LMS365のソリューション

  • 更新

1.LMS365の紹介

LMS365はMicrosoft® SharePoint Online上で動作するe-Learningシステムです。Microsoft 365の各機能とともに動作し、シームレスに使用することができます。組織だけでなく外部ユーザーに対しても、充実した内容のトレーニングを作成・管理することが可能です。

  • コースとトレーニングプランのカタログを複数作成できます。
  • オンサイト・オンラインでのプレゼンテーション、ビデオ、テキスト、その他の資料を組み合わせたトレーニングを作成できます。
  • コンテンツパッケージの追加
  • ラーニングモジュールでコースの内容を自由に構成できます。
  • 課題やクイズを作成できます。
  • コース/トレーニングプランを修了した受講者に認定証を付与できます。
  • スマートフォンや、Microsoft Teamsからトレーニングを受講できます。
  • Microsoft 365との連携、Microsoft Power Platformによるフローと自動化プロセスを設定できます。

2.プラットフォーム

LMS365は、SharePoint Onlineのアプリケーションです。ユーザーはSharePoint Onlineのサイトやページからアクセスできます。

_______.png

LMS365 Microsoft Teams アプリを使用して、Teams内でLMS365の学習を提供することができます。

teams_______.png

LMS365のモバイルアプリから、学習を提供することができます。モバイルアプリでは、コースをダウンロードしてオフラインで利用することもできます。

mceclip0.png

学習の進捗はプラットフォーム間で同期されます。例えば、SharePoint でコースを開始し、移動などの隙間時間にモバイルで学習を続け、翌日には Teams で学習を再開しコースを完了するなど、受講者は、いつでも、どこでも、どんなデバイスでも状況に応じた環境で学習することができます。

3.LMS365ソリューション

LMS365 は、SharePoint Online、Teamsでコースやトレーニングプランの作成を可能にするツールと LMS365 モバイルアプリがセットになっています。

LMS365は、受講者に対して、コースカタログ、コース、トレーニングプランで構成されたトレーニングを提供します。

LMS365のシステムツール、システム構造、要素は以下の通りです。

コースカタログ

コースカタログは、LMS365アプリのメインとなるページです。コースカタログはコースやトレーニングプランを紹介するページです。受講者はここでコースの概要を見ることができます。また、管理者はコースカタログから新しいコースやトレーニングプランを作成することができます。LMS365では、複数のコースカタログを持つことができます。例えば、各部門専用のカタログを作成し、その部門に所属するユーザーにのみにカタログを公開し学習を提供することができます。

_______.png

ラーニングモジュールビルダー

LMS365ラーニングモジュールビルダーは、ドキュメント、動画、SCORM や AICC パッケージなどを使用して、複数の教材を1つにまとめた学習教材を作成することができます。

学習の目的に合わせて自由に教材を配置することができるので、受講者に効率のよい学習を提供することができます。また、学習教材の他に、テスト(クイズ)やアンケート、理解確認なども使用することができます。

クイズビルダー

LMS365クイズビルダーは、学習プロセスの中間テストや最終テストとして使用するクイズを作成することができます。

クイズビルダーでは、単一選択問題、複数選択問題、◯×問題、並べ替え問題、組み合わせ問題、画像内領域選択画面、穴埋め問題、記述問題、自由記述、以上9つの形式で問題を作成することができます。

ホームページ

すべてのコースカタログには、ホームページがあります。このページはSharePointの標準的なページで、新しいコースカタログ(SharePointサイト)を作成すると、このページが既定で表示されます。
このページでは、新しいトレーニングや、組織内のトレーニングに関連するニュースやストーリーを紹介することができます。

______.png

トレーニングダッシュボード

トレーニングダッシュボードは、受講者毎にパーソナライズされた自分だけのeラーニングポータルです。受講者は、現在のトレーニング進捗、割り当てられたトレーニング、取得した認定証やスキル、受講履歴、獲得したCEU、ランキングなどを確認することができます。

受講者がMicrosoft TeamsでLMS365からの通知を受け取るには「個人設定」で通知の受け取りを有効にします。

capture1.gif

ライン管理者は、トレーニングダッシュボードからライン管理者ダッシュボードにアクセスし、部下のトレーニング活動を追跡・管理することができます。

管理者はダッシュボードの左側ナビゲーションを設定して、受講者がダッシュボードから利用できる情報を制御することができます。

capture2.png

コース

コースは、学習コンテンツが置かれ1つのコースとして構成された場所です。

LMS365には、2つのタイプのコースがあります。

e-ラーニング:オンデマンドのコンテンツです。オンラインセッションや講師による学習は含まれません。

インストラクター主導型:セッションのみ、またはセッションと教材を組み合わせたコースを提供することができます。これらのセッションは、オンライン、または物理的な場所(または両方を同時に)で行うことができます。コースは、セッションとテキスト、動画、スライドなどの教材の組み合わせで構成することができます。

セッション

セッションとは、コースの中で一定の時間と空間(物理的、オンライン、またはその両方)で行われるイベントです。コースに複数のセッションを設定することができます。管理者は、受講者がコースのすべてのセッションに参加するか、1つのセッションを選んで参加するかを設定することができます。

capture3.png

コンテンツ

コンテンツには、受講者がコースで学習する教材を提供することができます。コースのコンテンツは、複数のラーニングモジュールで構成することもできます。使用できるコンテンツには、動画、ドキュメント、Swayなどがあります。

__________.png

コースホームページ

すべてのコースには専用のホームページがあります。コースホームページには、コースの説明、コンテンツ、コースセッションなどのコース情報などコースに関連するすべての情報が表示されます。

capture4.png

トレーニングプラン

トレーニングプランは、複数のコースを組み合わせ、1つのトレーニングとして提供することができます。例えば、1つのトレーニングに対していくつかのコースの受講が必要な場合、受講者にトレーニングプランで提供することで、すべてのコースを完了することができます。

トレーニングプランホームページ

コースと同様に、トレーニングプランにも専用のホームページがあります。トレーニングプランに関連するすべての情報や、トレーニングプラン内のコースの概要が表示されます。

capture5.png