受講者・トレーニングのコースカタログレポート

  • 更新

LMS365では、コースカタログ内のトレーニングについて、受講者がトレーニングやその学習項目をどのように完了し、合格したかを示す進捗レポートを提供しています。

ここではそのレポートの作成方法と、そのレポートに記載される項目について説明します。

capture1.png

コースカタログの受講者・トレーニングレポートは、LMS365管理センター>トレーニング管理ページの「トレーニングレポート」から作成します。


受講者レポートの作成

受講者に基づいたレポートを作成するには:

1.LMS365管理センター>トレーニング管理ページの「トレーニングレポート」を選択します。

2.開いたトレーニングレポートパネルの「レポートタイプで受講者を選択します。

3.抽出する受講者を選択します。

範囲選択」:ドロップダウンリストから、受講者を選択します。既定は「すべての受講者」です。特定の受講者を選択した場合、次の「受講者含む」は利用できません。

capture2.png

受講者含む:範囲選択で「すべての受講者」を選択した場合、レポートに含める受講者のタイプを選択します。

  • アクティブ: アクティブを選択すると、レポートには、コースカタログ内の少なくとも1つのコースまたはトレーニングプランに現在登録されている受講者のデータが含まれます。
  • 非アクティブ:非アクティブを選択すると、管理者または受講者自身によって、現在のコースカタログのすべてのコースとトレーニング プランから登録解除された受講者、または Azure Active Directory でアカウントが無効または削除されたが、データが消去されていない受講者の学習進捗状況データが表示されます。
  • すべての受講者:レポートには、現在のコースカタログのアクティブと非アクティブの受講者の両方が含まれます。

capture3.png

先に「受講者含む」の値を選択することができます。その場合、設定値によって「範囲選択」ドロップダウンリストに表示する受講者が定義されます。たとえば「受講者含む」で「非アクティブ」を選択すると「範囲選択」ドロップダウンリストにはすべての非アクティブな受講者が表示されます。

4.「トレーニング含む」でいずれかのオプションを選択します。既定は「すべてのトレーニング」です。

  • アクティブトレーニング:現在コースカタログにあるコース、トレーニングプラン。
  • 削除されたトレーニング:削除されたコース、トレーニングプラン、インポートした外部トレーニング
  • すべてのトレーニング:レポートには、アクティブと非アクティブのトレーニングの両方が含まれます。

5.必要に応じて開始日を設定します。

開始日:開始日を設定した場合、レポートには試行情報を含めて、設定した日時以降に完了したトレーニングのみが表示されます。このフィールドを空にすると、レポートには試行情報を含めて、受講者が登録したすべてのトレーニング(未開始、受講中、完了)が表示されます。
6.必要に応じて終了日を設定します。
終了日:レポートに出力する受講期間の終了日を設定します。終了日が設定されている場合、レポートにはレポート作成時点までの受講者の情報を含む、完了したトレーニングのみが表示されます。このフィールドを空にすると、レポート作成時点までの受講者の情報を含め、受講者が登録しているすべてのトレーニング(未開始、受講中、完了)が表示されます。

7.すべての項目の設定ができたら「エクスポート」を選択して、レポートをダウンロードします。

capture4.png


受講者レポートについて

ダウンロードしたレポートには、トレーニングレポートの設定で定義された情報が含まれます。

capture5.png

Excelファイルの左上にあるレポート情報を展開して全ての情報を表示します。

capture6.png

受講者レポートには、以下の列があります。

受講者名:受講者の名前

メール:受講者のメールアドレス

部署,事業所,市・区,国:受講者に関する追加の詳細が利用可能な場合、これらが表示されます。

コース数:設定した期間内に受講者が登録したコースとトレーニングプランの合計数。

コース名:設定した期間内に受講者が登録したコースとトレーニングプランの名前。受講者がインストラクター主導型コースの複数のセッションに登録されている場合、このコース名は、受講者が登録されているセッションの数だけ、個々のセッションの関連情報と共に表示されます。

完了ステータス:設定した期間において、受講者がトレーニングを完了した割合が表示されます。

ステータス:設定した期間内に受講者が登録したトレーニングの完了ステータスが表示されます。

  • 未開始:受講者は登録済みですが、トレーニングを開始していません。
  • 受講中:受講者はトレーニングを開始していますが、まだ完了していません。
  • 完了:受講者はトレーニングを完了しました。

完了日:受講者がコース、トレーニングプランを完了した日を表示します。

CEU:トレーニングの完了によって受講者が取得したCEUの数を表示します。

コースの要件:コースまたはトレーニングプランが必須か任意かを表示します。

受講登録日:受講者がトレーニングに登録した日時を表示します。(日付と時刻は現在のサイトの地域設定に従って設定されます)

コースの種類:トレーニングのタイプが表示されます。トレーニングプラン、eラーニング、インストラクター主導型

コースID:コースまたはトレーニングプランにIDがある場合、その値が表示されます。

コースURL:コースまたはトレーニングプランのURLが表示されます。

カテゴリ:トレーニングのカテゴリーが設定されている場合、そのカテゴリーが表示されます。

コース期間:コースまたはトレーニングプランに期間が設定されている場合、その期間が表示されます。

インストラクター主導型コースの場合、受講者が登録しているコースセッションの情報も表示されます。

capture7.png

開始日:セッションの開始日時

終了日:セッションの終了日時

タイムゾーン:セッションで選択されたタイムゾーン

場所/会議URL:会議室、またはオンライン会議のURL

受講者が1つのコースの複数のセッションを登録している場合 (すべてのセッションに登録、および複数のセッションに登録タイプのコース)、個々のセッションに関する情報は、そのセッションに固有の情報として、別の行に表示されます。


トレーニングレポートの作成

トレーニングに基づいたレポートを作成するには:

1.LMS365管理センター>トレーニング管理ページの「トレーニングレポート」を選択します。

2.開いたトレーニングレポートパネルの「レポートタイプでトレーニングを選択します。

3.抽出するトレーニングを選択します。

範囲選択」:ドロップダウンリストから、トレーニングを選択します。既定は「すべてのトレーニング」です。特定のトレーニングを選択した場合、次の「トレーニング含む」は利用できません。

capture8.png

トレーニング含む:範囲選択で「すべてのトレーニング」を選択した場合、レポートに含めるトレーニングの種類を選択します。

  • アクティブトレーニング:現在コースカタログにあるコース、トレーニングプラン。
  • 削除されたトレーニング:削除されたコース、トレーニングプラン、インポートした外部トレーニング
  • すべてのトレーニング:レポートには、現在のコースカタログのアクティブと非アクティブのトレーニングの両方が含まれます。

capture9.png

先に「トレーニング含む」の値を選択することができます。その場合、設定値によって「範囲選択」ドロップダウンリストに表示するトレーニングが定義されます。たとえば「トレーニング含む」で「非アクティブ」を選択すると「範囲選択」ドロップダウンリストにはすべての削除されたトレーニングが表示されます。

4.「受講者含む」で、いずれかのオプションを選択します。既定は「すべての受講者」です。

  • アクティブ: アクティブを選択すると、レポートには、コースカタログ内の少なくとも1つのコースまたはトレーニングプランに現在登録されている受講者のデータが含まれます。
  • 非アクティブ:非アクティブを選択すると、管理者または受講者自身によって、現在のコースカタログのすべてのコースとトレーニング プランから登録解除された受講者、または Azure Active Directory でアカウントが無効または削除されたが、データが消去されていない受講者の学習進捗状況データが表示されます。
  • すべての受講者:レポートには、現在のコースカタログのアクティブと非アクティブの受講者の両方が含まれます。
5.必要に応じて開始日を設定します。
開始日:開始日はトレーニングの完了日に基づいているため、指定した日付以降に受講者が完了したトレーニング情報が含まれます。このフィールドを空にした場合、レポートには公開時からのトレーニングの情報が含まれます。
6.必要に応じて終了日を設定します。
終了日:終了日はコースの完了日に基づいているため、設定した日付より前に完了したトレーニング情報が含まれます。このフィールドを空にすると、レポート作成時点までのトレーニングの情報がレポートに含まれます。

7.すべての項目の設定ができたら「エクスポート」を選択して、レポートをダウンロードします。

capture10.png


トレーニングレポートについて

ダウンロードしたレポートには、トレーニングレポートの設定で定義された情報が含まれます。

capture11.png

Excelファイルの左上にあるレポート情報を展開して全ての情報を表示します。

capture12.png

トレーニングレポートには、以下の列があります。

コース名:コース、トレーニングプランの名前

受講者数:コースに登録された受講者の数が

受講者名:受講者の名前

メール:受講者のメールアドレス

完了ステータス:受講登録した受講者のうち、トレーニングを完了した人の割合を表示します。

ステータス:受講者のコースの完了ステータスが表示されます。

  • 未開始:受講者は登録済みですが、トレーニングを開始していません。
  • 受講中:受講者はトレーニングを開始していますが、まだ完了していません。
  • 完了:受講者はトレーニングを完了しました。

完了日:受講者がコース、トレーニングプランを完了した日を表示します。

CEU:トレーニングの完了によって受講者が取得したCEUの数を表示します。

部署,事業所,市・区,国:受講者に関する追加の詳細が利用可能な場合、これらが表示されます。

コースの要件:コースまたはトレーニングプランが必須か任意かを表示します。

受講登録日:受講者がトレーニングに登録した日時を表示します。(日付と時刻は現在のサイトの地域設定に従って設定されます)

コースの種類:トレーニングのタイプが表示されます。トレーニングプラン、eラーニング、インストラクター主導型

コースID:コースまたはトレーニングプランにIDがある場合、その値が表示されます。

コースURL:コースまたはトレーニングプランのURLが表示されます。

カテゴリ:トレーニングのカテゴリーが設定されている場合、そのカテゴリーが表示されます。

コース期間:コースまたはトレーニングプランに期間が設定されている場合、その期間が表示されます。

インストラクター主導型コースの場合、受講者が登録しているコースセッションの情報も表示されます。

capture13.png

開始日:セッションの開始日時

終了日:セッションの終了日時

タイムゾーン:セッションで選択されたタイムゾーン

場所/会議URL:会議室、またはオンライン会議のURL

受講者が1つのコースの複数のセッションを登録している場合 (すべてのセッションに登録、および複数のセッションに登録タイプのコース)、個々のセッションに関する情報は、そのセッションに固有の情報として、別の行に表示されます。