コースカタログのLMS設定

  • 更新

コースカタログの「LMS設定」では、コースカタログ管理者はコースカタログに対して以下の設定ができます。

  • コース評価
  • コースセッションの表示
  • 承認フローの設定
  • 地域の設定
  • Sharepointサイトのテーマ設定
  • トレーニングバナー画像

ここでは、これらの設定について詳しく説明します。

コースカタログの「LMS設定」を行うには、コースカタログのLMS365管理センター>設定>LMS 設定に移動します。

____LMS___.png

1.コース評価

コース評価設定では、カタログ内のコースとトレーニングプランの評価機能を有効または無効にできます。

このオプションを有効にすると、受講者は星評価方式でコースやトレーニングプランを評価できます。____LMS___.png

コースの評価を有効にするには、コース評価パネルの「評価を表示する」トグルをONにします。

____LMS___.png

※ 「評価の表示」 オプションが無効になっている場合、受講者はコースやトレーニングプランを評価することはできません。その場合、コースカタログのトレーニングをランキングでソートすることはできません。また、学習コース管理・トレーニングプラン管理パネルに「評価の管理」オプションは表示されません。

2.コースセッションの表示

コースセッションの表示では、コースホームページとカタログのコースプレビューカードに表示するセッションの数を設定します。

コースセッションの表示パネルの「最大表示数」フィールドに任意の数値を設定します。

____LMS___.png

設定した数以上のセッションがコースに設定されている場合、「さらに表示+」または「>残りのセッションを表示」ですべてのセッションを表示します。

たとえば、コースに3つのセッションがあり「最大表示数」に1を設定されている場合、コースカタログのコースカードとコースホームページには1つのセッションが表示され、残りのセッションを表示するには、「さらに表示+」または「>残りのセッションを表示」をクリックします。

____LMS___.png

3.承認フローの設定

コースやトレーニングプランの受講申請の承認フローの設定します。

____LMS___.png

使用するフローのトグルをONにします。既定値では、外部承認(Webhooks)を除く、すべてのフローが有効になっています。

  • 自動承認:受講者が受講申請を行うと、自動的に承認されます。(受講申請は承認済みのステータスで自動的に作成されます。)
  • ライン管理者による承認:受講者による受講申請はライン管理者によって、承認、または却下されます。ライン管理者は、Azure ADに登録されている情報に基づきます。
  • 管理者の承認:受講者による受講申請はコース管理者によって、承認、または却下されます。
  • 外部承認(Webhook):「受講申請」イベントを使用して、カスタム承認フロー(Microsoftフローなど)を作成できます。詳細は「LMS365 Webhooks」をご覧ください。

4.地域の設定

地域の設定では、コースカタログのタイムゾーン、地域、週の最初の曜日を設定できます。既定では、コースとトレーニングプランはコースカタログから地域の設定を継承します。

タイムゾーン:通知とレポートで使用される時間を定義します。

地域:数値、日付、時刻の形式と、通知とレポートで使用する言語を定義します。選択した地域によって、週の最初の曜日が自動的に設定されます。

週の最初の日:コースカタログ内に作成したトレーニングについて、週の最初(開始)の曜日を設定します。週の最初の曜日は次で利用されてます:

  • ランキングボード:「今週」の成績に基づいて表示する場合
  • 課題リスト:割り当てられた課題の「今週中」タブの表示

____LMS___.png

ここで設定する地域の設定は、カタログ内のすべてのコースとトレーニングプランの既定の設定になります。この既定の設定は、コースまたはトレーニングプラン作成(編集)時に、 設定セクション>地域の設定で個別に変更することができます。

5.Sharepointサイトテーマの設定

SharePointサイトテーマの設定では、SharePointのテーマカラーをコースカタログ内のサブサイトベースのコースとトレーニングプランに適用できます。

2022年1月リリース以前に作成されたすべてのコースとトレーニングプランは、SharePointサブサイトとして作成されています。SharePointの既定の動作では、新しく作成されたサブサイト(コース・トレーニングプラン)にはランダムなテーマカラーが適用されます。そのため、SharePointサイトにテーマカラーが設定されていない場合、これらのサブサイトには異なるランダムなテーマカラーが設定されます。したがって、同じコースカタログ内のトレーニングでもアクションボタン、リンクなどの色が異なります。

SharePointサイトのテーマ設定オプションを使用すると、コースカタログ内のコースとトレーニングプラン(サブサイト)のテーマカラーを同一にすることができます。

2022年1月リリース以降、コースとトレーニングプランはSharePointコースカタログサイトのルートにページとして作成されます。これらのページは、コースカタログSharePointサイトのテーマカラーを継承します。

※ 将来的にサブサイトベースのコース・トレーニングプランの移行により、このオプションは廃止される予定です。

カタログ内のサブサイトベースのコース・トレーニングプランにテーマカラーを設定するには、テーマを選択して「適用」ボタンをクリックします。

____LMS____.png

確認メッセージが表示されます。適用後、この操作を元に戻すことはできません。以前のテーマカラーに戻したい場合は、再度この操作で以前のカラーを適用してください。

____LMS____.png

※ コースカタログサイトのテーマカラーはSharePointで直接設定されるため、この設定に左右されることはありません。
コースカタログのサブサイトのテーマカラーは、SharePointサイトから直接設定することができます。詳細についてはこちらの「トレーニングページのテーマとカラーを設定するには」をご参照ください。

6.トレーニングバナー画像

カタログ内に作成するコース・トレーニングプランの既定のバナー画像を設定できます。

※ 2022年1月リリース以前に作成されたコース・トレーニングプランのバナー画像は、SharePointサイトで管理されます。この「トレーニングバナー画像」オプションを使用した設定を行うことはできません。

画像をライブラリに追加する:

画像をライブラリに追加するには「アップロード」でデバイスから新しい画像を追加します。

※ 画像はPDF,SVG,PNG,JPEG形式で1236ピクセル幅を推奨します。

アップロードされたすべての画像は、カタログ全体で共有されます。すべてのコースカタログ管理者とコース管理者がこれらの画像を使用できます。

コースまたはトレーニングプランの作成(編集)の「バナー画像」>「画像を選択」で新しい画像をアップロードした場合も、バナー画像ライブラリに追加されます。

既定のバナー画像を設定する:

現在の既定のバナー画像には上部に青色のチェックマークが付いています。既定のバナー画像を設定(変更)するには、ライブラリでイメージを選択します。選択された画像の枠が青色の状態で「保存」ボタンをクリックします。

____LMS____.png

既定のバナー画像が必要ない場合は、現在の既定のバナー画像をクリックして選択を解除(青色の枠が外れます)し、保存します。この場合、新しく作成するコースやトレーニングプランにはバナー画像が表示されません。バナー画像は、コースまたはトレーニングプラン作成(編集)時、基本情報セクション>バナー画像で設定することができます。

ライブラリから画像を削除する:

ライブラリから画像を削除するには、画像を選択して「削除」をクリックします。この操作は元に戻すことができません。選択した画像がコースやトレーニングプランのバナー画像に使用されている場合は削除できません。

____LMS____.png