LMS365 サブスクリプションの設定と管理

  • 更新

LMS365 の使用を開始する前に、サブスクリプションを有効にする必要があります。

ここでは、LMS365サブスクリプションを有効にする方法と、サブスクリプションの管理についてご説明します。

サブスクリプションを有効にする

LMS365 がインストールされるとサブスクリプション情報の「会社情報」ページが表示され、必要な情報を入力し、サブスクリプションを有効にすることができます。

LMS365 は、お客様の組織に LMS365 サブスクリプションに関する情報を提供する場合、これらの情報を使用します。

1.会社情報ページで、必要な情報を入力します。

団体名:組織の名前を入力します。

姓、名、電話番号、電子メール:ご担当者の情報を入力します。

2.「LMS365サブスクリプション利用規約に同意します」チェックボックスを選択します。
これを選択しない場合、「LMS365を有効にする」ボタンは使用できません。

3.「LMS365 サブスクリプションアクティブ化キーを使用する」を選択します。

4.フィールドに、有効なライセンスキーを入力します。

5.「LMS365を有効にする」ボタンを選択します。

capture1.png

すべてが完了したら、コースカタログ管理ページに移動し、コースカタログを作成することから始めます。
コースカタログは、コースやトレーニングプランを作成し、ユーザーにそれらを提供するためのものです。

フリーミアムサブスクリプション

LMS365 がインストールされるとサブスクリプション情報の「会社情報」ページが表示され、必要な情報を入力し、フリーミアムを有効にすることができます。

LMS365 は、お客様の組織に LMS365 サブスクリプションに関する情報を提供する場合、これらの情報を使用します。

フリーミアムを有効にするには、

1.会社情報ページで、必要な情報を入力します。

団体名:組織の名前を入力します。

姓、名、電話番号、電子メール:ご担当者の情報を入力します。

2.「LMS365サブスクリプション利用規約に同意します」チェックボックスを選択します。
これを選択しない場合、「LMS365を有効にする」ボタンは使用できません。

3.「使用制限付きLMS365Freemiumサブスクリプションプランを使用」を選択します。

4.「LMS365を有効にする」ボタンを選択します。

capture2.png

すべてが完了したら、コースカタログ管理ページに移動し、コースカタログを作成することから始めます。
コースカタログは、コースやトレーニングプランを作成し、ユーザーにそれらを提供するためのものです。

サブスクリプション情報

サブスクリプション情報へのアクセスと管理は、権限に応じて異なります。

Microsoft 365 グローバル管理者、LMS365管理者は、以下からサブスクリプション情報を閲覧、管理することができます。

● グローバル設定>サブスクリプション情報

● LMS365管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報

コースカタログ管理者は、LMS365管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報(読み取り専用権限)で、コースカタログレベルのサブスクリプション情報を閲覧できます。

サブスクリプション情報は、次のセクションに分かれています。

  • サブスクリプションプラン
  • 会社情報
  • ユーザー管理
  • 通知:このセクションはグローバル設定からのみ表示されます。

サブスクリプション情報で利用できる情報は、グローバル設定から表示するか、LMS365管理センターのコースカタログ設定から表示するかで、若干異なります。

capture3.png

サブスクリプションプラン

サブスクリプションプランには、以下の情報が表示されます。

開始日:サブスクリプションプランの開始日

終了日:サブスクリプションプランの終了日

サービス:プランに含まれているサービスには、緑色のチェックマークが付いています。現在ご契約のプランに含まれていないサービスは「✕」マークが付いています。

ユーザー:現在のご使用のユーザー数、およびご契約のサブスクリプションで使用できる最大ユーザー数が表示されます。

  • 現在の使用数:現在使用されているユーザー数が表示されます。
  • 最大使用可能数:ご契約のプランで使用できるユーザーの最大値が表示されます。最大値を超えた場合、すべてのコースとトレーニングプランからユーザーの登録を解除して、使用数を制限内に収めることができます。

重要!

コースに登録されている受講者のみが、現在の使用数としてカウントされます。管理者のみのユーザーはカウントされません。

Azure Active Directoryで削除、または無効となっているユーザーは、現在の使用数にカウントされません。

最大使用可能数に達した場合、またはサブスクリプションの有効期限が切れた場合、14日間の猶予期間があります。この期間中、システムが停止することはありませんが、管理画面に警告が表示されます。猶予期間が経過する前に適切な処理を行ってください。

受講者は、14日間の猶予期間中も通常通り使用することができます。この期間に適切な処理が行われていない場合、14日後、受講者がLMS365にアクセスすると、エラーメッセージが表示されます。

会社情報

会社情報には、お客様に関する一般的な情報を表示します。

団体名:サブスクリプションを有効する際に入力された組織の名前

氏、名、姓、電話番号、Eメール:サブスクリプションを有効する際に入力されたご担当者の情報。

ライセンスキーに緑色のチェックマークがついている場合は、サブスクリプションが有効であることを意味します。

capture4.png

ユーザ管理

ユーザー管理で利用できる情報は、アクセスする場所(グローバル設定から、またはコースカタログ>カタログ設定から)で異なります。

Microsoft 365 グローバル 管理者と LMS365 管理者は、グローバル設定から以下の操作を行うことができます。

  • すべてのコースとトレーニングプランからユーザーの登録を解除して、現在の使用数を管理できます。
  • Excelレポートを出力して、LMS内のすべての受講者、登録されているコース、および自己登録かADグループ経由登録かを確認することができます。

コースカタログ>カタログ設定からアクセスした場合は、Excelレポートの出力のみ行うことができます。

LMS365 サブスクリプションは、コースに登録された受講者に自動的に割り当てられます。つまり、コースに登録されているすべてのユーザーは、現在の使用数としてカウントされます。
LMS365サブスクリプションを有効にした後、現在の使用数を減らすには、すべてのコースとトレーニングプランから、ユーザーの登録を解除します。また、現在の使用数にカウントされているすべてのユーザーを含むレポートを作成して、使用状況を確認することもできます。

登録解除

LMS365 のすべてのコースとトレーニングプランからユーザーの登録を解除するには、

1.LMS365管理センター>グローバル設定>サブスクリプション情報 に移動します。

2.「ユーザー管理」タブを選択します。フィールドに、登録を解除する受講者の名前を入力します。

フィールド内に入力したメール数が上限に達した場合、超過したアドレスはシステムによって自動的にフィールドから削除されます。この場合、フィールドの下に通知メッセージが表示されます。

capture5.png

Active Directory セキュリティグループを介して登録された受講者を、コースやトレーニングプランから登録解除するには、受講者をAzure AD グループから削除する必要があります。
これらの受講者を登録解除すると、LMS365管理センターに次の通知が表示されます。
通知内の [詳細] リンクをクリックすると、登録の詳細が表示されます。
capture6.png

3.「登録解除」ボタンを選択します。フィールドに追加されている受講者は、登録されているすべてのコースとトレーニングプランから登録を解除されます。

登録解除は、操作を取り消すことはできませんのでご注意ください。

登録解除された受講者の学習進捗情報は、コースカタログレベルのトレーニングレポート、およびコースレベルのコースレポートから追跡することができます。
受講者がコース、およびトレーニングプランから登録解除された場合、管理者はこれらの受講者のクイズ、コンテンツパッケージ、およびラーニングモジュールの受講者詳細、または進捗を表示することができなくなります。
この情報が必要な場合は、登録を解除した受講者をコース・トレーニングプランに再登録する必要があります。コース、トレーニングプラン、またはコースカタログに受講者を登録する方法については、こちらの「ユーザー管理(ユーザーページ)」をご参照ください。

レポート

現在の使用数に関するレポートを作成するには、

1.グローバル設定>サブスクリプション情報(Microsoft 365 グローバル 管理者、 LMS365 管理者)、またはLMS365管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報(コースカタログ管理者)に移動します。

2.「ユーザー管理」タブを選択します。

3.「レポートを作成する]ボタンを選択します。

Excelファイルで作成されたレポートがダウンロードされます。

capture7.png

通知

「通知」タブは、グローバル設定>サブスクリプション情報からのみ利用できます。サブスクリプション関連の通知はここで管理します。

管理者向けに、サブスクリプションの有効期限や、使用数の超過などを通知します。

通知の設定は、以下の手順で行います。

1.グローバル設定>サブスクリプション情報に移動して「通知」タブを選択します。

2.「電子メール通知を送信する」トグルをONにします。

3.各フィールドに必要な値を入力します。

  • 最大ユーザー数の%に達しました:ユーザー数を%で指定すると、その数に達したときに通知を受け取ることができます。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では、50%と99%が設定されています。
  • サブスクリプションの有効期限までの日数:有効期限に到達するまでの日数を設定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では30,14,7,1日が設定されます。
  • サブスクリプションの有効期限からの経過日数:有効期限が切れた後の経過日数を設定します。カンマで区切って複数の値を設定できます。既定では0,5,10日が設定されています。
  • 宛先:通知を受け取るユーザーを入力します。

4.「保存」ボタンで入力した内容を保存します。

capture8.png

電子メールによる通知は、この「通知」で設定された情報に基づいて、自動的に生成されます

通知には、サブスクリプションの有効期限が切れた理由、必要な追加のアクション、テナントドメイン、有効なサブスクリプションキー、現在の使用数、最大使用可能数、有効期限などの一般的な情報が含まれます。

LMS 365モバイルアプリのサブスクリプション

フリーミアムを含むサブスクリプションプランには、LMS365 基本機能の1つとして、iOS、およびAndroid 用の LMS365モバイルアプリ が含まれています。
つまり、LMS365 モバイルアプリ は別途のサブスクリプションは必要ありません。

社内外のユーザーは、App store、または Google Play から LMS365 モバイルアプリをダウンロードし、各自のアカウントでログインして、モバイルデバイスからトレーニングポータルにアクセスすることができます。

ただし、受講者が LMS365 モバイル アプリを利用するためには、LMS365 のサブスクリプションが有効であることが前提です。サブスクリプションの有効期限が切れている場合、ユーザーは LMS365 モバイルアプリにアクセスできず、ログインを行うと、サブスクリプションが有効でないことを通知するエラーが表示されます。

ご購入の LMS365 サブスクリプションプランに、「オフラインでのモバイル同期」オプションが含まれている場合は、受講者はモバイルアプリでコースをダウンロードすることができます。

「オフラインでのモバイル同期」はオプションとなります。このオプションを購入されていない場合、ユーザーはコースをダウンロードすることはできません。