コースカタログWebパーツの設定

  • 更新

新しいコースカタログを作成すると、3つのページを持つサイトコレクションが生成されます。

  • コースカタロにおける既定値のページとなるSharePointサイトのホームページ
  • トレーニングダッシュボードのページ
  • コースカタログのページ

これらのページはすべて、LMS365コンテンツの特色をもったLMS365ウェブパーツで作成されます。

注記:モダンサイトを使用したカタログでは、同じページに複数のWebパーツを追加すると誤動作や認証エラーが発生する可能性があるため、1つのページに1つのLMS365 Webパーツのみを追加することを推奨します。

コースカタログページのLMS365コースカタログWebパーツには、現在のコースカタログのコースとトレーニングプランに加えて、コースとトレーニングプランを検索に使用するフィルターが表示されます。

このウェブパーツを設定して、カタログ内のコースやトレーニングプランの表示、フィルタリング機能をカスタマイズすることができます。

ここではWebパーツの設定とそれらの動作についてご説明します。

コースカタログWebパーツの設定

コースカタログ Web パーツをカスタマイズするには、ページ上部の設定アイコンsettings_icon.pngをクリックして、コースカタログの設定を開きます。

mceclip0.png

コースカタログ情報の編集

コースやトレーニングプランのリストの表示や動作を設定します。以下の設定ができます。

タイトル:コースカタログのタイトルを編集できます。設定したタイトルは、コース一覧の上部には表示されます。

説明:リッチテキストエディタを使用して、コースカタログの説明を編集できます。設定した説明文はタイトルの下に表示されます。

mceclip1.png

ソートの選択:ここでは、コースを表示する順序を設定できます。

mceclip2.png

注記:受講者は、「並べ替え」を使用して、コースを並べ替えることができます。ただし、この設定は、現在のビューにのみ適用されます。受講者がコースカタログに再びアクセスした際には、管理者が設定した既定値で表示されます。

セレクタスイッチ:セレクタスイッチの表示/非表示を設定します。既定値ではセレクタスイッチは表示され、ユーザーは表示を切り替えることができます。

表示スタイルの選択:カードビュー、またはリストビューを選択します。セレクタスイッチが非表示の場合、この設定が適用されユーザに表示されます。

コースの詳細:このオプションが有効の場合、選択したトレーニングカードをクリックすると、詳細情報が表示されます。無効の場合、トレーニングカードをクリックすると、トレーニングのホームページに移動します。

コースの数:コースカタログに表示するコースの数を設定します。最大値は50で最小値は1です。既定値は 18で設定されています。

コースランキング上位:ランキング上位コースの表示/非表示を設定します。(ランキングは受講者による評価に基づきます。)

コースの数(Ranked):コースランキング上位オプションが有効の場合、表示するコースを数を設定します。最大値は50まで設定できます。既定値は 6で設定されています。

フィルター

フィルターセクションでは、受講者がコースやトレーニングプランを検索する際に使用するフィルターの表示と動作を設定します。以下の設定ができます。

フィルターの表示:このオプションを有効にすると、コース一覧の左側にフィルターを表示します。無効の場合、コースリストの右上にフィルターアイコンが表示されます。このアイコンをクリックすると、フィルターオプションが表示されます。

mceclip0.png

カテゴリ:[編集]をクリックして、カテゴリの既定値の表示について設定します。カテゴリには以下のオプション設定があります。

フィルターエリア:コースカタログ左側に表示されるフィルターに表示するカテゴリを設定します。

  • カテゴリの表示:左側ナビゲーションへのカテゴリの表示/非表示を設定します。
  • 表示するカテゴリの数:表示するカテゴリを限定して表示することができます(最大5つまで)。

コース一覧表示: 

  • 表示するカテゴリの数:特定のカテゴリのコースを限定してコースカタログに掲載できます。カテゴリの数を1~5の値で設定します。受講者は[さらに表示+]ボタンで、残りのコースを表示することができます。

 

カテゴリオプション(ボタンの表示):

  • 表示するカテゴリの数:コース一覧の上部に最大5つのカテゴリのボタンを表示します。表示されたボタンをクリックすると、受講者はそのカテゴリのコースのみを表示することができます。

    mceclip0.png

件数の表示:カテゴリ名横の括弧内に表示される数字は、カタログ内でそのカテゴリを持つコースの数を示します。

コースの種類:フィルターに表示するコースの種類を設定します。ドラッグ&ドロップで表示する順序を変更できます。すべてのコースタイプの表示を無効にすると、受講者のフィルターに「コースの種類」は表示されません。

mceclip2.png

コースセッション日付:このオプションを有効にすると、受講者は特定の期間に開催されるセッションがあるコースを検索することができます。