LMS365インストール

  • 更新

LMS365 のインストール方法についてご説明します。

インストールを行うために必要なロール:Microsoft 365 グローバル管理者

1.サーバーソフトウェアの要件

LMS365アプリは、Microsoft 365 SharePoint Online環境内で動作するように開発されています。SharePointは、チームワークを促進するためのコンテンツを作成、編集、共有することができるダイナミックなプラットフォームです。SharePointについてはこちらの「SharePoint Serverを使用する前に」をご覧ください。

2.最適なパフォーマンスのために

LMS365に制限はありませんが、SharePointの制限により1コースあたりの個別の登録数は最大5,000ユーザーとなっています。詳しくは「SharePoint の制限」をご覧ください。

3.クライアントの動作環境

明確な制限はありませんが、Microsoft OnlineやLMS365を快適にご利用いただくために、以下のブラウザの最新版をご利用ください。詳しくは「Office for the web および Office アドインで動作するブラウザー」をご覧ください。

OS ブラウザタイプ
Windows 10 ,11 Microsoft Edge, Mozilla Firefox, Google Chrome
Windows 8, 8.1, or 7 (SP1) Microsoft Edge, Mozilla Firefox, Google Chrome
Mac OS X (Sierra 10.12 以降) Microsoft Edge, Apple Safari 10+ , Google Chrome
Linux Mozilla Firefox または Google Chrome
iOS  ブラウザの代わりに LMS365 モバイルアプリを使用することをお勧めします
Android 
 

Microsoft と LMS365 による Internet Explorer 11 と Edge Legacy のサポート終了に関する情報については、「LMS365 Internet Explorer 11 サポート終了のお知らせ 」をご覧ください。

4.LMS365アプリのインストール

米国政府のAzureクラウドでホストされているテナントの場合、インストーラのURLの場所を除いてインストール手順は同じです。URLは、インストールの際にLMS365の担当者によって開示されます。LMS365のインストールプロセスが完了し、最初のコースカタログが作成されると、すべてのツールが含まれたLMS365アプリケーションが自動的にアプリカタログに追加されます。

4.1.前提条件

作業を開始する前に、以下の前提条件が整っていることを確認してください。

1.Microsoft 365 with SharePoint Online がインストールされている。

2.LMS365はSharePointのアプリをベースにしているので、SharePoint内に作成されたアプリカタログサイトが必要になります。詳細については、「アプリ サイトを使用してアプリを管理する」のステップ1を参考にしてください。

3.インストールを行うユーザーは、LMS365 をインストールするMicrosoft365テナントの「Microsoft 365グローバル管理者」であり、アプリカタログに対して少なくとも「所有者」権限があり、SharePoint ルートサイトコレクションに対して少なくとも「閲覧」権限が必要です。

4.2.インストール

LMS365 は、Microsoft AppSourceで認証されており、同社のサイトからインストールすることができます。

次の手順に従って、LMS365をインストールします。

1.Microsoft AppSource 「https://appsource.microsoft.com/ja-jp/product/web-apps/elearningforce.lms365_spfx」にアクセスします。

「今すぐ入手」 を選択し、Microsoft 365 グローバル管理者アカウントでサインインします。

capture1.png

フォームに情報を入力します。必要に応じて、事前入力されたフィールドの変更もできます。

Microsoft に権限を付与するボックスを選択します。

「続行」を選択します。これで、Microsoft 365 テナントに LMS365 をインストールし、LMS365 のプロビジョニングプロセスの開始を案内するメッセージが表示されます。

2.サインインして、LMS365のアクセス権を承諾します。

※ お客様のブラウザやブラウザの設定によっては、同じ承諾を2度求められる場合があります。

permissions_requested.png

個人情報保護への取り組み、情報セキュリティ、GDPR遵守への取り組みを含むデータの取り扱いについてはこちらに掲載しています。

発行者確認済み(青色のバッジ )としてマークされているアプリケーションは、発行者が、確認プロセスを完了したMicrosoft Partner Networkアカウントを使用して本人認証を行い、このMPNアカウントとアプリケーション登録を関連付けたことを意味します。

アプリの認証のために必要な条件については、トラストセンターの「アクセス許可と認証」でご確認いただけます。

LMS365は、コースカタログサイトにLMS365アプリを自動的にインストールします。このアプリは、LMS365アプリを正常に動作させるためのものです。例えば、コースやトレーニングプランの管理、ラーニングモジュールのドキュメントのアップロードなどの権限が与えられます。

capture2.png

3.これで、LMS365のプロビジョニング作業に入ります。「Get Started」をクリックしてLMS365のインストールを開始します。

install_lms365.png

4.プロビジョニングする Microsoft Azure Data Center LMS365 を選択します。ここではJapan East」を選択します。

リージョンの設定は、最初の1度のみで後から変更はできません。(お客様による変更はできません。)株式会社ソフィアよりライセンスを購入されるお客様は「Japan East」のみがサポート対象となります。 「Japan East」以外のリージョンをご希望のお客様は、別途ご相談ください。

selectregion.png

5.「Next」ボタンをクリックします。確認画面が表示されます。「Yes, I am sure. Please proceed!」をクリックしてプロビジョニングを開始します。(選択が誤っていた場合「No, I am not sure. Please take me back!」で戻って別の地域を選択することができます。)

region__.png

直前にSharePoint アプリカタログを作成した場合、新しいパッケージの展開に使用できるようになるまでに最大で20分かかることがあります。

LMS365 のプロビジョニングが正常に開始されると、次の画面が表示されます。

starting_tenant_provisioning.png

Microsoft365テナントにアプリカタログがない場合、またはアプリカタログが直前の20分以内に作成された場合、以下のメッセージが表示されます。

verification_failed.png

画面の指示に従い必要な操作を行った後、戻ってページを更新するとインストール作業を続けることができます。

しばらくするとプロビジョニングが開始され、以下のような画面が表示されます。

________.png

LMS365のプロビジョニングのプロセスは、通常5~7分程度で完了します。

6. LMS365アプリの使用を開始する前に、ライセンスを有効にします。

LMS365 の使用を開始する前に、ライセンスを有効にすることを強くお勧めします。LMS365の多くのツールは、ライセンスが有効になるまで動作しませんのでご注意ください。