は、「ユーザー」セクションに移動します。

既存のコース・トレーニングプランに受講者を登録する場合は、コース・トレーニングプラン一覧でトレーニングを選択し、学習コース管理、またはトレーニングプラン管理の「受講者を管理する」を選択して「ユーザー」セクションを開きます。※コースを編集、コース設定管理などからユーザーセクションに移動することもできます。

eラーニングタイプのコース:

ユーザーセクションにある「+受講者を登録」をクリックします。

______.png

「ユーザー検索」フィールドに登録する受講者の名、グループ名またはEメールを入力して追加するユーザーやグループを検索します。個々ユーザー、Active Directoryグループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、またはセキュリティグループを追加できます。フィールドへの入力が完了したら「登録」ボタンで受講者に追加します。

「Everyone」および「外部ユーザー以外のすべてのユーザー」グループは追加できません。

_____30.png

登録には数分かかることがあります。登録が完了するまで受講者の名前がはグレーで表示され、選択することはきません。

_____48.png

登録が完了するとメール送信や登録解除などのアクションが利用可能になります。

_______.png

「ユーザー」セクションではコース管理者の割り当ても行うことができます。「+管理者を追加する」クリックします。あとは受講者の登録と同じ手順です。割り当てを解除する場合は、管理者を選択して「割当ての解除」を選択します。(管理者ではメッセージの送信は利用できません。)

_______.png

「ユーザー」セクションで行った追加・変更は自動的に保存されます。

クラスルーム&ブレンド研修、ウェビナータイプのコース:

クラスルーム&ブレンド研修、ウェビナータイプのコースへの受講者登録は、「受講者のセッション登録方法」によって異なります。

_______.png

受講者を個別に各セッションに登録するの場合:

このタイプのコースでは、受講者は特定のセッションに登録される必要があるため、特定のセッションに直接受講者を登録します。コース作成時に受講者を登録するには、先に「セッション」セクションで新しいコースセッションを作成します。

作成したセッションを選択し、アクションパネルの「受講者を管理する」を選択し、開いたパネルで受講者を追加します。

_______.png

既存のコースに受講者を登録するには「学習コース管理」パネルの「コースセッション管理」を選択し、既存のセッション(新しいセッションを作成することもできます)を選択します。アクションパネルの「受講者を管理する」を選択し、開いたパネルで受講者を追加します。「ユーザー検索」フィールドにユーザーやグループを入力後「登録」ボタンで受講者に追加します。また、ここでは受講者の登録を解除することもできます。

_______.png

ご注意ください:「受講者を個別に各セッションに登録する」の場合、ユーザーセクションを選択すると既定値では「管理者」タブが表示されます。コース管理者の割り当てはここで行います。「受講者」タブには「セッション」セクションへのリンクが表示されます。

_______.png

受講者の登録、解除は自動的に保存されます。

受講者を一括して全てのセッションに登録するの場合:

このタイプのコースでは、受講者はコースに登録します。登録方法はeラーニングと同じです。

ご注意ください:「受講者を一括して全てのセッションに登録する」で、コースに参加者定員が設定されていると、ユーザーセクションの受講者ページに空席情報が表示されます。

_______.png

また、この参加者定員を超える数の受講者を登録すると、警告メッセージが表示されます。

_______.png

Active Directoryグループを追加した場合、Active Directoryグループ内のすべてのユーザーが1人の参加者としてカウントされます。参加者定員を超えている場合、登録は失敗となり以下の通知が表示されます。

________.png

この場合、追加されたグループが表示されていますが登録は完了していません。(グレー表示)

パネルを閉じると表示はクリアされます。

受講者の登録、解除は自動的に保存されます。

トレーニングプラン:

トレーニングプランに受講者を登録する方法はeラーニングと同じです。

ご注意ください:

  • 受講者が既に完了しているコースが含まれるレーニングプランに追加した場合、コースの完了ステータスはそのまま保持されます。また、受講者が未だトレーニングプランに受講登録していない場合でも、コースの完了ステータスは保持されます。

    _____________.png
  • トレーニングプランの受講者に追加されると、自動的にそのトレーニングプラン内のすべてのコースの受講者に追加されます。この場合、受講者は個別のトレーニングとしてコースに登録されるのではありません。トレーニングプランの受講登録を解除すると、自動的にトレーニングプラン内のすべてのコースの受講登録が解除されます。
  • 受講者が受講登録済みのトレーニングプランに新しいコースが追加された場合、受講者は追加されたコースに手動で受講登録する必要があります。
    コースはトレーニングプランのページには "このコースは、あなたが登録するまでロックされています。"と表示されます。

    _____________.png

    コース名をクリックしてコースのホームページに移動し、コースに受講登録できます。登録が完了すると、コースはトレーニングプランのホームページに進捗バーと受講のステータスが表示されます。
  • トレーニングプランを完了するためには、受講者はトレーニングプランの完了に必要なコースをすべて完了する必要があります。
  • トレーニングプランが完了し、学習の進捗に「完了」と表示されると、トレーニングプランに新しいコースが追加されても学習の進捗は変更されません。

    _____________.png

2.SharePointの共有機能を使用する

  1. コース(トレーニングプラン)ホームページの右上にある「mceclip0.png 共有」をクリックして、コース(トレーニングプラン)のサイトへのアクセスを共有します。

    mceclip2.png

  2. 共有するユーザーまたはグループを選択し、「オプションの表示」をクリックして、権限レベルを選択します。

    mceclip1.png

  3. [共有]をクリックします。ユーザーはコースサイトの「受講者」グループに追加されます。

クラスルーム&ブレンド研修、ウェビナータイプのコースで、受講者のセッション登録方法が「受講者を個別に各セッションに登録する」の場合、コースの受講者グループに追加されると、セッション選択の通知メールが届きます。

mceclip3.png

ドロップダウンリストからコースセッションを選択し、[受講する]をクリックします。

mceclip4.png

その後、コースHPへ移動します。

mceclip5.png

すでに満員のコースセッションを選択すると、次の警告が表示されます。

mceclip6.png

アクティブなコースセッションがないコースの受講者グループに追加された場合、次のメッセージが表示されます。

mceclip7.png

受講者は、コースホームページでセッションを選択し、登録することもできます。