ライセンスの管理

  • 更新

このガイドについて

LMS365 の使用を開始する前に、ライセンスを有効化する必要があります。

ここでは、LMS365 のライセンスの有効化と、管理について説明します。

mceclip1.png

1.ライセンスの有効化

LMS365は、30日間のトライアルが可能です。使用できるユーザー数は無制限です。トライアル期間中はライセンスキーを取得する必要はありません。

トライアルライセンスを有効にするには

  1. グローバル設定>設定>「ライセンス情報」に移動します。
  2. 「お客様情報」とLicense keyフィールドに「trial」と入力します。
  3. [Activate]ボタン をクリックします。

ライセンスの有効化に成功すると、License keyの横に緑色のチェックマークが表示されます。

購入ライセンスの有効化

LMS365 から購入したライセンスで、ライセンスを有効化するには

  1. グローバル設定>設定>「ライセンス情報」 に移動します。
  2. 「License key」フィールドに受け取ったライセンスキーを入力します。
  3. [Activate]ボタン をクリックします。

ライセンスの有効化に成功すると、License keyの横に緑色のチェックマークが表示されます。

mceclip4.png

2.ライセンス情報

ライセンスの状態を確認するには、「License key」の横にある情報アイコン mceclip3.png をクリックします。

ライセンス情報 タブの下に、ライセンスの詳細情報が表示されます。

mceclip5.png

開始日:ライセンス(またはトライアル)の開始日
終了日:ライセンス(またはトライアル)の終了日
最大ユーザー数:ライセンスで許可されている最大ユーザー数が表示されます。最大ユーザー数を超えた場合、ライセンスの制限を満たすために、ユーザーを削除することができます。(コースから受講者を削除します。)トライアルの場合、ユーザー数は無制限ですので、このフィールドは空欄です。
現在のユーザー数:現在の各コースのユニークな受講者数です。受講者数は、テナントのすべてのコースからカウントされます。

注記:ADで削除または無効にされたユーザは、現在のユーザ数にはカウントされません。

トライアル期間の場合、ライセンスキーは、ライセンスがトライアルステータスであることを表示します。

最大ユーザー数に達した場合、またはライセンスの有効期限が切れた場合、14日間の猶予期間があります。この期間中、システムが停止することはありませんが、管理画面にに警告が表示されます。猶予期間が経過する前に適切な処理を行ってください。

ライセンスの有効期限が切れた場合:

image-45.png

利用ユーザー数が最大ユーザー数を超えた場合:

image-46.png

受講者は、14日間の猶予期間中も通常通りLMSを使用することができます。この期間に適切な処理が行われていない場合、14日後、受講者がLMS365にアクセスすると、次のようなメッセージが表示されます。

image-47.png

3.ライセンスを持つユーザー数の管理

ユーザー管理 タブでは、ライセンスを持つユーザー数を管理することができます。

LMS365のライセンスは、コースに登録されている受講者に自動的に割り当てられます。つまり、コースに登録されているすべての受講者がライセンスユーザーとしてカウントされます。LMS365 ライセンスを有効にした後は、ユーザーをすべてのトレーニングの登録から解除することで、使用ライセンス数を減らすことができます。また、ライセンスにカウントされているすべてのユーザーのレポートを作成することもできます。

すべてのコースとトレーニングプランからユーザーの登録を解除するには、以下の手順で行います。

  1. License keyの横にある情報アイコンmceclip2.pngをクリックします。
  2. ユーザー管理 タブを選択します。
  3. 登録解除するユーザーを選択します。(フィールドに検索ワードを入力するとドロップダウンリストが表示されます。)
  4. [登録解除]ボタンをクリックします。

mceclip6.png

レポートを作成するには、以下の手順で行います。

  1. グローバル設定>設定>「ライセンス情報」に移動します。
  2. License keyの横にある情報アイコンをクリックします。
  3. ユーザー管理 タブを選択します。
  4. [レポートを作成する]ボタンをクリックします。

mceclip7.png

エクセルファイルが自動的にダウンロードされます。

mceclip0.png

4.ライセンスの有効期限やユーザー数の超過によるアラートの設定

ライセンスの有効期限が切れる前や後、またライセンスの最大ユーザーに対して使用ユーザー数が一定の割合に達したときに、指定した管理者にメールで通知することができます。

  1. ライセンスキーの横にある情報アイコンをクリックします。
  2. 通知 タブを選択します。
  3. 各フィールドに任意の値を設定します。

    最大ユーザー数の%に達しました:ユーザー数を%で指定すると、その数に達したときに通知を受け取ることができます。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定値では、50%と99%が設定されています。

    ライセンスの有効期限が切れる日:有効期限に到達するまでの日数を設定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定値では30、14、7、1日が設定されます。

    ライセンス有効期限の経過日数:有効期限が切れた際の経過日数を設定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定値では0、5、10日が設定されています。
    宛先:通知を受け取るユーザーを入力します。

  4. [保存]をクリックします。

mceclip8.png

注記:電子メールによる通知は、「通知」セクションで指定された情報に基づいて自動的に生成されます。

通知メールには、ライセンスの期限切れの理由、必要なアクション、テナントドメイン、ライセンスキー、現在のユーザー数、最大ユーザー数、有効期限などの一般的な情報が記載されています。

トライアル版の期限が切れた通知:

9.png

ライセンスが最大ユーザー数の%に達した通知:

12.png

ライセンスの更新が必要な場合の通知:

11.png