トレーニング管理:概要と機能

  • 更新

トレーニング管理ページでは、選択しているコースカタログのすべてのコースとトレーニングプランの概要を見ることができます。また、これらのコースとトレーニングプランの管理、および新規作成またはインポートなどオプション機能が利用できます。

ここでは、トレーニング管理ページの機能、およびフィルタリングとソートオプションについてご説明します。
また、トレーニング管理ページから、各トレーニングを管理する「コース管理/トレーニングプラン管理」パネルにアクセスして。トレーニングオプションを利用できます。

トレーニング管理ページ

必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

既定では、LMS365 管理センターのトレーニング管理ページが開きます。

ユーザーがカタログ管理者の場合、現在のコースカタログのすべてのコースとトレーニングプランの概要が表示されます。
カタログ管理者は、ページのすべてのオプション機能(トレーニングの作成、インポート、トレーニング管理、フィルタリング/ソート)を利用することができます。

capture1.png

ユーザーがコース管理者として割り当てられている場合、管理するコースとトレーニングプランの概要のみを表示します。
コース管理者は、ページオプション機能の利用が制限されます。

capture2.png

コースとトレーニングプランには、トレーニングのタイプを示すアイコンが表示されます。

  • e-learning_icon.png:eラーニングと Go1からインポートしたコース
  • Instructorlead_icon.png:インストラクター主導型
  • Trainingplan_icon.png:トレーニングプラン

トレーニング管理ページには、以下の情報が表示されます。

名前:トレーニングの名前

_______.pngコースカタログに表示アイコン:トレーニングがコースカタログ(受講者)に表示されているか否かを示します。

この列はソートできます。また、列フィルターもあります。コースやトレーニングプランの表示/非表示は、トレーニング設定パネルの設定セクション「コースカタログに表示」オプションで設定できます。

capture3.png

_______.pngコース(トレーニングプラン)の進捗:このアイコンを選択すると、トレーニングの進捗ダッシュボードが開きます。

capture4.png

受講登録済:トレーニングに登録されている受講者の数を表示します。

完了:トレーニングを完了した受講者の数を表示します。

遅延:期限までにトレーニングを完了していない、または期限が過ぎた後にトレーニングを完了した受講者の数を表示します。

ステータス:トレーニングのステータスを次のように表示します。

  • 公開 ______.png:開始日が到来し、公開されている状態
  • 非公開 _______.png :公開されていない状態
  • 予定 ______.png :公開に設定されているが、開始日に至っていない状態

カテゴリー:トレーニングのカテゴリーを表示します。カテゴリーが設定されていない場合は何も表示されません。この列はソートできます。また、列フィルターもあります。

capture4-2.png

平均評価:受講者から受けたトレーニングのすべての評価(非表示の評価は除く)の平均値を表示します。ここでは非表示の評価は計算に含まれませんが、提供された評価の数には含まれます。

トレーニングを選択すると、「コース管理/トレーニングプラン管理」パネルが表示され、トレーニングの表示・編集・削除・受講者や評価の管理・進捗確認、登録の承認、コース完了セットの管理など、トレーニングを管理するアクションが利用できます。

トレーニング作成

カタログ管理者は「+トレーニング作成」オプションで、コースやトレーニングプランを作成することができます。
作成されたトレーニングは、カタログ管理者とコース管理者によって、トレーニング管理ページから管理されます。

詳細については、以下をご参照ください。

eラーニングコースの管理」「インストラクター主導型コースの管理」「トレーニングプランの管理

Go1 コースのインポート

LMS365 では、Go1 と LMS365 の統合により、Go1 コースを LMS365 にインポートして利用することができます。

LMS365 にインポートされた Go1 コースはeラーニングコースとして扱われ、コース管理パネルから通常と同じ方法で管理できます。

LMS365 と Go1 の統合を設定する方法、および GO1 からコースをインポートする方法については、「LMS365 と Go1 の統合を設定する」をご参照ください。

トレーニングの検索とフィルタリング

トレーニング管理ページにはフィルタリングと並び替えオプションがあります。

並び替え:列名をクリックしてソートができます。(ステータス列は除く)

トレーニングタイプと公開ステータスによるフィルタリング:

フィルターを選択ボタンで既定では、すべてのコースとトレーニングプランが表示されています。(コース管理者の場合、管理するコース/トレーニングプランのみが表示されます。)

capture5.png

すべて選択:多くのパラメーターを選択する場合は、すべてを選択した後、不要なパラメータの選択を解除する方が便利です。フィルターをリセットするには一度「すべて選択」ボックスを選択し、解除します。

トレーニングタイプ:ラーニング、インストラクター主導型、トレーニングプランでフィルタリングすることができます。複数選択できます。

公開ステータス:トレーニングの現在の公開ステータスでフィルタリングすることができます。

  • 公開:公開されているコースとトレーニングプランのみ表示します。
  • 公開:未公開のコースとトレーニングプランのみ表示します。
  • 予定: 公開が予定されているコースとトレーニングプランのみ表示します。開始日が現在より先に設定されているトレーニングです。
  • 公開終了:終了日が現在より前のコースとトレーニングプランのみ表示します。

コースカタログに表示: トレーニングのコースカタログへの表示状態でフィルタリングできます。(すべて、表示、非表示)

capture6.png

カテゴリー:トレーニングに設定されたカテゴリーによるフィルタリングができます。複数のカテゴリーを選択することができます。

capture7.png

検索フィールド:検索ワードを入力してフィルタリングできます。

capture8.png

ウエイトリスト

ウエイトリストは、インストラクター主導型コースでのみ利用することができます。

ウエイトリストアイコン _______icon.png を選択すると、ウエイトリストに登録されているユーザーがいるトレーニングが表示されます。既定では、日付と時間でソートされています。

すべてのトレーニング一覧に戻るには、もう一度「ウエイトリストアイコン」を選択します。

capture9.gif

トレーニング名の横に表示された「まるつき数字」をクリックするか、トレーニングを選択してコース管理パネルの「ウエイトリスト」を選択します。

ウエイトリストパネルが表示され、ウエイトリストのリクエストを管理することができます。

1つのセッションに登録するタイプのコース:

1つのセッションに登録するタイプのウエイトリストパネルでは、以下の情報が表示されます。

セションのドロップダウンリスト:既定値は「すべてのコースセッション」です。コースのすべてのセッションに対する、すべてのリクエストが表示されます。
ドロップダウンリストで、セッションを選択すると、そのセッションのリクエストのみが表示されます。

名前:コースとそのセッションへの登録をリクエストしたユーザの名前が表示されます。

日時:ユーザーのリクエストが送信された日時が表示されます。

コースセッション:ユーザがウエイトリストに登録されているセッションの日時、またはタイトルが表示されます。

capture11.png

リクエストを管理するには:

1.ユーザーを選択すると、利用できるアクションが表示されます。

2.アクションを選択します。

選択したセッションに受講者を登録:選択したセッションにユーザーを登録します。「登録するセッションを選択」でセッションを変更して登録することもできます。

capture10.png

選択したセッションに空席がない場合は、定員数超過を通知するメッセージが表示されます。
「登録する」を選択すると、ユーザーはセッションに登録されます。

capture10-2.png

ウエイトリストから受講者を削除:セッションのウエイトリストからユーザーを削除します。

capture10-3.png

すべてのセッションに登録するタイプのコース:

パネルには次の情報が表示されます。

名前:コースへの登録をリクエストしたユーザの名前が表示されます。

日時:リクエストが送信された日付と時間

リクエストを管理するには:

1.ユーザーを選択すると、利用できるアクションが表示されます。

2.アクションを選択します。

コースに受講者を登録:選択したユーザーを、コースとコースの利用可能なすべてのセッションに登録します。
選択したコースに空席がない場合は、定員数超過を通知するメッセージが表示されます。
「登録する」を選択すると、コースとコースの利用可能なすべてのセッションに登録されます。

ウエイトリストから受講者を削除:コースのウエイトリストからユーザーを削除します。

capture10-4.png

複数のセッションを選択するタイプのコース:

パネルには次の情報が表示されます。

名前:セッションへの登録をリクエストしたユーザの名前が表示されます。

日時:ユーザーのリクエストが送信された日時が表示されます。

ースセッション:ユーザーがウエイトリストに登録されているセションの数が表示されます。

capture10-5.png

「セッションリスト」リンクを選択すると、セッションの詳細を確認できます。

capture10-7.png

リクエストを管理するには:

1.ユーザーを選択すると、利用できるアクションが表示されます。

2.アクションを選択します。

コースに受講者を登録する:選択したユーザーを、コースとコースの利用可能なすべてのセッションに登録します。
選択したセッションに空席がない場合は、定員数超過を通知するメッセージが表示されます。
「登録する」を選択すると、コースとコースの利用可能なすべてのセッションに登録されます。

ウエイトリストから受講者を削除:コースのウエイトリストからユーザーを削除します。このアクションでは、ユーザーは現在受講しているコースのすべてのセッションのウエイトリストからユーザを削除します。

capture10-6.png

セッションのリクエスト

セッションのリクエストは、インストラクター主導型コースでのみ利用することができます。

セッションのリクエストアイコン _________.png を選択すると、セッションのリクエストがあるトレーニングを表示します。

すべてのトレーニング一覧に戻るには、もう一度「セッションのリクエストアイコン」を選択します。

capture12.gif

セッションのリクエストを管理するには

1.トレーニング名の横に表示された「まるつき数字」を選択するか、コースを選択してコース管理パネルの「セッションのリクエスト」を選択します。

2.セッションのリクエストパネルが開き、以下の情報が表示されます。

名前:リクエストを送信したユーザーの名前

日時:リクエストが送信された日付と時刻

メッセージ:受講者からのメッセージ

capture13-1.png

3.リクエストを選択すると、利用できるアクションが表示されます。列名「名前」を選択すると、すべてのリクエストを一度に選択できます。

メッセージの送信:ユーザーへのメール送信については、「インストラクター主導型コースの管理」で詳しくご説明しています。

セッションのリクエストを削除:選択したユーザーのリクエストを削除します。この操作は元に戻すことができません。

capture13.png

承認待ち

「承認待ち」 を選択すると登録申請が保留中になっているトレーニングを表示します。保留中の申請がある場合、トレーニング名の横に _____.pngアイコンが表示されます。

すべてのトレーニング一覧に戻るには、もう一度「承認待ち」を選択します。

capture14.gif

ユーザーからの受講申請を確認するには、該当のトレーニングを選択して管理パネルの「受講承認」にを選択します。受講承認パネルが開き、受講申請を管理することができます。

承認待ちの申請の承認・却下については「LMS365の承認フローの種類」で詳しくご説明しています。

トレーニングプロビジョニング

トレーニングプロビジョニングは、現在プロビジョニングプロセス中のコースとトレーニングプランのみを表示します。これらのコースとトレーニングプランには、回転ホイールのアイコンが表示されています。

トレーニングプロビジョニングビューは、プロビジョニング中のコースやトレーニングプランが無くなると自動的に閉じられ、トレーニングの一覧が表示されます。

もう一度「トレーニングプロビジョニング」を選択して、すべてのトレーニング一覧に戻ることもできます。

トレーニング名の横の回転ホイールを選択すると、現在の状態、開始日、現在作業、進捗率などのプロビジョニング情報が表示されます。

capture16.gif

管理パネル

カタログ管理者およびコース管理者は、トレーニング管理ページでコースとトレーニングプランを管理することができます。

これを行うには、関連するコースまたはトレーニングプランを選択し、コース管理パネルおよびトレーニングプラン管理パネルを開き、管理アクションおよびオプションを選択します。

コース管理パネルの詳細については、以下をご参照ください。

トレーニングプラン管理パネルの詳細については「トレーニングプランの管理」をご参照ください。