ライセンスの管理

  • 更新

LMS365 の使用を開始する前に、ライセンスを有効にする必要があります。

ここでは、LMS365 のライセンスを有効にする方法と管理について説明します。

1.無料トライアル

LMS365無料トライアルは、月間100人までのユーザーを登録することができる無料のサブスクリプションです。

LMS365がインストールされると、会社情報ページが表示されます。必要な情報を入力し、ライセンスを有効にすることができます。

無料トライアルを利用するには、以下の手順で無料トライアルのライセンスを有効にします。

1.会社情報ページで、団体名、担当者の氏名、電話番号、Eメールを入力します。

2.「LMS365ライセンス規約に同意します」にチェックします。チェックされない場合「LMS365を有効にする」ボタンは無効です。(次の手順に進むことはできません。)

3.「使用制限付きLMS365Freemiumサブスクリプションプランを使用」を選択します。

4.「LMS365を有効にする」ボタンを選択します。

capture2.png

LMS365が有効になると、コースカタログ管理にリダイレクトされ、ここでコースカタログを作成することができます。コースカタログは、コースやトレーニングプランを作成・管理する場所です。

2.製品版ライセンス

LMS365がインストールされると、会社情報ページが表示されます。必要な情報を入力し、ご契約のライセンスを有効にすることができます。

1.会社情報ページで、団体名、担当者の氏名、電話番号、Eメールを入力します。

2.「LMS365ライセンス規約に同意します」にチェックします。チェックされない場合「LMS365を有効にする」ボタンは無効です。(次の手順に進むことはできません。)

3.「LMS365サブセクションライセンスキーを使用」を選択します。

4.「有効なライセンスキーを入力してください」フィールドに、ライセンスキーを入力します。

5.「LMS365を有効にする」ボタンを選択します。

capture1.png

LMS365が有効になると、コースカタログ管理にリダイレクトされ、ここでコースカタログを作成することができます。コースカタログは、コースやトレーニングプランを作成・管理する場所です。

3.ライセンス情報

Microsoft 365グローバル管理者とLMS 管理者は、次の場所からライセンス情報にアクセスできます。

● グローバル設定>ライセンス情報

● LMS365管理センター>カタログ設定>ライセンス情報

コースカタログ管理者は、LMS365管理センター>カタログ設定>ライセンス情報からアクセスして、ライセンス情報を表示(読み取り専用権限)することができます。

ライセンス情報では、次のタブがあり、各ページに詳細が表示されます。

  • サブスクリプションプラン
  • 会社情報
  • ユーザー管理
  • 通知:このタブは、グローバル設定からアクセスした場合にのみ表示されます。

ライセンスに関する情報は、グローバル設定とLMS365管理センターのどちらからアクセスするかによっ て、利用できる情報に若干の違いがあります。

capture3.png

サブスクリプションプラン

サブスクリプションプランには、以下の情報が表示されます。

開始日:サブスクリプションプランの開始日

終了日:サブスクリプションプランの終了日

サービス:プランに含まれているサービスには、緑色のチェックマークが付いています。現在ご契約のプランに含まれていないサービスは「✕」マークが付いています。

ユーザー:現在のご使用のユーザー数、およびご契約のライセンスで使用できる最大ユーザー数が表示されます。

  • 現在の使用数:LMS365サブスクリプション内のすべてのコースとトレーニングプランからカウントされた、現在の受講者数が表示されます。
  • 最大使用可能数:ご契約のプランで使用できるユーザーの最大値が表示されます。最大ユーザー数を超えた場合、すべてのコースとトレーニングプランからユーザーの登録を解除して、使用数を制限内に収めることができます。

Azure Active Directoryで削除、または無効となっているユーザーは、現在のユーザー数にカウントされません。

最大使用可能数に達した場合、またはライセンスの有効期限が切れた場合、14日間の猶予期間があります。この期間中、システムが停止することはありませんが、管理画面に警告が表示されます。猶予期間が経過する前に適切な処理を行ってください

ライセンスの有効期限が切れた場合:

capture12.png

利用ユーザー数が最大ユーザー数を超えた場合:

capture13.png

受講者は、14日間の猶予期間中も通常通りLMSを使用することができます。この期間に適切な処理が行われていない場合、14日後、受講者がLMS365にアクセスすると、次のようなメッセージが表示されます。

capture14.png

会社情報

会社情報には、お客様に関する一般的な情報を表示します。

ライセンスキーフィールドが緑色の枠で表示されている場合は、ライセンスが有効であることを意味します。

capture4.png

ユーザ管理

ユーザー管理で利用できる情報は、「グローバル設定」と「コースカタログ>カタログ設定」で異なります。

グローバル設定からアクセスした場合、Microsoft 365のグローバル管理者とLMS管理者は、以下の操作を行うことができます。

  • すべてのコースとトレーニングプランからユーザーの登録を解除して、ライセンスの消費数を管理できます。
  • Excelレポートを出力して、LMS内のすべての受講者、登録されているコース、および自己登録かADグループ経由登録かを確認することができます。

コースカタログ>カタログ設定からアクセスした場合は、Excelレポートの出力のみ行うことができます。

LMS365 のライセンスは、コースに登録された受講者に自動的に割り当てられます。つまり、コースに登録されているすべてのユーザーが、ライセンス使用ユーザーとしてカウントされます。LMS365ライセンスを有効にした後、使用ライセンス数を減らすには、すべてのコースとトレーニングプランから、ユーザーの登録を解除します。また、ライセンスにカウントされている全ユーザーリストを含むレポートを作成して、使用状況を確認することもできます。

登録解除

LMS365 のすべてのコースとトレーニングプランからユーザーの登録を解除するには、次の手順で行います。

1.LMS365管理センター>グローバル設定>ライセンス情報 に移動します。

2.「ユーザー管理」タブを選択します。登録解除の下にあるフィールドに、登録を解除する受講者の名前を入力します。

3.「登録解除」ボタンを選択します。フィールドに追加されている受講者は、登録されているすべてのコースとトレーニングプランから登録を解除されます。

登録解除は、操作を取り消すことはできませんのでご注意ください。LMS365管理センターでは、登録解除のプロセスに関する通知と、実行したアクションの結果が通知に表示されます。

capture5.png

すべてのコースとトレーニング プランから、Active Directory セキュリティグループを介して登録された受講者の登録を解除するには、受講者をAzure AD グループから削除する必要があります。
これらの受講者を登録解除すると、LMS365管理センターに次の通知が表示されます。
通知内の [詳細] リンクをクリックすると、登録の詳細が表示されます。

capture6.png

 

登録解除された受講者の学習進捗情報は、コースカタログレベルのトレーニングレポート、およびコースレベルのコースレポートから追跡することができます。

受講者がコース、およびトレーニングプランから登録解除された場合、管理者はこれらの受講者のクイズ、コンテンツパッケージ、およびラーニングモジュールの受講者詳細、または進捗を表示することができなくなります。この情報が必要な場合は、登録を解除した受講者をコース・トレーニングプランに再登録する必要があります。コース、トレーニングプラン、またはコースカタログに受講者を登録する方法については、こちらの「ユーザー管理(ユーザーページ)」をご参照ください。

レポート

ライセンスレポートを作成するには、以下の手順で行います。

1.グローバル設定>ライセンス情報、またはLMS365管理センター>カタログ設定>ライセンス情報(コースカタログ管理者の場合)に移動します。

2.「ユーザー管理」タブを選択します。

3.「レポートを作成する]ボタンを選択します。

Excelファイルで作成されたレポートがダウンロードされます。

capture7.png

通知機能

「通知」タブは、グローバル設定>ライセンス情報からのみ利用できます。ライセンス関連の通知はここで管理します。

管理者向けに、ライセンスの有効期限や、使用ユーザー数の超過を通知します。

通知の設定は、以下の手順で行います。

1.グローバル設定>ライセンス情報に移動して[通知」タブを選択します。

2.「電子メール通知を送信する」トグルをONにします。

3.各フィールドに必要な値を入力します。

  • 最大ユーザー数の%に達しました:ユーザー数を%で指定すると、その数に達したときに通知を受け取ることができます。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定値では、50%と99%が設定されています。
  • ライセンスの有効期限が切れる日:有効期限に到達するまでの日数を設定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定値では30,14,7,1日が設定されます。
  • ライセンス有効期限の経過日数:有効期限が切れた際の経過日数を設定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定値では0,5,10日が設定されています。
  • 宛先:通知を受け取るユーザーを入力します。

4.「保存」ボタンで入力した内容を保存します。

capture8.png

電子メールによる通知は、「通知」セクションで設定された情報に基づいて、自動的に生成されます

電子メール通知には、適宜、以下の一般的な情報が含まれます:

ライセンスの有効期限が切れた理由、必要なアクション、テナントドメイン、ライセンスキー、現在のユーザー数、最大ユーザー数、有効期限

ライセンスがユーザー数の上限に近づいている通知:

capture9.png

ライセンスの更新時期が迫っている通知:

capture10.png

4.LMS 365モバイルアプリのライセンス

無料トライアルを含むサブスクリプションプランには、LMS365プラットフォームの機能の1つとして、iOS、およびandroid用のLMS365モバイルアプリが含まれています。LMS365モバイルアプリに個別のライセンスは必要ありません。社内外のユーザーは、App store、またはGoogle PlayからiOS、およびandroid用のLMS365モバイルアプリをダウンロードし、自分のアカウントでログインして、モバイルデバイスからトレーニングポータルにアクセスすることができます。

ただし、ユーザーがLMS365 モバイルアプリにアクセスするには、LMS365のライセンスが有効でなければなりません。ライセンスの有効期限が切れている場合、ユーザーにはライセンスが有効でないことを通知するエラーが表示されます。

無料トライアルをご使用の場合、LMS365モバイルアプリを使用してSCORMコンテンツやクイズを含むコースをダウンロードしてオフラインで受講することができます。(製品版では追加オプションになります。)

トライアル期間中にダウンロードしたコースは、そのままダウンロードされます。

トライアル期間終了後、引き続きLMS365モバイルアプリをご使用される場合は、製品版ライセンスの購入が必要です。製品版ライセンスを購入されていない場合、ログインボタンをタップすると 「ライセンスは無効です」 と表示されます。

capture11.png

LMS365の製品版ライセンスを有効にする際、「オフラインでのモバイル同期」オプションを含めることで、少なくとも1つのコンテンツパッケージ、またはクイズを含むコースをモバイルアプリでダウンロードし、オフラインで利用できます。

ご契約のライセンスに「オフラインでのモバイル同期」オプションが追加されていない場合、ユーザーはコースをダウンロードしてオフラインで利用することはできません。