コースカタログレベルでのLMS設定

  • 更新

コースやトレーニングプランの作成を開始する前に、コースカタログレベルでのLMS設定を行う必要があります。
コースカタログレベルでは、コース評価、コースセッションの表示、および受講フローを設定します。ここでは、これらのLMS設定・管理について説明します。

コースカタログレベルでのLMS設定は、

管理センターの「設定」>「LMS設定」で行います。

mceclip1.png

他のコースカタログの設定をする場合は、グローバル設定>コースカタログ一覧でコースカタログを選択し「コースカタログの管理」をクリックして設定するカタログ管理画面に移動します。

mceclip1.png

注記:コースカタログ管理者以上の権限を持つユーザーのみが設定を行うことができます。

コースカタログレベルのLMS設定では、以下の設定を行うことができます。

  • コース評価
  • コースセッションの表示
  • 承認フローの設定
  • Sharepointサイトのテーマ設定

mceclip0.png

・コース評価

コースやトレーニングプランの評価の表示/非表示を設定します。ここでの設定はコースカタログに適用されます。

mceclip0.png

「評価を表示する」オプションを有効にすると、受講者のコース、トレーニングプランのホームページに評価をマークする「☆☆☆☆☆」が表示されます。受講者はコース、トレーニングプランの受講終了後に☆に必要な数をマークして評価できます。

注意:「評価を表示する」オプションが無効になっている場合、受講者はコース、トレーニングプランを評価することはできません。また、コースカタログでランキング上位のコースでソートすることができず、学習コース管理、トレーニングプラン管理では「評価の管理」オプションは表示されません。

mceclip3.png

注記:評価の平均値は、受信した非表示の評価を除くすべての評価の平均値として計算されます。評価した受講者数は、コースホームページの星印の横に表示されます。トレーニングの評価についてはトレーニングの評価をご覧ください。
評価がない場合、星はグレーで表示されています。

mceclip4.png

・コースセッションの表示

コースカタログまたはコースホームページに表示するセッションの数を設定します。「最大表示数」フィールドに任意の数値を入力してください。コースに設定した数以上のセッションがある場合、それらのセッションは、ドロップダウンボタンをクリックして表示します。

mceclip5.png

例えば、「最大表示数」が2でコースに3つのセッションが予定されている場合、受講者のコースカタログには次のように表示されます。「さらに表示+」をクリックして残りのセッションを表示します。

mceclip6.png

また、コースホームページの情報セクションには次のように表示されます。「さらに表示(n)」で残りセッションを表示します。カッコ内の数字は表示されていないセッションの数を示しています。

mceclip7.png

・承認フローの設定

コースやトレーニングプランの受講登録に使用する承認フローの選択することができます。

mceclip2.png

使用するフローのトグルをONにします。既定値では、外部承認(Webhooks)を除く、すべてのフローが有効になっています。

  • 自動承認:受講者が受講申請を行うと、自動的に承認されます。(受講申請は承認済みのステータスで自動的に作成されます。)
  • ライン管理者による承認:受講者による受講申請は、ライン管理者により、承認、または却下されます。ライン管理者は、AD に登録されている情報に基づきます。
  • 管理者の承認:受講者による受講申請は、LMS 管理者により、承認、または却下されます。LMS 管理者とは、コースカタログがインストールされているサイトの所有者です。
  • 外部承認(Webhook):「受講申請」イベントを使用して、カスタム承認フロー(Microsoftフローなど)を作成できます。詳細は「LMS365 Webhooks」をご覧ください。

・Sharepointサイトテーマの設定

SharePointの既定値の動作では、新しく作成されたコースやトレーニングプランのサイトにランダムなテーマカラーを適用します。そのため、コースやトレーニングプランのSharePointサイトにテーマカラーが設定されていない場合、これらのサイトには異なるランダムなテーマカラーが適用されます。そのため、アクションボタンやリンクなどの色は、同じコースカタログ内のトレーニングホームページテーマカラーは個々に異なる色になります。

SharePointサイトテーマの設定でコースカタログ内のコースやトレーニングプランのSharePointサイトに適用するSharePointテーマカラーを選択することで、コースやトレーニングプランサイトのテーマカラーを同一に設定することができます。

この設定は、既存および新規のすべてのコースおよびトレーニングプランのサイトに適用するか、設定後に新規作成するコースおよびトレーニングプランのサイトにのみ適用するかを選択できます。

sharepoint_______.gif

注記:コースカタログのサイトのテーマカラーは、SharePoint内で直接設定されるため、ここでの設定は適用されません。

以下の手順で設定します。

  1. 「トレーニングページにテーマカラーを設定」のトグルをONにします。
  2. SharePointの標準テーマカラーのリストが表示されます。カタログ内のコースおよびトレーニングプランのサイトに適用するテーマカラーを1つ選択します。
    注記:SharePointの標準テーマカラーのみ選択できます。カスタマイズしたテーマカラーは選択できません。
  3. 「保存」ボタンをクリックします。
  4. テーマカラーを適用するを適用する方法について選択するメッセージが表示されます。既存のコースおよびトレーニングプランのサイトに適用する場合、チェックボックスに✓します。

    mceclip2.png

  5. 「保存」クリックすると変更が適用されます。変更を破棄するには「キャンセル」をクリックします。

「トレーニングページにテーマカラーを設定」のトグルをOFFにするとSharePointの既定値の動作戻すことができます。

mceclip3.png

確認メッセージが表示されます。「保存」して既定値の動作に戻ります。