受講者の登録と管理者の追加

  • 更新

コースカタログ管理者とコース管理者は、コースとトレーニングプランへの受講者の登録と解除、コース管理者の追加と解除を行うことができます。

ここでは、ユーザーページでの受講者の登録、コースやトレーニングプランの作成(編集)パネルの「ユーザー」セクションでの受講者の登録と管理者の追加、LMS365 APIを使用して受講者を登録する方法についてご説明します。

ユーザーを、コースカタログ内のコースやトレーニングプランに登録する前に、当該コースカタログのユーザ一覧に追加することをお勧めします。これにより、ユーザーはコースカタログのすべてのコースとトレーニングプランにアクセスすることができ、SharePointからのアクセス拒否を防ぐことができます。

コース・トレーニングプランへのアクセスを、特定のユーザーのみに許可したい場合は、コース・トレーニングプランの「トレーニング対象者」オプションとグローバル設定の「限定公開」を使用します。

2022年1月リリース以前に作成されたコースとトレーニングプランの場合、SharePointの共有機能を使用して、コースやトレーニングプランに受講者を登録できます。ユーザーにコースやトレーニングプランのサイトを共有すると、そのコースやトレーニングプランの受講者登録のフローが開始されます。
ただし、これは受講者に特定のコースまたはトレーニングプランサイトへのアクセスを許可するだけであり、LMS365で利用できる機能が制限されるため、この方法はお勧めしません。

受講者に最良の学習環境を提供するため、ユーザーをコースやトレーニングプランの受講者に登録するには、LMS365の「受講者登録」機能をご使用ください。

ユーザーページでの登録

LMS365 管理センターのユーザーページから、ユーザーをコースやトレーニング プランに登録することができます。

詳細については「ユーザー管理(ユーザーページ)」をご参照ください。

ユーザーページから、ユーザーを「受講者を個別に各セッションに登録する」タイプのインストラクター主導型コースに登録した場合、ユーザーは受け取った通知のリンク、またはコースホームページにアクセスして、登録するセッションを選択することができます。
また、管理者は、セッションを選択して、そのセッションに直接ユーザーを登録することもできます。

capture1.png

コース・トレーニングプラン作成(編集)パネルでの登録

コースのタイプによって、コース・トレーニングプランの作成(編集)パネルの「ユーザー」セクション、または「セッション」セクションから、受講者の登録を行うことができます。登録方法はコースのタイプによって若干異なります。

また、「ユーザー」セクションでは、コース(トレーニングプラン)管理者の追加を行うことができます。

「ユーザー検索」フィールドに入力したメールアドレスの形式が正しく場合や、認識されていないユーザー名を入力すると赤色で表示されます。
システム上、操作を進めることができませんので、ユーザーが存在するかどうか、またはメールアドレスが正しく入力されているか確認してください。

capture4.png

eラーニングコース:ユーザーセクションから、受講者の登録、管理者を追加することができます。

capture2.png

受講者を登録するには、

1.「+受講者登録」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、受講者に登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

3.フィールドへの入力が完了したら「登録」ボタンで受講者に追加します。

capture3.png

登録には数分かかることがあります。登録が完了するまで受講者は非アクティブです。グレーで表示され、選択することはできません。

capture5.png

登録が完了すると、受講者はアルファベット順に表示されます。受講者はアクティブになり、メッセージの送信と受講解除が利用できます。

capture6.png

管理者の追加:ユーザーセクションで管理者タブを選択します。

capture7.png

管理者を追加するには、

1.「+管理者追加」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、管理者に追加するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

3.フィールドへの入力が完了したら「追加」ボタンで管理者に追加します。

追加された管理者は、アルファベット順に表示されます。追加された管理者は、割り当ての解除が利用できます。

capture8.png

行った追加・変更は自動的に保存されます。

インストラクター主導型コース:コースへの受講者登録は、「受講者のセッション登録方法」によって異なります。

受講者を個別に各セッションに登録するタイプの場合:

このタイプは、受講者を特定のセッションに登録する必要があるため、管理者が直接セッションに登録するか、コースまたはコースカタログ管理者が受講者をコースに登録し、受講者が自分で登録するセッションの選択をします。

a)受講者を特定のセッションに直接登録するには、

1. コース作成(編集)パネルのセッションセクションに移動し、既存のセッションを選択するか、新しいセッションを作成します。

2.選択したセッションのアクションパネルで「受講者を管理する」を選択します。

3.「+受講者登録」を選択します。

4.「ユーザー検索」フィールドに、受講者に登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

5.入力が完了したら「保存」します。

capture9.png

b)コースまたはコースカタログ管理者は、受講者が自分でセッションを選択できるように、ユーザーをコースの受講者に登録します。この場合、受講者はコースへの登録とセッションの選択に関する通知を受け取ります。メール内のリンク、またはコースホームページからセッションを選択することができます。

受講者を特定のセッションに登録せず、コースに登録するには

1.コース作成(編集)パネルのユーザーセクションで「受講者」タブに移動し、「+受講者登録」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、受講者に登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

3.フィールドへの入力が完了したら「登録」ボタンで受講者に追加します。

登録が完了すると、受講者はアルファベット順に表示されます。受講者はアクティブになり、メッセージの送信と受講解除が利用できます。

コースに登録された受講者がいない場合、セッションに移動するリンクが表示されます。リンクを選択すると「セッション」セクションにリダイレクトされ、ユーザを特定のセッションに直接登録することができます。

capture10.png

管理者の追加:ユーザーセクションで管理者タブを選択します。

管理者を追加するには、

1.「+管理者追加」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、管理者に追加するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

3.フィールドへの入力が完了したら「追加」ボタンで管理者に追加します。

追加された管理者は、アルファベット順に表示されます。追加された管理者は、割り当ての解除が利用できます。

行った追加・変更は自動的に保存されます。

受講者を一括して全てのセッションに登録するタイプの場合:

このタイプは、コース作成(編集)パネルのユーザーセクションで受講者を登録、および管理者を追加します。

capture11.png

受講者を登録するには

1.ユーザーセクションの受講者タブで「+受講者登録」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、受講者に登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

3.フィールドへの入力が完了したら「登録」ボタンで受講者に追加します。

登録には数分かかることがあります。登録が完了するまで受講者は非アクティブです。グレーで表示され、選択することはできません。

「参加者定員」が設定されている場合、ユーザーセクションに定員と空席情報が表示されます。登録する受講者の数が定員を超えている場合、警告メッセージが表示されます。

capture12.png

Azure Active Directoryグループを追加した場合、Active Directoryグループ内のすべてのユーザーを1人の受講者としてカウントします。

登録が完了すると、受講者はアルファベット順に表示されます。受講者はアクティブになり、メッセージの送信と受講解除が利用できます。

管理者の追加:ユーザーセクションで管理者タブを選択します。

管理者を追加するには、

1.「+管理者追加」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、管理者に追加するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

3.フィールドへの入力が完了したら「追加」ボタンで管理者に追加します。

追加された管理者は、アルファベット順に表示されます。追加された管理者は、割り当ての解除が利用できます。

行った追加・変更は自動的に保存されます。

トレーニングプラン:ユーザーセクションから、受講者の登録、管理者を追加することができます。

capture13.png

受講者を登録するには、

1.ユーザーセクションの受講者タブで「+受講者登録」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、受講者に登録するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

3.フィールドへの入力が完了したら「登録」ボタンで受講者に追加します。

登録には数分かかることがあります。登録が完了するまで受講者は非アクティブです。グレーで表示され、選択することはできません。

登録が完了すると、受講者はアルファベット順に表示されます。受講者はアクティブになり、メッセージの送信と受講解除が利用できます。

トレーニングプラン内のコースに前提条件が設定されている場合、コースのロックを解除するには、ロックされているコースの上にあるすべてのコースを完了する必要があります。

受講者が既に完了しているコースが含まれるトレーニングプランに登録した場合、コースの完了ステータスはそのまま保持されます。受講者がトレーニングプランに受講登録していない場合でも、コースは完了ステータスが表示されます。

capture14.png

トレーニングプランの受講者に登録されると、自動的にそのトレーニングプラン内のすべてのコースの受講者に登録されます。これは登録解除の場合も同じです。ただし、下記「重要」に記載の場合は除きます。

具体的には、受講者が3つのコースを含むトレーニングプランに登録すると、3つのコースすべてに自動的に登録されます。このトレーニングプランの登録を解除すると、3つのコースすべての登録も自動的に解除されます。

重要:

受講者が既に登録したコースがトレーニングプランに含まれている場合、受講者をトレーニングプランから登録解除しても、このコースの登録は解除されません。

たとえば、3つのコースを含むトレーニングプランがあるとします。受講者はそのうちの1つのコースにすでに登録されていました。この場合、トレーニングプランから受講者を登録解除すると、受講者はトレーニングプランとその他の2つのコースの登録は解除されますが、このコースの登録は解除されません。

受講者が既に完了したトレーニングプランに新しいコースが追加された場合、受講者は追加されたコースに手動で登録する必要があります。
トレーニングプランのページには "このコースは、あなたが登録するまでロックされています。"と表示されます。

capture15.png

コース名をクリックしてコースのホームページに移動し、コースに登録できます。登録が完了すると、トレーニングプランホームページからこのコースを利用することができます。

受講者が完了していないトレーニングプランに新しいコースが追加された場合、受講者は追加されたすべてのコースに自動的に登録されます。

● トレーニングプランを完了するためには、受講者はトレーニングプランの完了に必要なコースをすべて完了する必要があります。

● 受講者がトレーニングプランを完了し、学習の進捗に「完了」と表示されると、トレーニングプランに新しいコースが追加されても学習の進捗は更新されません。(完了のままです)

管理者の追加:ユーザーセクションで管理者タブを選択します。

管理者を追加するには、

1.「+管理者追加」を選択します。

2.「ユーザー検索」フィールドに、管理者に追加するユーザーの名前、Azure Active Directory グループ、Microsoft 365 グループ、メールが有効なセキュリティグループ、またはセキュリティグループを入力します。
カンマまたはセミコロンで区切り、一度に最大50人の内部ユーザーまたは1500のシンボルをリストで入力できます。

すべてのユーザー、および外部ユーザー以外のすべてのユーザーを追加することはできません。

3.フィールドへの入力が完了したら「追加」ボタンで管理者に追加します。

追加された管理者は、アルファベット順に表示されます。追加された管理者は、割り当ての解除が利用できます。

行った追加・変更は自動的に保存されます。

Azure Active Directory グループを使用した受講者の登録

Azure Active Directory グループを使用して、コース・トレーニングプランに受講者を登録することができます。詳細については「LMS365でAzure ADグループを使用する」をご参照ください。

LMS365 API で受講者を登録する

LMS365では、LMS365 API を使用して、コース・トレーニングプランに受講者を登録することができます。

API 経由でコースに受講者を登録する方法については、「APIでユーザーをコースに登録する」をご参照ください。

API 経由でトレーニングプランに受講者を登録する方法については、「APIでユーザーをトレーニングプランに登録する」をご参照ください。