トレーニングにアクセスするには

  • 更新

1.受講者の学習へのアクセス

LMS365は学習へのさまざまなアクセスポイントを持っています。すべてのアクセスポイントには、Microsoft SharePointとWebページ、Microsoft Teams、およびLMS365モバイルアプリの両方からアクセスできます。

これらのアクセスポイントには、 「トレーニングダッシュボード」「コースカタログ」「コースホームページ」「トレーニングプランホームページ」があります。これらはすべて、受講者がLMS365のトレーニングにアクセスした際に表示されるインタフェースです。

2.ホームページについて

すべてのコースカタログには、ホームページがあります。新しいコースカタログ(SharePointサイト)を作成すると、このページが既定値となります。このページでは、新しいトレーニングや、組織内のトレーニングに関連するニュースやストーリーを紹介することができます。

受講者はこのページに設定された、トレーニング、トレーニングダッシュボード、またはコースカタログへと移動することができます。

capture1.png

3.トレーニングダッシュボード

トレーニングダッシュボードでは、ユーザーは左側にあるナビゲーションから自分が登録しているトレーニングの概要、トレーニングの進捗状況、受講履歴を見ることができます。ライン管理者は、自分のチームや個々のチームメンバーの進捗状況を確認できます。

管理者は、ナビゲーションメニューの表示を制御することができます。

capture2.png

ダッシュボードの左のナビゲーションメニューでは、ユーザーはさまざまなセクションに移動して、トレーニングに関する詳細情報を見つけることができます。

capture3.png

概要:ユーザーの進捗状況をまとめ、トレーニング活動に関する詳細情報をチャートで表示します。ライン管理者は、このセクションでチームのトレーニング状況の概要を把握することができます。

トレーニング:ユーザーが登録しているトレーニングが表示されます。

認定証とスキル:ユーザーが取得した認定証とスキルの概要とそのステータスが表示されます。

受講履歴:ユーザーは、トレーニング、認定証、およびコンピテンシーに関する個人の履歴を確認することができます。

CEU:ユーザーが取得したCEUと予定されているCEUの概要が表示されます。

ランキング:CEUの獲得数、トレーニングの完了数、および認定証の取得数の合計に基づいて、テナント全体の受講者のランキングが表示されます。

ライン管理者ダッシュボード:このメニューはライン管理者のみに表示されます。このセクションでは、ライン管理者が部下のトレーニング活動を追跡し、管理することができます。

個人設定:Microsoft Teams で LMS365 の通知を受け取る場合、設定を有効にします。

設定:コース管理者のみに表示されます。このセクションでは、左ナビゲーションに表示するメニューを制御することができます。

トレーニングダッシュボードの詳細は「トレーニングダッシュボード」をご覧ください。

4.コースカタログ

コースカタログでは、コースカタログに掲載されているすべての公開されたコースとトレーニングプランの概要を確認することができます。1つの組織で複数のコースカタログを持つことができます。

コースカタログは、利用可能なトレーニングの概要を知りたい受講者にとっては最適なページです。

コースカタログには2つのビュー(カードビューとリストビュー)があります。「セレクタスイッチ」オプションが有効になっている場合、受講者はビューを切り替えることができます。

コースカタログの設定で「コースランキング上位」オプションを有効にすると、人気の高いコース・トレーニングプランがハイライト表示されます。

capture4.gif

限定公開がオプションが有効になっている場合、ユーザーがアクセスできないトレーニングはコースカタログに表示されません。コースカタログ管理者には、コースカタログ内のすべてのトレーニングが表示されます。

カードエリアまたはリストエリアをクリックすると、コースまたはトレーニングプランの詳細情報を見ることができます。

capture5.gif

吹き出しの詳細では、タブを切り替えて、トレーニングに含まれるラーニングモジュールや、セッション(インストラクター主導型コース場合)の情報、トレーニングの説明を見ることができます。

「コースを閲覧・トレーニングプラン閲覧」ボタンをクリックすると、コース・トレーニングプランのホームページに移動します。

capture6.png

フィルターが有効の場合、受講者はカテゴリー、トレーニングタイプ、セッション開催日、セッションタイプ、およびスキルで、コースとトレーニングプランをフィルタリングできます。設定したフィルタリングに該当するコース・トレーニングプランの数は、各項目の括弧内に表示されます。

必要な条件のチェックボックスを選択すると、フィルタリングが実行されます。

capture7.gif

「セッション開催日」フィルターでは、コースセッションの開始日と終了日を指定します。セッションの開始日と終了日が、指定された期間内に該当するコース・トレーニングプランが表示されます。

どのコースにも有効なコースセッションがない場合、このフィルタは非表示になります。eラーニングタイプのコースでは利用できません。

capture8.png

「セッションタイプ」フィルターでは、物理的な場所(オンサイト)またはオンライン会議(バーチャル)でフィルタリングすることができます。セッションにはオンサイトとバーチャルの両方を設定することができるため、同時に2つを選択することができます。

capture9.png

「スキル」フィルターを使用すると、受講が完了するとスキルが付与されるコースやトレーニングプランを表示することができます。

capture10.png

「コースカタログの検索」フィールドでは、関連するワードによる検索ができます。

capture11.png

5.コースのホームページ

多くの場合、受講者は「コースのホームページ」から学習を開始します。例えば、上司がユーザーをコースの受講者に登録した場合、メールやMicrosoft Teamsで受け取った「コース登録」通知にあるリンクをクリックすると、コースホームページが表示され、トレーニングを開始することができます。

コースホームページでは、コースの説明、ラーニングモジュール、セッションなど、すべてのコース情報を見ることができます。

capture12.png

コース説明:コース作成時に指定された長いコース説明 (長い説明が指定されていない場合は短い説明)。

コース情報:カテゴリ、タイプ、期間、ID などコースに関連する情報と、連絡先担当者が表示されます。連絡先担当者をクリックしてメッセージを送信することができます。

セッション:コースのセッションに関する情報を表示します(インストラクター主導型タイプのみ)。

セッションの登録タイプが「受講者を個別に各セッションに登録する」の場合、受講者は必要なセッションを選択して登録することができます。その後、このセッションに関する情報のみがコースホームページに表示されます。

capture13.png

セッションを選択すると、「このコースを受講する」 ボタンがクリックできます。

セッションの登録タイプが「受講者を一括して全てのセッションに登録する」のコースでは、すべてのセッションの情報が表示されます。「他のセッションを表示」をクリックするとすべてのコースセッションを表示します。

capture14.png

コースに有効なセッションがないときは、セッション情報のかわりに現在利用可能なセッションがないことを通知するメッセージが表示されます。新しいセッションについては、コース管理者に問い合わせてください。

capture15.png

学習の進捗:コースの受講者の進行状況と登録日が表示されます。
受講者がコースを完了すると「完了」ステータスと、コースの登録日および完了日が表示されます。

capture16.png   

このコースのトレーニングプラン:コースがトレーニングプランに使用されている場合、このコースが含まれているトレーニングプランを表示します。

capture17.png

コンテンツ:コースに含まれる学習項目が表示されます。

capture18.png

コースにアイテムが追加されていない場合、コンテンツセクションには次のメッセージが表示されます。

capture19.png

コースが公開されていない場合、受講者はコンテンツを見ることができません。

capture20.png

コンテンツブロックにはコースにあるラーニングモジュールが表示されます。展開ボタンをクリックすると学習項目の目次が表示されます

capture21.png

受講者は開始ボタンをクリックして、学習を開始することができます。

capture22.png

認定証:コース完了時に認定証が付与される場合はその情報が表示されます。

capture23.png

受講者に認定証が付与されている場合、ここから認定証をダウンロードすることができます。

認定証のアイコンはステータスによって以下のように表示の色が変わります。

グレー:付与が予定されています。

緑:認定証は有効です。

黄色:認定証の有効期限が迫っています。

赤:認定証の有効期限は切れています。

認定証の有効期限が切れた(もしくは、期限が迫っている)場合、また、コース管理者が 「任意再受講」 オプションを有効にしている場合、受講者はコースを再受講することができます。

スキル:コースを完了するとスキルが付与される場合はその情報が表示されます。

このセクションには、スキルのタイトル、スキルのレベル、ステータス(予定、有効、失効)と付与日・失効日(期限が設定されている場合)が表示されます。

capture24.png

スキルのアイコンは、ステータスによって以下のように表示の色が変わります。

グレー:付与が予定されています。

緑:スキルは有効です。

赤:スキルの失効日が迫っているか、または既に失効しています。

6.トレーニングプランのホームページ

トレーニングプランホームページは基本的にコースホームページと同じです。受講者は、トレーニングプランに登録した後、トレーニングプランのホームページから学習を開始します。メールやMicrosoft Teamsで受け取った「トレーニングプラン登録」通知にあるリンクをクリックすると、トレーニングプランホームページが表示され、受講を開始することができます。

トレーニングプランのホームページでは、トレーニングプランの説明やトレーニングプランに含まれるコースなど、トレーニングプランに関するすべての情報を見ることができます。

capture25.png

トレーニングプランの説明:トレーニングプランの詳細説明が表示されます。(詳細説明が空の場合は概要説明が表示されます。)

情報:カテゴリー、タイプ、学習時間、トレーニングプランID、CEU、期日などのトレーニングプランの関連情報が表示されます。

学習の進捗:受講者のトレーニングプランの進捗と登録日を表示します。

トレーニングプランコース:このトレーニングプランに含まれているコースとコースタイプ、ステータスを表示します。

  • 未開始:コースの受講を開始していません。
  • 受講中:コースの受講を開始し継続している状態。
  • 完了:コースを受講し完了しています。
  • 失敗:不合格、または完了するための試行回数がなくなった状態

ユーザーが登録されていないコース、先行のコースが完了するまで受講できないコース、またコースがまだ公開されていないコースはロックされています。

capture27.png

capture26.png

トレーニングプランの公開が終了した、または未公開の場合、トレーニングプランコースは表示されません。

capture28.png

受講登録が完了すると、トレーニングプランのコンテンツを受講することができます。受講中、トレーニングプランのコースを移動することができます。

capture29.gif

受講者がトレーニングプランを完了すると、トレーニングプランホームページの学習の進捗セクションに「完了」ステータスと、登録日と完了日が表示されます。

capture30.png

受講者に認定証が付与されている場合、ここから認定証をダウンロードすることができます。

認定証のアイコンはステータスによって以下のように表示の色が変わります。

グレー:付与が予定されています。

緑:認定証は有効です。

黄色:認定証の有効期限が迫っています。

赤:認定証の有効期限は切れています。

認定証の有効期限が切れた(もしくは、期限が迫っている)場合、また、トレーニングプラン管理者が 「任意再受講」 オプションを有効にしている場合、受講者はコースを再受講することができます。

capture31.png

スキル: トレーニングプラン完了するとスキルが付与される場合は、その情報が表示されます。

このセクションには、スキルのタイトル、スキルのレベル、ステータス(予定、有効、失効)と付与日・失効日(期限が設定されている場合)が表示されます。

capture32.png

スキルのアイコンは、ステータスによって以下のように表示の色が変わります。

グレー:付与が予定されています。

緑:コンピテンシーは有効です。

赤:コンピテンシーの失効期日が迫っているか、または既に失効しています。