LMS365 サブスクリプションの管理と設定

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 の使用を開始する前に、サブスクリプションを有効にする必要があります。

ここでは、LMS365 サブスクリプションの有効化と管理方法について説明します。

 

サブスクリプション キーの有効化

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者

LMS365 がインストールされると、「会社情報」ページが表示されます。ここで、必要な情報を入力し、該当するサブスクリプションを有効にしてください。開始する前に、アクティベーション キーが記載された LMS365 ウェルカム メールが必要となります。

ご入力いただいた情報は、 LMS365 ソリューションについてお客様に連絡する必要がある場合に使用されます。

1.「会社情報」ページで、必要な情報を入力します。

  • 団体名:組織の名前を入力します。
  • 氏、名、電話番号、Eメール:ご担当者の情報を入力します。

2.「LMS365 サブスクリプション利用規約に同意します」チェックボックスを選択します。このチェックボックスを選択しない場合、「LMS365 を有効にする」ボタンは無効なままとなり、先へ進むことができません。

3.「サブスクリプション タイプを選択」で、「LMS365 サブスクリプション アクティブ化キーを使用」を選択します。Azure Marketplace を通じて LMS365 をインストールした場合、「サブスクリプション タイプを選択」セクションはグレーアウトしています。この場合、ステップ 5 に進んでください。

4.下部のフィールドに、有効なアクティベーション キーを入力します。

5.「LMS365 を有効にする」を選択します。

LMS365 subscription1.png

 

LMS365 を有効にすると、「コースカタログ管理」ページにリダイレクトされ、コース カタログを作成することができます。 コース カタログとは、コースやトレーニング プランを作成し、それらを組織のユーザーに公開する場所です。

 

フリーミアム サブスクリプション プランの有効化

LMS365 がインストールされると、「会社情報」ページが表示されます。ここで、必要な情報を入力し、該当するサブスクリプションを有効にしてください。

ご入力いただいた情報は、LMS365 サブスクリプションについてお客様に連絡する必要がある場合に使用されます。

フリーミアム サブスクリプション プランを有効にするには:

1.「会社情報」ページで、必要な情報を入力します。

  • 団体名:組織の名前を入力します。
  • 氏、名、電話番号、Eメール:ご担当者の情報を入力します。

2.「LMS365 サブスクリプション利用規約に同意します」チェックボックスを選択します。このチェックボックスを選択しない場合、「LMS365 を有効にする」ボタンは無効なままとなり、先へ進むことができません。

3.「サブスクリプション タイプを選択」で、「使用制限付き LMS365 Freemium サブスクリプション プランを使用」を選択します。

4.「LMS365 を有効にする」を選択します。

LMS365 subscription2.png

 

LMS365 を有効にすると、「コース カタログ管理」ページにリダイレクトされ、コース カタログの作成を開始することができます。 コース カタログとは、コースやトレーニング プランを作成し、それらを組織のユーザーに公開する場所です。

 

サブスクリプション情報ページ

サブスクリプション情報へのアクセスと管理は、ユーザーに割り当てられた権限によって異なります。

  • Microsoft 365 グローバル管理者LMS 管理者は、次の場所からサブスクリプション情報を閲覧、管理することができます。

    a) グローバル設定>サブスクリプション情報
    b) LMS365 管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報 (カタログ レベル)

  • カタログ管理者 (読み取り専用権限) は、LMS365 管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報 で、カタログ レベルのサブスクリプション情報を閲覧できます。

「サブスクリプション情報」ページは、次のセクションに分かれています。

  • サブスクリプション プラン
  • 会社情報
  • ユーザー管理
  • 通知:このセクションは、Microsoft 365 グローバル管理者と LMS 管理者のグローバル設定からのみ表示されます。

表示される情報は、グローバル設定からアクセスするか、LMS365 管理センターの「カタログ設定」からアクセスするかで、若干異なります。

LMS365 subscription3.png

 

サブスクリプション プラン

「サブスクリプション プラン」セクションには、「サブスクリプション」、「サービス」、「ユーザー」の 3つのブロックがあります。

「サブスクリプション」では、次の詳細を確認できます。

  • 開始日:サブスクリプションプランの開始日。
  • 終了日:サブスクリプションプランの終了日。

「サービス」では、サブスクリプション プランに含まれるサービスに緑色のチェックマークが付いています。ご契約のプランに含まれていないサービスには、灰色の✖マークが付いています。

「ユーザー」では、現在のユーザー数と、ご契約のプランで使用できる最大ユーザー数を確認できます。

  • 現在のユーザー数:LMS365 サブスクリプションを現在使用しているユーザー数が表示されます。
  • 最大使用可能数:ご契約のサブスクリプション プランで使用できる最大ユーザー数が表示されます。最大ユーザー数を超えた場合、すべてのコースとトレーニング プランからユーザーの登録を解除して、使用数を制限内に収めることができます。

 

重要!  

  • 受講者 ( つまり、現在 1 つ以上のコースに登録されているユーザー) のみがユーザー数にカウントされます。管理者はユーザー数に含まれません。
  • Microsoft Entra ID (Azure Active Directory) で削除または無効となっているユーザーは、現在のユーザー数にカウントされません。
  • 最大使用可能数に達した場合、またはサブスクリプションの有効期限が切れた場合、14 日間の猶予期間があります。この期間中、LMS365 が停止することはありませんが、LMS365 管理センターにバナー メッセージが表示されます。
  • 14 日間の猶予期間中、ユーザーは通常どおり LMS365 を使用することができます。この期間に適切な処理が行われなかった場合、14日後、ユーザーは LMS365 にアクセスできなくなります。アクセスしようとすると、エラーが表示されます。

 

会社情報

「会社情報」セクションには、お客様に関する一般的な情報が表示されます。

  • 団体名:必須フィールド。組織の名前。更新して変更を保存することができます。
  • 組織の国:オプション フィールド。組織の所在国。更新して変更を保存することができます。
  • 組織の州:オプション フィールド。組織の国の州。このフィールドは、選択した国に州がある場合に表示されます。州が選択されていない場合、フィールドには「州を選択」が表示されます。更新して変更を保存することができます。

「プライマリ連絡先」には、組織の主要連絡先として設定されている担当者の情報が表示されます。「氏」、「名」、「電話番号」、「Eメール」フィールドに、組織の LMS365 担当者の主要連絡先が表示されます。

「有効なライセンス キーを入力してください」フィールド内のサブスクリプション ライセンス キーに緑色のチェックマークが付いている場合、そのサブスクリプションは有効です。

LMS365 subscription4.png

 

「会社情報」セクションで、LMS 管理者は、LMS365 から重要なビジネス情報、重要な技術情報、更新やアップグレードに関連する情報をそれぞれ受け取る担当者の連絡先を管理することができます。連絡先は、たとえば組織内のロールが変更された場合など、いつでも更新することができます。連絡先を追加、管理するには、「連絡先の管理」オプションを使用します。

「連絡先の管理」を選択すると、「連絡先の管理」パネルが開きます。ここで、新しい連絡先の追加や、リスト表示された既存の連絡先の編集、削除を行うことができます。

LMS365 subscription5.png

 

組織の連絡先リスト

組織が登録したすべての連絡先は、追加された順番でパネルの上部に表示され、次の各列に情報が表示されます。

  • 姓:担当者の姓が表示されます。
  • 名前:担当者の名前が表示されます。
  • 電話:担当者の電話番号が表示されます。
  • Eメール:担当者のメール アドレスが表示されます。
  • タイプ:担当者の連絡先タイプが表示されます。
  • 削除オプション:連絡先を削除することができます。このオプションは、主要連絡先では無効です。

LMS365 subscription5.png

 

組織の連絡先を追加するには:

1.組織の連絡先として追加するユーザーの情報をフィールドに入力します。

  • タイプ:このフィールドは必須です。ドロップダウン リストから連絡先のタイプを選択します。「LMS365 管理者」 (更新とアップグレードに関する情報)、「技術」  (重要な技術情報)、「ビジネス」 (重要なビジネス情報) から選択します。既定では、「LMS365 管理者」ロールが選択されています。
  • 氏:このフィールドは必須です。担当者の氏を入力します。
  • 名:このフィールドは必須です。担当者の名を入力します。
  • 電話番号:このフィールドは必須です。担当者の電話番号を入力します。
  • Eメール:このフィールドは必須です。担当者のメール アドレスを入力します。
  • 連絡先の国:このフィールドは必須です。担当者の所在国を選択します。選択した国に州がある場合は、州のドロップダウン メニューが表示されます。
  • 連絡先の州:このフィールドは、選択した国に州がある場合に表示され、必須となります。担当者の該当する州を選択してください。選択した国に州がない場合、州のドロップダウン メニューは表示されません。

2.「主要連絡先にする」をオンにすると、この連絡先が代表の連絡先となり、グローバル設定とカタログ設定の「サブスクリプション情報」の「会社情報」ページに表示されます。

連絡先は最大 30 件登録できます。主要連絡先として設定できるのはそのうちの 1 つです。「主要連絡先にする」をオンにすると、以前の連絡先の「主要連絡先にする」トグルは自動的にオフとなります。

既定では、LMS365 をインストールした際に入力した連絡先が主要連絡先に設定されます。

3.「連絡先を追加」を選択して変更を保存します。

LMS365 subscription6.png

 

「連絡先の管理」パネルの上部に連絡先が追加されます。連絡先は、追加された順番で表示されます。

 

組織の連絡先を編集するには:

1.組織の連絡先リストから、編集する連絡先を選択します。パネルのフィールドに、選択した連絡先の情報が表示されます。

2.該当するフィールドに変更を加え、必要に応じて「主要連絡先にする」トグルを設定します。

連絡先は最大 30 件登録できます。主要連絡先として設定できるのはそのうちの 1 つです。「主要連絡先にする」をオンにすると、以前の連絡先の「主要連絡先にする」トグルは自動的にオフとなります。

3.「更新」を選択して変更を保存します。「キャンセル」を選択すると、保存せずに「連絡先の管理」を閉じます。

 

組織の連絡先を削除するには:

1.組織の連絡先リストから、削除する連絡先を選択します。パネルのフィールドに、選択した連絡先の情報が表示されます。

2.連絡先の横にある削除アイコンを選択します。このオプションは、主要連絡先として設定されている連絡先では無効です。

3.削除の確認メッセージが表示されます。「OK」を選択すると、組織の連絡先リストからその連絡先が削除されます。

 

ユーザー管理

「ユーザー管理」セクションで使用できる操作は、「サブスクリプション情報」ページにどこからアクセスしたか (グローバル設定、またはカタログ レベルの「カタログ設定」) によって異なります。

Microsoft 365 グローバル管理者と LMS 管理者は、グローバル設定の「ユーザー管理」セクションから次のことが行えます。

  • すべてのコースとトレーニング プランからユーザーの受講者登録を解除して、現在 LMS365 サブスクリプション ライセンスを使用しているユーザーの数を管理できます。
  • 「カタログ設定」を通じてアクセスした「ユーザー管理」セクションから、LMS365 内のすべての受講者、登録されているコースとトレーニング プラン、登録形態 (Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ経由かどうか) の情報を示すレポートを作成することができます。レポートは Excel ファイルとしてデバイスにダウンロードできます。

LMS365 サブスクリプションは、コースに登録された受講者に自動的に割り当てられます。 つまり、コースに登録されているすべての受講者がサブスクリプションの「現在のユーザー数」にカウントされます。

LMS365 サブスクリプションが割り当てられたユーザーを、すべてのコースとトレーニング プランの受講者登録から解除することで、LMS365 サブスクリプションの現在の使用数を減らすことができます。また、サブスクリプションで現在カウントされているすべての受講者のリストを含むレポートを作成することもできます。

 

LMS365 のすべてのコースとトレーニング プランから受講者登録を解除するには:

この操作は元に戻すことができません。

1.LMS365 管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報 に移動します。

2.「ユーザー管理」セクションを選択します。

3.LMS365 のすべてのコースとトレーニング プランから受講者登録を解除するユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

名前またはメール アドレスが上限に達した場合、超過した受講者は削除され、フィールドの下にメッセージが表示されます。

LMS365 subscription7.png

 

注記:

Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループを通じてコースまたはトレーニング プランに登録された受講者の登録を解除するには、その受講者を該当する Microsoft Entra グループから削除する必要があります。

このような受講者の登録を「ユーザー管理」セクションから解除しようとすると、操作を完了できない旨の通知が表示されます。通知内の「詳細」リンクを選択すると、ユーザーの登録に使用された Microsoft Entra グループを確認できます。

 

4.「登録を取り消す」を選択すると、すべてのコースとトレーニング プランから、選択した受講者の登録が解除されます。

 

重要!  

ユーザーの学習進捗統計は、カタログ レベルのトレーニング レポート、およびコース レベルの学習項目レポートで確認することができます。

コースやトレーニング プランから受講者登録が解除されると、管理者は受講者のクイズの試行、コンテンツ パッケージ、ラーニング モジュールに関する詳細や進捗を確認できなくなります。この情報を表示するには、受講者をコース カタログに追加し、該当するトレーニングに再登録する必要があります。

 

LMS365 の受講者に関するレポートを作成する:

このレポートには、LMS365 内のすべての受講者、登録されているコースとトレーニング プラン、登録形態 (Microsoft Entra (Azure Active Directory) グループ経由かどうか) が記載されます。レポートは Excel ファイルとしてデバイスにダウンロードできます。

1.グローバル設定>サブスクリプション情報 (Microsoft 365 グローバル管理者と LMS 管理者の場合)、または LMS365 管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報 (カタログ管理者の場合) に移動します。

2.「ユーザー管理」セクションを選択します。

3.「レポートの作成」を選択します。

LMS365 subscription8.png

 

通知

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者または LMS 管理者

サブスクリプション関連の通知は、グローバル設定>サブスクリプション情報 で管理します。

「通知」セクションでは、サブスクリプションの有効期限や、ユーザー数がサブスクリプションの制限を超えた場合に管理者に送信する通知を設定することができます。

1.グローバル設定>サブスクリプション情報 に移動します。

2.「通知」セクションを選択します。

3.「電子メール通知を送信する」トグルをオンにします。

4.LMS365 メール通知の送信のタイミングを定義するために、該当するフィールドを入力します。

  • 最大ユーザー数の%に達しました:サブスクリプションの使用率を指定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では、50% と 99% が設定されています。
  • サブスクリプションの有効期限までの日数:サブスクリプションの有効期限が切れるまでの日数を指定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では、30, 14, 7, 1 日が設定されています。
  • サブスクリプションの有効期限からの経過日数:有効期限が切れた後の経過日数を指定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では、0, 5, 10 日が設定されています。

5.「宛先」フィールドに、通知を受け取るユーザーを入力します。名前またはメール アドレスが上限に達した場合、超過したユーザーは削除され、フィールドの下にメッセージが表示されます。

6.「保存」を選択します。

LMS365 subscription9.png

 

通知メールは自動的に生成され、次の一般的な情報が記載されます。

  • サブスクリプション期限切れの理由
  • 必要なアクション
  • テナント ドメイン
  • サブサブスクリプションのアクティベーション キー
  • 現在のユーザー数
  • 最大ユーザー数
  • 有効期限

 

LMS 365 モバイル アプリのサブスクリプション

LMS365 をサブスクリプション プラン (フリーミアムを含む) でご利用の場合、LMS365 プラットフォームの機能として、iOS および Android 用の LMS365 モバイル アプリ が含まれています。

LMSS365 モバイル アプリを利用するために別途のサブスクリプションは必要ありません。社内外のユーザーは、App store、または Google Play から LMS365 モバイル アプリをダウンロードし、各自のアカウントでログインして、モバイル デバイスからトレーニング ポータルにアクセスすることができます。

LMS365 モバイル アプリを利用するには、LMS365 サブスクリプションが有効であることが前提となります。サブスクリプションの有効期限が切れている場合、LMS365 モバイル アプリはログイン エラーとなり、サブスクリプションが有効でないというメッセージが表示されます。

ご購入の LMS365 サブスクリプション プランに、「オフラインでのモバイル同期」オプションが含まれている場合は、ユーザーはモバイルアプリでコースをダウンロードすることができます。

 

重要!  

「オフラインでのモバイル同期」はオプションとなります。このオプションを購入されていない場合、ユーザーはコースをダウンロードしてオフラインで受講することはできません。