LMS365インストール

  • 更新

ここでは、Microsoft 365 グローバル管理者による LMS365 アプリと Web パーツのインストールについて説明します。

1.サーバーソフトウェアの要件

LMS365アプリは、Microsoft 365 SharePoint Online環境内で動作するように開発されています。SharePointは、チームワークを促進するためのコンテンツを作成、編集、共有することができるダイナミックなプラットフォームです。SharePointについてはこちらの「SharePoint Server 入門」をご覧ください。

2.ベストパフォーマンスの実践

SharePointの制限により、1コースあたりの個別の登録数は最大5000ユーザーとなっています。詳しくは「Microsoft 365 SharePoint のサービス制限」についてをご覧ください。

5000 人以上のユーザーがいる場合、Active Directory グループを使用してユーザーを登録することができます。
当社の SCORM & AICC Player ツールは、3000 人の受講者による同時受講でテストされています。

3.クライアントの動作環境

明確な制限はありませんが、Microsoft OnlineやLMS365を快適にご利用いただくために、以下のブラウザの最新版をご利用ください。詳しくは、「Web版OfficeおよびOfficeアドインを利用できるブラウザ」をご覧ください。

OS ブラウザタイプ
Windows 10  Microsoft Edge, Mozilla Firefox, Google Chrome
Windows 8, 8.1, or 7 (SP1) Microsoft Edge, Mozilla Firefox, Google Chrome
Mac OS X (Sierra 10.12 and later) Microsoft Edge, Apple Safari 10+ or Google Chrome
Linux Mozilla Firefox or Google Chrome
iOS  ブラウザの代わりに LMS365 モバイルアプリを使用することをお勧めします
Android 

Microsoft と LMS365 が発表した Internet Explorer 11 と Edge Legacy のサポート終了に関する情報については、「LMS365 Internet Explorer 11 サポート終了のお知らせ 」をご覧ください。

4.LMS365アプリのインストール

  • 米国政府のクラウドを利用しているテナントの場合、インストーラのURLの場所を除いてインストール手順は同じです。URLは、LMS365の担当者がインストールする際にのみ開示されます。

  • LMS365のインストール作業が完了し、最初のコースカタログが作成されると、LMS365アプリとそれに含まれるすべてのツールが自動的にアプリカタログに追加されます。

  • LMS365のインストール手順は、ビデオチュートリアル(英語版)でも公開しています。

4.1.前提条件

作業を開始する前に、以下の前提条件が整っていることを確認してください。

  1. SharePoint がインストールされている。

  2. アプリカタログサイトが作成されている。アプリカタログサイトの作成については こちらの「Sharepoint アプリカタログサイトの作成」をご参照ください。

  3. アプリカタログには少なくとも「所有者」権限が、SharePoint ルートサイトコレクションには少なくとも「読み取り」権限が必要です。

4.2.インストールの手順

前提条件が整ったら、以下の手順でインストールを行います。

1.https://appsource.microsoft.com/ja-jp/product/web-apps/elearningforce.lms365_spfx にアクセスしMicrosoft 365 グローバル管理者アカウントでサインインします。

注記:この手順は、米国政府クラウド のテナントには適用されません。

2. 「無料試用版」をクリックして、

mceclip0.png

要求された権限を受け入れます。

permissions_requested.png

個人情報保護への取り組み、情報セキュリティ、GDPR遵守への取り組みを含むデータの取り扱いについてはこちらに掲載しています。

発行者確認済み(青色のバッジ )のアプリケーションは、発行元が認証プロセス完了した Microsoft Partner Network アカウントを使用して本人確認を行い、この MPNアカウントをアプリケーション登録に関連付けたことを意味します。

アプリケーションの認証許可の詳細については、トラストセンターの「アクセス許可と認証」でご確認いただけます。

LMS365は、コースカタログサイトにクラシックアクセスのLMS365アプリを自動的にインストールします。このアプリは、コースサイトの管理、ラーニングモジュールへのドキュメントのアップロード、クイズなどに権限を与え、LMS365アプリが正しく動作のために使用されます。

site_contents.png

3.「Get Started」をクリックしてLMS365のインストールを開始します。

install_lms365.png

4.テナントに必要な地域を選択します。「Japan East」を選択します。

リージョンの設定は、最初の1度のみで後から変更はできません。(お客様による変更はできません。)

株式会社ソフィアよりライセンスを購入されるお客様は「Japan East」のみがサポート対象となります。 「Japan East」以外のリージョンをご利用になりたい場合は、別途ご相談ください。

selectregion.png

5.「 Next」ボタンをクリックします。確認画面が表示されます。

region__.png

6.「Yes, I am sure. Please proceed!」をクリックしてプロビジョニングを開始します。(選択が誤っていた場合「No, I am not sure. Please take me back!」で戻って別の地域を選択することができます。)

直前にアプリカタログ作成された場合、新しいパッケージが展開されに利用できるようになるまで、最大で20分ほどかかります。

starting_tenant_provisioning.png

注記:アプリカタログが作成されていない場合は、以下の画面が表示されます。

verification_failed.png

画面の指示に従い必要な操作を行った後、、以下のページに戻って更新すると、インストール作業が続行されます。

7.しばらくするとプロビジョニングが開始され、以下のような画面が表示されます。

________.png

7. LMS365アプリの使用を開始する前に、ライセンスの有効化が必要となります。

ライセンスを有効にする前にLMS365アプリを使用すると正常に動作しません。LMS365での作業を開始する前にライセンス(トライアル版も含む)を有効にしてください。