LMS365管理者

  • 更新

LMS365管理者ロールは、組織内の複数の人に割り当てることができます。

LMS365管理者のロールを持つ人は、Microsoft 365 グローバル管理者と同じように LMS365 のコンテンツと管理にアクセスできます。つまり、このロールを持つユーザーは、コースカタログの編集や削除、言語ファイルの編集、ライセンスやLMS構成の管理、モバイル構成の設定、他のユーザーをLMS365管理者に追加するなどができます。

ただし、LMS365管理者は、コースカタログ管理者として当該カタログに追加されるまでコースカタログを管理する権限を持ちません。

1.新しいLMS365管理者の追加

新しいLMS365管理者を追加するには、以下の手順で行います。

1.LMS365管理センター>グローバル設定>設定>「LMS365管理者」に移動します。

LMS365管理者ページにはユーザー名、メールアドレス、ロールを割り当てた人、日時が一覧に表示されます。

2.「+LMS365管理者の追加」をクリックします。

mceclip0.png

3.ロールを割り当てるユーザーを選択します。外部ユーザーを選択することはできません。

「ユーザー通知」オプションをONにすると、ユーザーにLMS365管理者に割り当てられたことを通知します。

mceclip1.png

4.[保存]をクリックします。

選択したユーザーの中に指定したメールがない場合は、以下のようなメッセージが表示されます。

email_missing.png

2.LMS管理者へのメッセージの送信

LMS365管理者にメッセージを送信できます。

ユーザー選択して開いたパネルで「メッセージの送信」を選択します。

mceclip2.png

件名とメッセージを入力して、[送信]をクリックすると、メールが送信されます。

注記:「メールメッセージの送信」アクションは、指定されたメールアドレスを持つユーザーのみが利用できます。

3.LMS 管理者の割り当て解除

LMS365管理者の割り当てを解除するには、以下の手順で行います。

ユーザー選択して開いたパネルで「割当ての解除」を選択します。

mceclip3.png

確認メッセージが表示されます。[割当ての解除]ボタンをクリックします。

mceclip4.png

注記:割り当てを解除されたユーザーは、LMS365のグローバル設定へのアクセス権を失います。