コースの作成・編集・削除

  • 更新

LMS365では、さまざまな機能やツールを使ってコースを作成することができます。LMS365のコースクリエイターとラーニングモジュールビルダーを使えば、コース管理者は簡単な手順でさまざまな種類の新しいコースを作成することができます。

ここではLMS365でコースを作成する方法、作成後の編集方法、コースのタイプごとに各フィールドを適切に記入する方法ついて説明します。

コースの作成

注記:LMS365 を使い始めるには、少なくとも 1 つのコースカタログを作成する必要があります。コースを作成するには、「所有者」以上の権限が必要です。
コースの作成に問題がある場合は、LMS 管理者にお問い合わせください。アプリの不正な設定については、アクセス拒否のメッセージが表示されることがあります。

コースカタログ管理者以上の権限を持つユーザーは、そのコースカタログに新しいコースを作成することができます。

新しいコースを作成するには、コース一覧から「+コースの作成」をクリックし、コースタイプを選択します。

mceclip0.png

  • e ラーニング:利用可能なすべてのコースツールを使用して包括的なオンライントレーニングを構築ことができるコースです。eラーニングコースに登録した受講者は、いつでもどこでも自分のペースでコースを受講することができます。
  • クラスルームトレーニング:セッショントレーニングと e ラーニングを組み合わせた、ブレンド研修用のコースを作成します。
  • ウェビナー:トレーニングやセッションを行う講師やインストラクターが、さまざまなツールを使ってリアルタイムに受講者と対話し、プレゼンテーション、ドキュメント、ビデオ、その他のコンテンツを受講者と共有することができるコースタイプです。

コース作成ページ

各コースタイプのコース作成ページは、次のセクションで構成されています。

  • コース詳細
  • コース情報:クラスルーム & ブレンド研修、およびウェビナータイプは追加オプションフィールドがあります。
  • 使用するアドインの選択
  • コースオプション:クラスルーム & ブレンド研修、およびウェビナータイプは追加オプションフィールドがあります。
  • 公開設定
  • ユーザー情報
  • 期日:e-ラーニングコースタイプでのみ利用可能です。
  • 認定証
  • コンピテンシー
  • コースカタログとサイトイメージ
  • 作成ボタン

コース詳細セクション:

このセクションでは、コースの基本情報を入力します。アスタリスク()の付いたフィールドは入力必須です。

コース名:コースのタイトルを入力します。

概要説明:コースの簡単な説明を入力します。コースカタログに表示されます。

詳細説明:コースの詳細説明を入力します。コース説明Webパーツに表示されます。このフィールドに何も入力されていない場合は、概要説明の入力内容が表示されます。リッチテキストエディタを使用して、YouTubeビデオの挿入や、ローカルコンピューターからビデオ、画像、ファイルをアップロードできます。
コースサイトのWebアドレス:コースの相対アドレス。既定値ではコース名が入力されますが、手動で変更できます。フィールドの値を手動で変更すると、ページを更新するまで自動的には更新されません。 URLが自動生成されると、無効な文字(#%&*:<y?\ / {|}〜など)はすべて除外されます。

コース情報セクション:

コース情報セクションのフィールドは、ドロップダウンメニューから選択または、直接入力をします。
クラスルーム&ブレンド研修、ウェビナーのタイプには、「受講者のセッション登録方法」と「コースの完了」オプションが追加されます。アスタリスク()の付いたフィールドは入力必須です。

コースカテゴリ:コースカテゴリを選択するか、新規に作成します。

既存のカテゴリから選択するには、「コースカテゴリ」フィールドをクリックします。表示されたドロップダウンリストから必要なカテゴリをクリックして選択してます。

mceclip1.png

注記:カテゴリの選択リストには、このコースカタログ内で作成されたもののみが表示されます。同じテナント内であっても、コースカタログが異なる場合、カテゴリは共有されません。

新しいカテゴリーを作成するには、「コースカテゴリ」フィールドにカテゴリ名を入力し、新しいカテゴリ名が表示されたグレーのウィンドウ「新規作成」をクリックします。

mceclip0.png

コーステンプレート:ドロップダウンリストからテンプレートを選択します。テンプレートを選択した後、選択したテンプレートを既定値に設定できます。

mceclip2.png

LMS365テンプレートは、コースのホームページの新しいユーザーインターフェースを提供します。

コースの学習時間:コースの学習時間を入力します。

mceclip1.png

コースID:コースIDを入力します。コースIDを使用した検索に便利です。

mceclip3.png

承認フロー:ドロップダウンリストから、承認フロータイプを選択します。

mceclip4.png

  • 自動承認:受講者が受講申請を行うと、自動的に承認されます。
  • ライン管理者による承認:受講者による受講申請は、ライン管理者により、承認、または却下されます。ライン管理者は、ADに登録されている情報に基づきます。
  • LMS管理者による承認:受講者による受講申請は、LMS管理者により、承認、または却下されます。LMS管理者とは、コースカタログがインストールされているサイトの所有者です。

承認フローオプションで「ライン管理者による承認」、または「LMS管理者による承認」が選択されている場合、受講者が[このコースを受講する >]をクリックすると、「承認待ち」ステータスが表示されます。

mceclip0.png

受講者は、申請が承認または却下される前に申請をキャンセルすることができます。コースホームページ「コース情報」のボタンから「登録承認のキャンセル」リンクをクリックします。

mceclip1.png

キャンセルメッセージを入力して「キャンセル」ボタンをクリックします。

mceclip2.png

ライン管理者,LMS管理者は、管理画面の受講申請画面でキャンセルメッセージを確認できます。

mceclip4.png

受講者のセッション登録方法:クラスルーム&ブレンド研修とウェビナータイプのコースでのみ利用可能なオプションです。ドロップダウンリストから受講者のセッション登録方法を選択します。

mceclip4.png

注記:コースを作成(保存)した後は、受講者のセッション登録方法の変更はできません。

「受講者を一括して全てのセッションに登録する」を選択すると「定員」と「登録期限」フィールドが追加されます。

mceclip6.png

定員:コースの定員を入力します。

登録期限:受講登録の期限を日時で設定してます。詳細は「受講期限オプション」をご参照ください。

コースの完了:コースを完了するための最低出席率を設定します。

mceclip3.png
コースに複数のコースセッションがある場合は、すべてのコースセッションの平均出席率がコース完了時にカウントされます。コースセッションが終了している場合でも考慮されません。

タグ:コースの検索に役立つキーワードを入力します。

mceclip7.png

詳しくは「タグの管理」をご覧ください。

使用するアドインの選択セクション:

このセクションでは、コースを作成するためのツールを選択します。

mceclip9.png

注記:e-ラーニングタイプのコースを作成する場合、コンテンツパッケージ、クイズ、およびラーニングモジュールビルダーツールは、既定値でONになっています。その他のコースタイプについては、手動で設定してください。

コンテンツパッケージ:
ツールをONにしてコンテンツパッケージを有効します。次に「選択+」をクリックして、コンテンツパッケージ管理にアップロードされたコンテンツパッケージの一覧から、コース内で使用するコンテンツパッケージを選択し、保存をクリックします。

mceclip6.png

追加されたコンテンツパッケージは、リストに表示されます。mceclip12.pngで削除することができます。

mceclip10.png
コンテンツパッケージが追加されると、コースを完了するための必須項目として、コース完了設定の初期セットに自動的に追加されます。変更したい場合は、「学習コース管理」>「コース完了設定」に移動し、コース完了設定の編集で行います。

注記:新しくコース作成する場合、作成中に新しいコンテンツパッケージをアップロードすることはできません。パッケージのアップロードは、コース作成後、学習コース管理>「コースの編集」、およびコースコンテンツ管理ー「コンテンツパッケージ」、またはラーニングモジュールビルダーから行うことができます。詳細については、以下のリンクを参照してください。

クイズ:
ツールをONにしてクイズを有効にします。次に「選択+」をクリックして一覧から、コース内で使用するクイズを選択します。選択が完了したら、保存をクリックします。

mceclip11.png
追加されたクイズは、「クイズ」にリストとして表示されます。mceclip12.pngで削除することができます。

mceclip16.png
クイズが追加されると、コースを完了するための必須項目として、コース完了設定の初期セットに自動的に追加されます。変更したい場合は、「学習コース管理」>「コース完了設定」に移動し、コース完了設定の編集で行います。

注記:コース作成、編集中に新しいクイズを作成することはできません。詳細については、以下のリンクを参照してください。

ラーニングモジュールビルダー:ツールをONにしてラーニングモジュールを有効します。

mceclip17.png

コースオプション:

コースカタログに表示する:コースをコースカタログに表示する場合、このオプションを有効にます。
オフにした場合、このコースはコースカタログホームページには表示されません。受講者が受講登録された場合、通知に記載されたリンクからのみコースにアクセスすることができます。管理画面のコース一覧では、このコースにはmceclip3.pngアイコンが表示されます。

mceclip2.png

必須コースとして設定:このオプションを有効にすると、受講必須のコースとして設定されます。トレーニングダッシュボードではコースに必須コースとして表示されます。

注記:必須コースとして設定は、コースカタログのバージョン2.0以前で作成されたコースのみで使用可能なオプションです。最新のバージョンでのご使用はお勧めしません。

mceclip8.png

レポートでは、「コースの要件」列に「必須」と表示されます。

CEU:コースのすべてを完了した受講者にCEU(継続教育活動単位)を付与するには、このオプションを有効にします。フィールドに付与する値を入力します。小数点以下2桁まで入力できます。

mceclip10.png

認定証またはコンピテンシーが有効な場合でも、受講者による完了したトレーニングの再受講を許可する:
このオプションを有効にすると、認定証やコンピテンシーに関係なく、受講者にすでに完了したトレーニングの再受講を許可できます。詳細は「
コース・トレーニングプランの再受講」をご覧ください。

セッションのリクエスト:クラスルーム&ブレンド研修とウェビナータイプのコースでのみ利用可能なオプションです。オプションを有効にすると、受講者はコースホームページでセッションをリクエストすることができます。

mceclip19.png

ウエイトリスト:クラスルーム&ブレンド研修とウェビナータイプのコースでのみ利用可能なオプションです。オプションを有効にすると、セッションが定員に達している場合、受講者はウエイトリストに追加できます。定員に空きが発生すると受講者は自動的にセッションに登録されます。

mceclip20.png
こちらのビデオチュートリアル(英語版)では、
セッションのリクエストとウエイトリストの使用方法についてご紹介しています。

公開設定セクション

公開:作成されたコースは既定値では未公開です。公開するには、このオプションを有効にして、受講者がコースを利用できる期間を設定します。
mceclip12.png

開始日:コースが開始(=公開)される日時を設定します。既定値では、開始日は現在の日時になります。

終了日:コースが終了(=非公開)となる日時を設定します。

日付と時間は、カタログのサイトの地域設定のタイムゾーンに従って選択されます。コースに必要なタイムゾーンを選択するには、コース、コースカタログ、コースセッションにタイムゾーンを設定する方法をご覧ください。

注記:終了したコースや未公開のコースは、コースカタログには表示されません。管理者はLMS管理センターで管理することができます。

ユーザー情報セクション:

このセクションでは作成時にコース管理者、および受講者を設定することができます。アスタリスク()の付いたフィールドは入力必須です。

コース管理者:コースの管理者を設定します。既定値では、コースを作成するユーザーが管理者として設定されます。ユーザー名、ADグループ、Office365グループ(Office 365 グループ、メール対応セキュリティ グループ、セキュリティ グループ)を入力します。
mceclip23.png

「コース管理者設定」で、コースのホームページの連絡先に表示する管理者を選択します。既定値では、全てのコース管理者が選択されています。保存ボタンで設定を保存します。
mceclip22.png

受講者:ユーザー名、ADグループ名を入力してコースの受講者として登録します。既定値では、このフィールドは空です。(「Everyone」および「外部ユーザー以外のすべてのユーザー」グループは追加できません。)
注記:受講者フィールドはe-ラーニングタイプのコースでのみ利用できます。

mceclip24.png

受講解除を許可しない:このオプションを有効にすると、受講者はコースの受講登録を解除することができません。

mceclip25.png

限定公開:コースカタログ内のコースやトレーニングプランの特定の対象者にのみ公開することができます。オプションを有効にして表示された対象者フィールドにユーザー名、ADグループ、またはOffice365グループを設定します。コースはこれらのユーザのコースカタログにのみ表示されます。
カンマ、またはセミコロンで区切りで、一度に最大50ユーザーまたは1500のシンボルを入力できます。

期日セクション:

期日セクションはe-ラーニングタイプのコースでのみのセクションです。

期日:オプションを有効にすると、受講者がコースを完了しなければならない期日を設定できます。

日付タイプ:このフィールドには、相対期日と指定期日の2つのオプションがあります。
mceclip0.png

相対期日:受講登録後の日数フィールドに受講登録後の経過日数を入力します。
mceclip1.png

指定期日:特定の日時を指定します。
mceclip2.png

認定証セクション:

認定証:オプションを有効にすると、受講者が完了したコースに認定証が作成されます。

mceclip0.png

認定証テンプレート:ドロップダウンリストからテンプレートを選択します。

注記:コース作成時に新しい認定証テンプレートを作成することはできません。

認定証の作成または編集ついては、「認定証の管理」をご覧ください。

認定証期限設定:オプションを有効にして認定証の有効期限を設定します。

日付タイプ:このフィールドには、相対期日と指定期日の2つのオプションがあります
mceclip1.png

相対期日:完了後の日数フィールドにコース完了時からの経過日数を入力します。
mceclip1.png

指定期日:特定の日時を指定します。
mceclip2.png

コンピテンシーセクション:

コンピテンシー:オプションを有効にすると、コース完了後、受講者にコンピテンシーを付与することができます。付与するレベルを、ドロップダウンリストから選択します。
mceclip0.png

注記:コース作成中に、新しいコンピテンシーを追加することはできません。

コンピテンシーの管理については「コンピテンシーの管理」をご覧ください。

コンピテンシー失効期日設定:オプションを有効にすると、コンピテンシーの失効期日を設定できます。認定証に有効期日が設定されている場合、その期日がコンピテンシーの失効期日となります。

mceclip0.png

相対期日:完了後の日数フィールドにコース完了日からの経過日数を入力します。
mceclip1.png

指定期日:特定の日時を指定します。
mceclip2.png

コースカタログとサイトイメージセクション:

コースカタログとコースホームページに表示するコースの画像を設定します。

「+画像を選択」ボタン:クリックしするとアップロードされている画像一覧が表示されます。
mceclip4.png

画像を選択し、「選択」ボタンをクリックすると画像が設定されます。
mceclip5.png

「アップロード」ボタンで、ローカルコンピュータから新しい画像をアップロードできます。 

「削除」をクリックすると、選択した画像を一覧から削除することができます。「キャンセル」ボタンで設定を破棄します。

注記:画像をLMS365Teamsボットに表示するには、以下の条件を満たす必要があります。

◆ 画像は最大で1024×1024で、およそ1 MBのPNG、JPEG、GIF形式であること。

◆ 画像が、パブリックコンテンツ配信ネットワーク(CDN)でホストされていること。

現在、Microsoft Teamsのチャットボットでは、Microsoft Teamsの制限により、四角い画像は使用できません。詳細については、ボットカードのリファレンスをご参照ください。

作成ボタン:

必要なフィールドがすべて入力されたら、作成ボタンをクリックします。

mceclip1.png

必須項目のフィールドが空欄の場合、メッセージが表示されます。フィールドに値を入力してください。
mceclip3.png

作成ボタンをクリックすると、システムがコースの作成を開始します。

e-ラーニングタイプの場合、次の画面が表示されます。

mceclip5.png

「コース一覧に戻る」をクリックしてコース一覧に戻るか、「他のコースを作成」をクリックして別のコースを作成することができます。

クラスルーム&ブレンド研修、ウェビナータイプの場合、次の画面が表示されます。

mceclip4.png

コースが作成された後、コースセッションの作成を促すメッセージが表示されます。セッションを作成するには「コース一覧に戻る」をクリックして、コース一覧に戻ります。詳細は「コースセッションの作成」をご覧ください。

何れのコースタイプも「コース一覧に戻る」をクリックすると、コースのプロビジョニングが表示されます。
コース名の右側に表示された回転ホイールは、コースが作成中であることを意味します。この回転ホイールをクリックすると、プロビジョニングステータスが表示されます。

mceclip13.png

コース処理中フィルターボタンで、作成中のコースのみを絞り込むことができます。

mceclip12.png

注記:
● 大規模なActive Directoryグループが登録されている場合、コースの作成に時間がかかることがあります。
● コース作成プロセスが2時間以上経過しても完了しない場合は、回転ホイールをクリックし、表示された[停止]ボタンをクリックて再試行するか、コースを削除してください。

ステータスがエラーの場合は、「再試行」または「削除」をクリックします。

mceclip6.png

注記:コースの処理中に問題が発生した場合、不満顔のマークが表示されます。クリックするとエラーの詳細と相関IDが表示されます。詳しくはLMS365 サポートにお問い合わせください。

既定値では下記のSharePointグループが、コースサイト内に作成されます。

  • 管理者グループ(アクセス許可レベル:フルコントロール)
  • 受講者グループ(アクセス許可レベル:閲覧)
  • 訪問者グループ(アクセス許可レベル:閲覧)。コースカタログの訪問者グループから継承された場合も、同様に閲覧権限があります。

コースカタログサイトの所有者グループに属するユーザーは、コースに対してフルコントロール権限を持ちます。

コースの編集

注記:コースの編集は、所有者権限を持つユーザーのみが行うことができます。

LMS365管理センターの「コース一覧」ページに移動します。編集するコースを選択し、表示された学習コース管理パネルの[コースを編集]をクリックします。
mceclip7.png

コースは編集モードで開きます。必要な変更を行います。

mceclip8.png

編集を中止し、変更内容をすべて破棄するには、ページ上部にある「コース一覧に戻る」をクリックします。「コース一覧」ページに移動します。

変更を保存するには、ページ下部の「保存」をクリックします。

mceclip11.png

次の画面が表示されます。

mceclip9.png

「コース一覧に戻る」をクリックすると、コースのプロビジョニングが表示されます。
コース名の右側に表示された回転ホイールは、コースが編集中であることを意味します。この回転ホイールをクリックすると、プロビジョニングステータスが表示されます。

mceclip10.png

コース処理中フィルターボタンで、更新中のコースのみを絞り込むことができます。

mceclip12.png

注記:
● 大規模なActive Directoryグループが登録されているコースの更新には時間がかかる場合があります。
● コースの編集プロセスが2時間以上経過しても完了しない場合は、回転ホイールをクリックし、表示された[停止]ボタンをクリックて再試行するか、コースを削除してください。再試行するか、コースを削除してください。
● コースの処理中に問題が発生した場合、不満顔のマークが表示されます。クリックするとエラーの詳細と相関IDが表示されます。詳しくはLMS365 サポートにお問い合わせください。
● 
コースセッション(クラスルーム&ブレンド研修、ウェビナータイプのコース)や出席者、会議室を変更すると、ユーザーのカレンダーに新しい予定が作成され、古い予定は削除されます。

コースを削除する

注記:コースの削除は、所有者権限を持つユーザーのみが行うことができます。

LMS365管理センターの「コース一覧」ページに移動します。削除するコースを選択し、表示された学習コース管理パネルの[コースの削除]をクリックします。

mceclip13.png

確認メッセージが表示されます。グループの削除は既定値チェックされています。削除しない場合はチェックを外してください。「この操作は元に戻せないことを了承します。」をチェックすると、削除ボタンが使用できます。

mceclip14.png
注意: コースの「限定公開」オプションが有効となっている場合、削除の確認時に受講者、管理者グループに加えて「訪問者グループ」も表示されます。