API キーの管理

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 では、Microsoft 365 グローバル管理者、SharePoint 管理者、LMS365 管理者による LMS365 API キーの生成が可能です。

各管理者は特定の用途に使用するキーを生成することができます。これにより、重要な統合を損なうことなく、それぞれのAPIキーを適切に管理することができます。また、各キーに「読み取り専用」または「フルコントロール」のいずれかを割り当てることで、API キーの使用方法を制限することができます。

ここでは、LMS365 の API キーの検索、生成、管理、編集、取り消し方法について説明します。

 

API キー管理ページ

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者SharePoint 管理者、または LMS 管理者

すべての API キーは、LMS365 管理センター>グローバル設定>API キー管理 で管理されます。

「API キー管理」ページでは、LMS365 ソリューション内のすべての API キーが表示され、新しい API キーの生成、権限の割り当て、現在飲ん API キーの取り消しと編集を行うことができます。

API key management1.png

 

API キーの概要

「API キー管理」ページには、以下の情報が表示されます。

  • 名前:管理者は、この API キーの名前で該当するキーを識別します。
  •  API キー:API キーの下 12 桁がここに表示されます。API キーをここからコピーできます。
  • ステータス:API キーのステータスが「アクティブ」または「失効」のいずれかで表示されます。
  • 権限:API キーの権限のレベルが「読み取り専用」または「フルコントロール」のいずれかで表示されます。
  • 作成日:API キーが生成された日時が表示されます。
  • 作成者:API キーを生成したユーザーの名前が表示されます。
  • 失効日:API キーが取り消された日時が表示されます。
  • 失効者:API キーを取り消したユーザーの名前が表示されます。

特定の API キーを検索するには、「検索」フィールドを使用するか、「作成者」または「失効者」の列見出しにあるフィルター アイコンを選択してフィルタを適用します。

API key management2.png

 

API キーを生成する

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者、SharePoint 管理者、または LMS 管理者

API キーを生成するには、「API キーを生成」を選択します。「API キーを生成」パネルが開きます。

「API キーを生成」パネルで、適切な「名前」を入力し、「API キーのコピー」アイコンを選択して API キーをクリップボードにコピーし (必要な場合)、該当する権限レベルを「読み取り専用」または「フルコントロール」のいずれかから選択します。

API key management3.png

 

読み取り専用権限の API キーでは、LMS365 ソリューションからデータを読み取ることができます。この権限の API キーを使用して、LMS365 テナントのデータを更新、作成、削除することはできません。読み取り専用権限の API キーを使用してデータを更新、作成、削除しようとすると、その試みは失敗します。

フルコントロール権限の API キーでは、LMS365 ソリューションのデータの読み取り、更新、作成、削除ができます。

 

重要!  

一度保存すると、権限 / アクセスの種類を変更することはできません。

 

API キーを管理する

必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者、SharePoint 管理者、または LMS 管理者

「API キー管理」ページで、API キーの編集または取り消しができます。これを行うには、該当する API キーを選択し、「アクション」パネルで適切なオプションを選択します。

 

API キーを編集するには:

1.「編集 API キー」を選択します。 「編集 API キー」パネルが開きます。

2.API キーの名前を編集します。他のフィールドを変更することはできません。

3.変更を保存します。

注記:

ステータスが「失効」の API キーは編集できません。

 

API キーを取り消すには:

この操作は元に戻すことができません。

API キーが取り消されると、この API キーを使用しているすべてのフローや接続 (たとえば、Power BI と Power Automate など) は動作しなくなります。

1.「API キーを取り消す」を選択します。

2.確認メッセージを読みます。続行する場合は、チェックボックスをオンにします。これにより、「取消し」オプションが有効になります。

3.「取消し」を選択します。または、操作を「キャンセル」できます。