LMS365 サブスクリプションの有効化と管理

  • 更新

LMS365 の使用を開始する前に、サブスクリプションを有効にする必要があります。

ここでは、LMS365サブスクリプションを有効にする方法と、サブスクリプションの管理についてご説明します。

サブスクリプションキーの有効化

必要なロール:Microsoft365 グローバル管理者

LMS365 がインストールされるとサブスクリプション情報の「会社情報」ページが表示されます。必要な情報を入力し、サブスクリプションを有効にしてください。
サブスクリプションの有効化を開始するには、アクティベーションキーが記載されたLMS365ウェルカムメールが必要です。

ご入力いただいた情報は、LMS365の契約についてお客様に連絡する必要がある場合に使用されます。

1.会社情報ページで、必要な情報を入力します。

  • 団体名:組織の名前を入力します。
  • 氏、名、電話番号、電子メール:ご担当者の情報を入力します。

2.「LMS365サブスクリプション利用規約に同意します」チェックボックスを選択します。
これを選択しない場合、「LMS365を有効にする」ボタンは使用できません。

3.サブスクリプションタイプの選択で、「LMS365 サブスクリプションアクティブ化キーを使用する」を選択します。
Azure Marketplace から LMS365 をインストールした場合は、サブスクリプションタイプの選択セクションがグレーアウトしています。この場合、この手順の 5 に進みます。

4.フィールドに、有効なライセンスキーを入力します。

5.「LMS365を有効にする」ボタンを選択します。

LMS365 subscription1.png

LMS365を有効化すると、コースカタログ管理ページにリダイレクトされ、コースカタログを作成することができます。

コースカタログとは、コースやトレーニングプランを作成し、それらを組織のユーザーに公開する場所です。

フリーミアムサブスクリプションの有効化

LMS365 がインストールされるとサブスクリプション情報の「会社情報」ページが表示され、必要な情報を入力し、フリーミアムサブスクリプションを有効にすることができます。

ご入力いただいた情報は、LMS365のサブスクリプションについてお客様に連絡する必要がある場合に使用されます。

フリーミアムサブスクリプションを有効にするには、

1.会社情報ページで、必要な情報を入力します。

  • 団体名:組織の名前を入力します。
  • 氏、名、電話番号、電子メール:ご担当者の情報を入力します。

2.「LMS365サブスクリプション利用規約に同意します」チェックボックスを選択します。
これを選択しない場合、「LMS365を有効にする」ボタンは使用できません。

3.「使用制限付きLMS365Freemiumサブスクリプションプランを使用」を選択します。

4.「LMS365を有効にする」ボタンを選択します。

LMS365 subscription2.png

LMS365 が有効化されると、コースカタログ管理ページにリダイレクトされ、コースカタログの作成をすることができます。

 

サブスクリプション情報

サブスクリプション情報へのアクセスと管理は、ユーザーのロールにより異なります。

Microsoft 365 グローバル管理者、LMS365管理者は、次の場所からサブスクリプション情報を閲覧、管理することができます。

  • グローバル設定>サブスクリプション情報
  • LMS365管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報

カタログ管理者(読み取り専用権限) は、LMS365管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報で閲覧できます。

サブスクリプション情報は、次のセクションに分かれています。

  • サブスクリプションプラン
  • 会社情報
  • ユーザー管理
  • 通知:このセクションはグローバル設定からのみ表示されます。

サブスクリプション情報で利用できる情報は、グローバル設定から表示するか、LMS365管理センターのカタログ設定から表示するかで、若干異なります。

LMS365 subscription3.png

サブスクリプションプラン

サブスクリプションプランには、サブスクリプション・サービス・ユーザー の 3つのブロックがあります。

「サブスクリプション」 で、次の情報を確認できます。

  • 開始日:サブスクリプションプランの開始日
  • 終了日:サブスクリプションプランの終了日

「サービス」では、サブスクリプションプランに含まれるサービスに緑色のチェックマークが記されています。ご契約のプランに含まれていないサービスは、灰色の✖マークが記されます。

「ユーザー」では、現在ご使用のユーザー数、およびご契約のサブスクリプションで使用できる最大ユーザー数が確認できます。

  • 現在の使用数:現在使用されているユーザー数が表示されます。
  • 最大使用可能数:ご契約のプランで使用できるユーザーの最大値が表示されます。最大値を超えた場合、すべてのコースとトレーニングプランからユーザーの登録を解除して、使用数を制限内に収めることができます。

重要!

  • 現在の使用数には受講者 (すなわち、現在1つ以上のコースに登録されているユーザー) のみがカウントされます。管理者は含まれません。
  • Microsoft Entra ID(Azure Active Directory)で削除、または無効となっているユーザーは、現在の使用数にカウントされません。
  • 最大使用可能数に達した場合、またはサブスクリプションの有効期限が切れた場合、14日間の猶予期間があります。この期間中、システムが停止することはありませんが、管理画面に警告が表示されます。猶予期間が経過する前に適切な処理を行ってください。
  • 14日間の猶予期間中、ユーザーは通常通りLMS365を使用することができます。この期間に適切な処理が行われなかった場合、14日後、ユーザーがLMS365にアクセスするとエラーメッセージが表示されます。

 

会社情報

会社情報には、お客様に関する一般的な情報を表示します。

団体名:サブスクリプションを有効する際に入力された組織の名前

組織の国:組織の所在国

主要連絡先担当者:氏、名、姓、電話番号、Eメールには、サブスクリプションを有効する際に入力されたご担当者の情報、または主要連絡先として設定された情報を表示します。

ライセンスキーに緑色のチェックマークが記されいる場合は、サブスクリプションが有効であることを意味します。

LMS365 subscription4.png

LMS管理者は、LMS365から重要なビジネス、技術、更新やアップグレードに関連する情報を受け取る担当者の連絡先を管理することができます。連絡先は、いつでも更新することができます。
連絡先の追加と管理は「連絡先の管理」から行います。

「連絡先の管理」パネルには既存の連絡先がリスト表示され、既存の担当者情報の編集、削除、新しい連絡先の追加を行うことができます。

LMS365 subscription5.png

連絡先の追加は、以下の手順で行います。

1.「連絡先の管理」を選択します。

2.組織の連絡先として追加するユーザー情報を入力します。の付いたフィールドは入力必須です。

  • 種類:ドロップダウンリストから連絡先のタイプを選択します。既定では「LMS365 管理者」が選択されています。
    • LMS365管理者(更新とアップグレードに関する情報)
    • 技術(重要な技術情)
    • ビジネス(重要なビジネス情報など)

  • 氏・名:各フィールドに氏・名を入力します。

  • 電話番号:電話番号を入力します。

  • Eメール:メールアドレスを入力します。

  • 連絡先の国:国を選択します。

  • 連絡先の州:このフィールドは、選択した国に州がある場合に表示されます。関連する州を選択してください。

3.「主要連絡先にする」をONにすると、この連絡先が代表の連絡先となり、グローバル設定とカタログ設定のサブスクリプション情報の会社情報に表示します。

連絡先は最大30件登録できます。主要連絡先として設定できるのはそのうちの1つです。
主要連絡先を変更するには、該当の連絡先を選択し「主要連絡先にする」トグルをONにし更新します。以前の連絡先の「主要連絡先にする」トグルは自動的にOFFとなります。

既定では、LMS365 をインストールした際に入力した連絡先が主要連絡先に設定されます。

4.「連絡先を追加」を選択してを保存します。

LMS365 subscription6.png

連絡先の管理パネルに追加されます。リストは追加された順番で表示されます。

連絡先の編集は、以下の手順で行います。

1.リストで編集する連絡先を選択します。パネルに選択した連絡先の情報が表示されます。

2.必要な変更を行います。

3.「更新」選択して変更を保存します。

連絡先の削除は、以下の手順で行います。

1.リストで削除する連絡先を選択します。パネルに選択した連絡先の情報が表示されます。

2.連絡先の横にある削除アイコン 削除アイコン_赤.png を選択します。主要連絡先として設定されている連絡先は、削除できません。

3.削除メッセージが表示されます。「OK」を選択するとリストから連絡先が削除されます。

 

ユーザー管理

ユーザー管理で利用できる情報は、アクセスする場所(グローバル設定、またはカタログ設定)で異なります。

Microsoft 365 グローバル管理者と LMS365管理者は、グローバル設定から次のことができます。

  • すべてのコースとトレーニングプランからユーザーの受講者登録を解除して、現在サブスクリプションライセンスを使用しているユーザーの数を管理できます。
  • LMS内のすべての受講者、登録されているコース・トレーニングプラン、登録形態(AADグループ経由かどうか)の情報を、Excelレポートで出力することができます。

カタログ設定からアクセスした場合は、Excelレポートの出力のみ行うことができます。

LMS365サブスクリプションはコースに登録された受講者に自動的に割り当てられます。
つまり、コースに登録されているすべての受講者がサブスクリプションの「現在の使用数」にカウントされます。

LMS365サブスクリプションが割り当てられたユーザーを、すべてのコースとトレーニング プランの受講者登録から解除することで、LMS365 サブスクリプションの現在の使用数を減らすことができます。

登録解除

LMS365のすべてのコースとトレーニング プランから、ユーザーの受講者登録を解除します。

注意:この操作は元に戻すことができません。

1.LMS365管理センター>グローバル設定>サブスクリプション情報 に移動します。

2.「ユーザー管理」タブを選択します。

3.フィールドに、受講者登録を解除するユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。

フィールド内に入力した名前、メールアドレスが上限に達した場合、超過したユーザーは自動的にフィールドから削除されます。この場合、フィールドの下にメッセージが表示されます。

4.「登録解除」を選択します。フィールドに追加されているユーザーは、すべてのコースとトレーニングプランから受講者登録を解除されます。

LMS365 subscription7.png

注記:Microsoft Entra ID(AzureAD)グループを介してコースやトレーニングプランに受講者登録されたユーザーの登録を解除するには、ユーザーをMicrosoft Entra IDグループから削除する必要があります。
これらのユーザーが含まれている場合、LMS365管理センターに通知が表示されます。
通知内の「詳細」リンクを選択して、ユーザーの登録に使用されたMicrosoft Entra IDグループを確認できます。

 

重要: 

  • 受講者登録を解除されたユーザーの学習情報は、カタログレベルのトレーニングレポート、およびコースレベルのコースレポートから追跡することができます。
  • コース、およびトレーニングプランから受講者登録を解除されたユーザーは、クイズ、コンテンツパッケージ、ラーニングモジュールの受講者詳細や進捗に表示されません。
    この情報が必要な場合は、ユーザーをコースカタログのユーザーに追加し、該当のコースに再登録する必要があります。

レポート

このレポートには、LMS365のすべての受講者と、登録されているコースとトレーニングプラン、および登録形態(Azure ADグループを経由かどうか)が記載されます。レポートは Excelファイルとしてダウンロードされます。

1.グローバル設定>サブスクリプション情報、または カタログ設定>サブスクリプション情報(カタログ管理者はこちらからのみ)に移動します。

2.「ユーザー管理」タブを選択します。

3.「レポートの作成]を選択します。

LMS365 subscription8.png

 

通知

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者、またはLMS365管理者

サブスクリプション関連の通知は、グローバル設定>サブスクリプション情報 で管理します。

ここでは、サブスクリプションの有効期限や、ユーザー数がサブスクリプションの制限を超えた場合に管理者に送信する通知を設定します。

1.グローバル設定>サブスクリプション情報に移動して「通知」タブを選択します。

2.「電子メール通知を送信する」トグルをONにします。

3.各フィールドに必要な値を入力します。

  • 最大ユーザー数の%に達しました:サブスクリプションの使用率を指定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では、50%と99%が設定されています。
  • サブスクリプションの有効期限までの日数:有効期限に到達するまでの日数を設定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では30,14,7,1日が設定されます。
  • サブスクリプションの有効期限からの経過日数:有効期限が切れた後の経過日数を設定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では0,5,10日が設定されています。
  • 宛先:通知を受け取るユーザーを入力します。

4.「保存」ボタンで入力した内容を保存します。

LMS365 subscription9.png

電子メールは自動的に生成され、次の一般的な情報を通知します。

  • サブスクリプション期限切れの理由
  • 必要なアクション
  • テナント・ドメイン
  • サブスクリプションのアクティベーションキー
  • 現在のユーザー数
  • 最大ユーザー数
  • 有効期限

LMS 365モバイルアプリのサブスクリプション

フリーミアムを含むサブスクリプションプランには、LMS365の基本機能として、iOS、およびAndroid 用の LMS365モバイルアプリ が含まれています。
LMSS365モバイルアプリ は別途のサブスクリプションは必要ありません。

社内外のユーザーは、App store、または Google Play から LMS365モバイルアプリをダウンロードし、各自のアカウントでログインして、モバイルデバイスからトレーニングポータルにアクセスすることができます。

LMS365モバイルアプリを利用するには、LMS365サブスクリプションが有効であることが前提となります。
サブスクリプションの有効期限が切れている場合、LMS365モバイルアプリはログインエラーとなり、サブスクリプションが有効でないことを表示します。

ご購入の LMS365サブスクリプションプランに、「オフラインでのモバイル同期」オプションが含まれている場合は、ユーザーはモバイルアプリでコースをダウンロードすることができます。

重要:「オフラインでのモバイル同期」はオプションとなります。このオプションを購入されていない場合、ユーザーはコースをダウンロードすることはできません。