コースの期日

  • 更新

LMS365では、コースに期日を設定することができます。ここでは、コース期日の設定とその動作について説明します。

注記:コースの期日は「eラーニング」タイプのコースでのみ使用できます。

コースの期日は受講者の受講を制限するものではありません。設定された期日が過ぎた場合でも、受講者はコースへの登録や、未完了のコースの学習を進めることができます。

1.期日の設定

コースの期限は、e-ラーニングコース作成(または編集)時に、コース作成ページの「期日」セクションで設定します。

mceclip0.png

期限を設定する場合は、「期日」オプションを有効にします。日時の指定のタイプオプションと、日付タイプに応じた入力フィールドが表示されます。

mceclip1.png

相対期日:受講登録後の経過日数を入力します

mceclip3.png

指定期日:特定の日時を指定します。

 mceclip2.png

どちらの場合も、コースホームページのコース情報に「期日」が表示されます。

______________.png

期日が設定されていない場合、コースホームページのコース情報に期日の表示はありません。

2.期日を過ぎた場合

期日が過ぎても、コースを完了していない(未完了のコースステータスを持つ)受講者がいる場合、LMS365管理センターのコース一覧の「遅延」列で確認することができます。

mceclip5.png

また、「コースの進捗」の「遅延」ステータスグラフに受講者の数と割合が表示されます。

コースの進捗画面でダウウンロードしたレポートには、期日を過ぎた受講者の「遅延ステータス」欄に「遅延」と表示されます。

mceclip0.png

コースの期日を迎えると、そのコースに登録している受講者にはコースの期日が過ぎたことを知らせる通知が届きます。

mceclip0.png