LMS365のソリューション

  • 更新

目次


LMS365とは

LMS365は、組織や社外のユーザーを対象に、魅力的で目的に合ったトレーニングを提供する Microsoft 365 対応の学習管理システムです。

LMS365は、以下の機能を備えています。

  • トレーニングを掲載するカタログを複数作成できます。
  • オンラインや特定の場所での講師によるセミナーの開催と、ビデオやテキストなどの教材学習を組み合わせたトレーニングを作成できます。
  • 教材にコンテンツパッケージを追加できます。
  • ラーニングモジュールでコースの学習を構成できます。
  • 学習に、課題やテスト(クイズ)を含めることができます。
  • コースやトレーニングプランを完了した受講者に、認定証を付与することができます。
  • コースの完了のトラッキングや、コンプライアンスに対応した有効期限を設定できます。
  • スマートフォンや Microsoft Teams からの受講ができます。
  • Microsoft 365とのネイティブな統合の利点をいかし、Microsoftの Power Platformでフローの自動化プロセスを構築できます。

プラットフォーム

LMS365 は SharePoint Online のアプリケーションとして提供され、ユーザーは SharePoint Online のサイトやページからアクセスすることができます。

Introduction to the LMS365 solution1.png

LMS365 Microsoft Teams アプリを使用すると、受講者は Teams から LMS365 のすべての機能を利用することができます。

Introduction to the LMS365 solution2.png

Microsoft Viva Learning で LMS365 のコースやトレーニングプランを紹介することができます。

LMS365は、Viva Learningアプリケーションで利用可能なコンテンツプロバイダーのリストに含まれています。有効にすると、LMS365コースとトレーニングプランは、Viva Learningで選択した他の学習コンテンツと一緒に表示され、シームレスな学習環境を提供します。

キャプチャ3.png

LMS365 × Go1

LMS365でGo1 のコースとトレーニング プランを利用できます。
Go1 との統合により、LMS365 から直接、トップクラスのトレーニングプロバイダーが提供する、世界最大級のオンライン学習ライブラリにアクセスできます。これにより、わずかな時間で魅力的なコースやトレーニングプランを作成し、組織で利用することができます。

LMS365 × LinkedIn Learning

LMS365でLinkedIn Learning のコースを利用できます。
LinkedIn Learningとのビルトイン統合により、受講者のキャリア目標や、組織の目的に合わせてパーソナライズした、高品質で最新のコンテンツを提供することができます。統合により、共有されたビジネスユーザーはLMS365内から20,000を超える LinkedIn Learning コースにアクセスできるようになります。

また、LMS365のモバイルアプリから、学習を提供することができます。モバイルアプリでは、コースをダウンロードしてオフラインで利用することもできます。※オフライン機能はオプションです。

学習の進捗はプラットフォーム間で同期されます。
例えば、SharePoint でコースを開始し、移動などの隙間時間にモバイルで学習し、そのあと Teams で学習を再開しコースをするなど、受講者は状況に応じた環境で学習することができます。

LMS365 ソリューションの概要

LMS365は、コース管理者が新しいコースやトレーニングプランを簡単に作成するためのツールを集めたものです。受講者には、コースカタログ、コース、トレーニングプランで構成されるトレーニングを提供します。

LMS365 を使用するにあたり、システムの仕様と要素をご説明します。

コースカタログページ

コースカタログは、LMS365アプリのメインコンポーネントです。管理者は、コースカタログから新しいコースとトレーニングプランを作成します。

LMS365 ソリューションでは、複数のコースカタログを持つことができ、異なる対象者に目的に合ったコースやトレーニングプランを提供することができます。

コースカタログページとは、コースやトレーニングプランが紹介され、ユーザーは利用可能なコースやトレーニングプランの概要を見ることができる場所です。

カタログページの詳細については「LMS365 ユーザーナビゲーション(UI)」をご参照ください。

キャプチャ5.png

LMS365 ラーニングモジュール エディター

LMS365 ラーニングモジュールエディターは、ドキュメント、動画、クイズ、コンテンツパッケージなどを、学習ステップの順番に整理し、1つにまとめた学習教材を作成することができます。

また、ユーザーは前の学習を終えてから次の学習に移ることができるため、学習全体の進み具合を簡単に把握することができます。ユーザーが学習の途中で混乱したり、迷ったりすることがないよう、効率の良い順序で教材を配置できる最適なツールです。

Introduction to the LMS365 solution3.png

クイズビルダー

LMS365クイズビルダーは、学習プロセスの中間テストや最終テストとして使用するクイズを作成することができます。

クイズビルダーでは、単一選択問題、複数選択問題、◯×問題、並べ替え問題、組み合わせ問題、画像内領域選択問題、穴埋め問題、記述問題、自由記述、以上9つの形式で問題を作成することができます。

対話的な問題や 難易度の高い問題を出題することで、受講者の学習に対する関心と意欲を向上させることができます。

Introduction to the LMS365 solution4.png

ホームページ

各コースカタログには、ホームページがあります。このページは SharePoint の標準のページで、新しいトレーニングや、組織内のトレーニングに関連するニュースやストーリーを紹介するために使用することができます。

SharePoint ホーム ページの詳細については、LMS365 ユーザーナビゲーション(UI)をご参照ください。

キャプチャ7.png

トレーニングダッシュボード

トレーニングダッシュボードは、ユーザー毎にパーソナライズされた自分だけのeラーニングポータルです。
ユーザーはここから、自分の現在のトレーニング状況、指定されたトレーニング、取得した認定証やスキル、受講履歴、獲得したCEU、ランキングなどを確認することができます。

コースやトレーニングプランをお気に入りとしてマークし、受講者自身が自分に合ったトレーニング環境を整えることができます。

また、ダッシュボードから Microsoft Teams で LMS365 通知を有効にすることができます。

指導者は、自分が評価する必要があるユーザーや、評価の承認が必要なユーザーの概要を把握することができます。

ライン管理者は、トレーニングダッシュボードからライン管理者ダッシュボードにアクセスし、部下のトレーニング活動を追跡・管理することができます。

LMS365管理者は、ダッシュボードの左側ナビゲーションを設定して、ユーザーがダッシュボードで確認できる情報を制限することができます。

トレーニングダッシュボードページの詳細は、LMS365 ユーザーナビゲーション(UI)をご参照ください。

コース

コースは、学習用のコンテンツを配置し、それを体系化したものです。

LMS365 では、2つのタイプのコースを作成することができます。

e-ラーニング:オンデマンドのコンテンツで構成されています。ライブセッションや講師による学習は使用できません。

インストラクター主導型:リアルタイムのオンラインセッションや、会議室など特定の場所での出席を必要とするセッションを行うことができます。

セッションとセッショングループ

セッションは、設定された時間に特定のスペース(物理的な場所、オンライン、またはその両方)で行われるコースのイベントで、講師が付きます。

複数のセッションを1つのグループにまとめておくと、連続した複数のセッションで編成されたコースを提供する場合などに便利です。

コース管理者、またはカタログの管理者であれば、ユーザーに、1つ、または複数のセッションやセッショングループへの出席を義務付けたり、ユーザーが選択して出席を申し込めるようにすることができます。

キャプチャ10.png

ラーニングモジュール

ラーニングモジュールを使用して、受講者がコースを通じて学習する必要のあるコンテンツを準備します。

コースのコンテンツは、1つまたは複数のラーニングモジュールから構成され、YouTube ビデオ、ドキュメント、Sways などを含めることができます。

また、コンプライアンス(教育実施遵守)の観点から、受講者にモジュールの完了確認を求めたり、それを記録することもできます。

Introduction to the LMS365 solution5.png

コースホームページ

各コースには専用のホームページがあります。コースホームページには、コースの説明、コンテンツ、コースセッションなどコースに関する情報が表示されます。

コースのホームページの詳細については、LMS365 ユーザーナビゲーション(UI)をご参照ください。

キャプチャ12.png

トレーニングプラン

トレーニングプランは、複数のコースを組み合わせ、1つのトレーニングとして提供することができます。
例えば、1つのトレーニングに対していくつかのコースの受講が必要な場合、トレーニングプランで提供することで、受講者はすべてのコースを完了することができます。

トレーニングプランホームページ

コースと同様に、トレーニングプランにも専用のホームページがあります。トレーニングプランに関連するすべての情報や、トレーニングプラン内のコースの概要が表示されます。

トレーニングプランのホームページの詳細については、LMS365 ユーザーナビゲーション(UI)をご参照ください。

Introduction to the LMS365 solution7.png