LMS365管理者

  • 更新

LMS365管理者ロールは、組織内の複数のユーザーに割り当てることができます。

LMS365管理者のユーザーは、グローバル設定の管理、LMS365管理者・コースカタログ管理者の追加および削除、言語ファイルの編集、トレーニングダッシュボードの設定セクションの構成ができます。
また、ユーザーにSharePoint管理者ロールが割り当てられている場合は、コースカタログを作成することができます。

LMS365管理者は、コースカタログの「コースカタログ管理者」として追加されるまで、コースカタログを管理する権限を持ちませんのでご注意ください。

1.新しいLMS365管理者の追加

新しいLMS365管理者は、他のLMS365管理者、またはMicrosoft 365グローバル管理者によって追加することができます。

新しいLMS365管理者を追加するには:

1.LMS365管理センター>グローバル設定>「LMS365管理者」に移動し、「+LMS365管理者の追加」を選択します。

capture1.png

2.「ユーザーの選択」フィールドで、ロールを割り当てるユーザーを選択します。
※ 外部ユーザーを選択することはできません。

capture2.png

3.ユーザーへの通知を選択します。ユーザー通知をONにすると、LMS365管理者に割り当てられたことが通知されます。

capture3.png

4.[保存]すると、LMS365管理者に追加されます。

選択したユーザーの中に、指定されたメールアドレスがない場合、これらのユーザーにはメールが届かないことを通知するメッセージが表示されます。

email_missing.png

5.LMS365管理者に追加されたユーザーは、LMS365管理者の一覧に表示されます。

2.メッセージの送信

LMS365管理者にメッセージを送信するには:

1.メッセージを送信するユーザーを選択します。すべてのユーザーを選択するには、「名前」のチェックボックスを選択します。

2.開いたパネルで「メッセージの送信」を選択します。

capture4.png

3.件名とメッセージを入力します。

4.「送信」をクリックするとメールが送信されます。

メッセージの送信は、メールアドレスが登録されているユーザーのみ利用できます。

3.LMS365管理者の割り当て解除

割り当てが解除されると、ユーザーはLMS365のグローバル設定にアクセスすることができなくなります。

LMS365管理者の割り当てを解除するには:

1.ユーザーを選択します。

2.開いたパネルで「割当ての解除」を選択します。

capture5.png

3.確認メッセージが表示されます。「割当ての解除」でユーザーをLMS365管理者から解除します。

capture6.png