受講者・トレーニングレポート

  • 更新

LMS365では、コースカタログに掲載されているトレーニングの進捗状況のレポートを作成することができます。
ここでは、受講者レポートとトレーニングレポートを作成する方法について説明します。

受講レポートやトレーニングレポートを作成するには、以下の手順で行います。

LMS365管理センター>コース管理>レポート>ドロップダウンリストから「受講者」または「トレーニング」を選択し、その他のフィルターを使ってレポートに含まれる情報をカスタマイズします。
mceclip1.png

受講者レポート

注記:出力されるレポートは、フィールドのカスタマイズによって異なります。
「グループ」のドロップダウンリストから受講者を選択します。mceclip17.png
各フィルターを使用して、レポートに出力する条件を設定します。
mceclip18.png

  • 選択:受講者を選択します。
  • 含める:レポートに含める受講者のタイプを、「受講者」(アクティブなユーザー)、「停止中の受講者」(ユーザーのアカウントがAzure ADで無効、または削除されている)、または「すべての受講者」から選択します。
    注記:「含める」フィールドにより「選択」フィールドの選択肢が変わります。例えば、「含める」フィールドで「受講者」を選択すると、「選択」フィールドのドロップダウンリストにはアクティブなユーザーが表示されます。
    mceclip4.png
    「含める」フィールドで「停止中の受講者」を選択すると、「選択」フィールドのドロップダウンリストには削除されたユーザーと無効になったユーザーが表示されます。
    mceclip5.png
  • 開始日:レポートに出力する期間の開始日を設定します。
  • 終了日:レポートに出力する期間の終了日を設定します。 
    注記:開始日と終了日のフィルタリングは、選択された期間に行われた試行のステータスに基づいて行われます。このフィールドが空欄の場合、レポートには受講者の最初の試行からレポート作成時までの情報が含まれます。

必要なフィールドに入力後、mceclip12.png ボタンをクリックします。
エクセルのレポートが作成され、ローカルコンピューターにダウンロードされます。
mceclip6.png
Excelファイルの左上にあるレポート情報を展開して全ての情報を表示します。

mceclip7.png

受講者レポートの解説:

mceclip6.png

  • 受講者名:受講者の名前を表示します。
  • メール:受講者のメールアドレスを表示します。
  • 部署:受講者の所属部署を表示します。
  • 事業所:事業所名を表示します。
  • 市・区:市区町村名を表示します。
  • 国:国名を表示します。
  • コース数:受講者が登録しているコース、トレーニングプランの数を表示します。
  • コース名:受講者が登録しているコース、トレーニングプラン名を表示します。
  • 完了ステータス:完了したコース、トレーニングプランの割合を%で表示します。
  • ステータス:受講者の完了ステータスを表示します。
     •  未開始:受講者は登録されているが、コースを開始していない。
     •  受講中:受講者はコースを開始したが、まだ完了していない。
     •  完了:受講者はコースを完了しています。
  • 完了日:受講者が完了したコース、トレーニングプランの完了日を表示します。
  • CEU:コース、トレーニングプランの完了時に受講者に割り当てられたCEUの数を表示します。
  • コースの要件:コース、トレーニングプランの受講のタイプを必須、または任意で表示します。
  • 受講登録日:受講者がコース、トレーニングプランに登録した日時を表示します。
  • コースの種類:コース、トレーニングプランのタイプを表示します。
  • コースID:コース、トレーニングプランのIDを表示します。
  • コースURL:コース、トレーニングプランのURLを表示します。
  • カテゴリ:コース、トレーニングプランのカテゴリを表示します。
  • コースの学習時間:コース、トレーニングプランの学習時間を表示します。

「クラスルーム,ブレンド研修,ウェビナー」についてはコースセッションに関する情報も表示されます。
mceclip0.png

  • 開始日:クラスルーム、ウェビナーが開始する日時を表示します。
  • 終了日:クラスルーム、ウェビナーが終了する日時を表示します。
  • タイムゾーン:クラスルーム、ウェビナーで選択されたタイムゾーンを表示します。
  • ロケーション(クラスルーム&ブレンド研修):クラスルームの場所を表示します。
  • 会議URL: ウェビナー会議のURLを表示します。

トレーニングレポート

注記:出力されるレポートは、フィールドのカスタマイズによって異なります。
「グループ」のドロップダウンリストから受講者を選択します。
mceclip2.png
各フィルターを使用して、レポートに出力する条件を設定します。

  • 選択:トレーニングを選択します。
  • 含める:レポートに含める受講者のタイプを、「受講者」(アクティブなユーザー)、「停止中の受講者」(ユーザーのアカウントがAzure ADで無効または削除された、またはユーザーがコースに登録していたが、その後登録をキャンセルした、または管理者が登録をキャンセルした)削除されたユーザー、無効になったユーザー)、または「すべての受講者」から選択します。
  • コースのステータスを選択します。レポートに含めるコースのステータスを「有効なコース」、「削除されたコース」、「全てのコース」から選択します。
    mceclip3.png
  • 開始日:レポートに出力する期間の開始日を設定します。
  • 終了日:レポートに出力する期間の終了日を設定します。
    注記:「開始日」および「終了日」のフィルタリングは、コースの終了日に基づいて行われます。これらのフィールドが空欄のままだと、レポートにはトレーニングの公開からレポート作成時までの情報が含まれます。

必要なフィールドに入力後、mceclip12.png ボタンをクリックします。
エクセルのレポートが作成され、ローカルコンピューターにダウンロードされます。

mceclip4.png
Excelファイルの左上にあるレポート情報を展開して全ての情報を表示します。
mceclip8.png

トレーニングレポートの解説:

mceclip9.png

  • コース名:コース、トレーニングプランの名前を表示します。
  • 受講者数:参加した受講者の数を表示します。
  • 受講者名:受講者の名前を表示します。
  • メール:受講者のメールアドレスを表示します。
  • 完了ステータス:完了したコース、トレーニングプランの割合を%で表示します。
  • ステータス:受講者のコース完了ステータスを表示します。
      • 未開始:受講者は登録済だが、コースを開始していない。
      • 受講中:受講者はコースを開始したが、まだ完了していない。
      • 完了:受講者はコースを完了しました。
  • 完了日:受講者が完了したコース、トレーニングプランの完了日を表示します。
  • CEU:コース、トレーニングプランの完了時に受講者に割り当てられたCEUの数を表示します。
  • 部署:受講者の所属部署を表示します。
  • 事業所:事業所名を表示します。
  • 市・区:市区町村名を表示します。
  • 国:国名を表示します。
  • コースの要件:コース、トレーニングプランの受講のタイプを必須、または任意で表示します。
  • 受講登録日:受講者がコース、トレーニングプランに登録した日時を表示します。
  • コースの種類:コース、トレーニングプランのタイプを表示します。
  • コースID:コース、トレーニングプランのIDを表示します。
  • コースURL:コース、トレーニングプランのURLを表示します。
  • カテゴリ:コース、トレーニングプランのカテゴリを表示します。
  • コースの学習時間:コース、トレーニングプランの学習時間を表示します。

「クラスルーム,ブレンド研修,ウェビナー」についてはコースセッションに関する情報も表示されます。
mceclip10.png

  • 開始日:クラスルーム、ウェビナーが開始する日時を表示します。
  • 終了日:クラスルーム、ウェビナーが終了する日時を表示します。
  • タイムゾーン:クラスルーム、ウェビナーで選択されたタイムゾーンを表示します。
  • 会議室またはオンライン会議のURL:会議室またはオンライン会議のURLを表示します。