API Key の管理

  • 更新

はじめに
LMS365 では、グローバル管理者が複数の LMS365 API Keyを生成することができます。

これにより、重要な統合を壊すことなく、特定の用途に使用されているKeyを取り消すことができるため、個々の API Keyを制御することができます。また、各Keyに「読み取り専用」または「フルコントロール」のいずれかを割り当てることで、特定のAPI Keyの使用方法を制限することができます。

1.API Keyの管理

API Keyの管理はLMS365管理センターのグローバル設定>設定>「API Key管理」で行います。

mceclip1.png

グローバル管理者は、LMS365 テナントのすべてのAPI Keyを確認できます。新しい API keyの生成、権限の割り当て、現在の API Keyの失効や編集を行います。

「API Key 管理」 ページには、以下の情報が表示されます。

  • 名前:API Keyの名前。管理者が関連するkeyを識別するために使用されます。
  • API Key:API Keyの最後12桁が表示されます。API Keyはここからコピーできます。
  • ステータス:API Keyが「実行可能」か「失効」かを表示します。
  • 権限: API Keyの権限のレベル。「読み取り専用」または「フルコントロール」。
  • 作成日:API Keyが作成された日時
  • 作成者:API Keyを作成したユーザーの名前
  • 失効日:API Keyが取り消された日時
  • 失効者:API Keyを失効させたユーザーの名前

特定のAPI Keyを検索するには、「検索」フィールドを使用します。また「作成者」と「失効者」の列では、ユーザーで検索することができます。各列名をクリックして並び替えができます。

mceclip2.png

2.API Keyの生成

API Keyを作成するには、「+ API キーを生成」ボタンをクリックします。

mceclip3.png

名前を入力し、権限レベルを「読み取り専用」または「フルコントロール」から選択し保存します。

mceclip4.png

  • 読み取り専用 :読み取り専用の権限を持つ API Key では、LMS365 API メソッドを使用して LMS365 テナントからデータを読み取ることができます。この API キーを使用して、LMS365 テナントのデータを更新、作成、または削除することはできません。読み取り専用権限の API キーを使用してデータの更新、作成、削除を試みる API メソッドを使用すると、その API メソッドは失敗となります。

  • フルコントロール:フルコントロール権限のAPIキーでは、LMS365 APIのメソッドを使用してLMS365テナントのデータの読み取り、更新、作成、削除ができます。

注記:保存後、選択した権限/アクセス権限の設定を変更することはできません。

3.API Keyの編集・失効

編集

作成されたAPI Keyは名前のみ変更することができます。編集するAPI Keyを選択し、アクションパネルの「編集 API Key」をクリックします。

mceclip5.png

開いたパネルで名前を変更し、保存します。

mceclip6.png

失効

取消しするAPI Keyを選択し、アクションパネルの「API Keyを取り消す」をクリックします。確認のメッセージが表示されます。チェックボックスに✓して、「取消し」ボタンをクリックします。

mceclip7.png

注記:API Keyが取り消されると、この API Keyを使用した Power BI、Power Automate などのすべての接続は、LMS365 テナントのデータにアクセスすることができなくなります。(このKeyを使用してデーターを変更することはできません。)