モバイルアプリの構成

  • 更新

LMS365のモバイルアプリは、ユーザー自身のスマートフォン、タブレットなどのデバイスからどこでもトレーニングを行うことができます。

LMS365のモバイルアプリは、組織のブランディングやトレーニングのニーズに合わせてアプリの配色、メニュー、既定値のカタログ、言語などの設定を行うことができます。

ここでは、それらの設定についてご説明します。

モバイルアプリの設定はLMS365管理センター>グローバル設定>モバイル設定で行います。

capture1.png

1.アプリの外観設定

モバイルアプリの外観の色を設定します。メインカラーの他、背景色、テキストの色などを設定できます。

________.png

オフラインモードでは、色のカスタマイズは完全にサポートされていません。インターネットやサーバーへに接続されるまでは、メインカラーは既定の青色になります。

2.言語の設定

アプリの言語を設定することができます。
既定値は「デバイスの言語」です。これはユーザーが使用するデバイスに設定している言語で表示されます。LMS365モバイルアプリがデバイスの言語に翻訳されていない場合、自動的に英語(米国)で表示されます。

すべての受講者に同一の言語で表示する場合は、リストから使用する言語を選択します。
言語を選択した場合、受講者はモバイルアプリの設定タブから、アプリの表示言語を変更することができます。ただし、受講者がモバイルアプリからログアウトすると、この設定は管理者が設定した言語に戻ります。

capture3.png

3.コースカタログの既定値設定

既定値で表示するコースカタログを設定します。受講者が別のカタログを表示したい場合は、アプリでカタログを選択します。

capture4.png

4.インフォメーションページ

追加情報を表示する情報ページをアプリに追加することができます。「インフォメーションページの編集」をONにすると、リッチテキストエディタが表示されます。

capture5.png

「このページをホームページに設定する」をONにして、モバイルアプリにサインイン後、ユーザーにこの情報を表示します。

5.ダッシュボードメニュー

ダッシュボードメニューに表示する項目を設定します。

capture6.png

LMS365アプリのバージョン 2.14.35 以降、ダッシュボードメニューの設定に関係なく「トレーニング」 タブは表示されます。

6.ヘルプページへのリンク

組織のサポートデスクなど、任意のリンクをモバイルに設定することができます。

capture7.png

モバイルアプリの設定>ヘルプをタップすると、設定したサイトがブラウザで開きます。

capture8.png

7.ブラウザの設定

このオプションをONにすると、コースのホームページに「ブラウザ開く」リンクを表示します。受講者はモバイル端末のブラウザでコースを開くことができます。

capture9.png

8.コンテンツの表示設定

モバイル端末でのWebコンテンツの表示方法を設定します。

capture10.png

Appleはクロスサイトリソース用のCookieをブロックするため、アプリに埋め込まれたサードパーティのiFrameコード(ビデオを含む)を開くことを制限しています。そのため、iPhoneでLMS365モバイルアプリを使用しているユーザーは、LMS365モバイルアプリ内で直接ビデオを見ることができなくなりました。
コースに追加ログインが必要なサービス(Microsoft Streamなど)や、サードパーティのiframeが追加されている場合は、これらのコンテンツをブラウザで開く必要があります。

「ブラウザでコンテンツを表示する」オプションを有効にすると、すべてのユーザーに対して、動画コンテンツが外部ブラウザウィンドウで個別に表示されるようになります。

このオプションが無効の場合でも「ブラウザで開く」オプションを使用して、埋め込まれたiFrameコード(ビデオを含む)を手動で開くことができます。このオプションは、LMS365モバイルアプリのコースまたはトレーニングプランページの右上にある3点マークをタップすると表示されます。

capture10-2.png

9.データローディング設定

データローディング設定では、モバイルアプリでデータをロードする方法(遅延またはバーン)を選択できます。

capture11.png

遅延データローディング :既定ではこちらが設定されています。遅延データローディングは安定性が高く、エラーの可能性が低くなります。ユーザーがページを開く時、アプリケーションはページが必要とするリクエストを送信します。サーバーの負荷は下がりますが、モバイルアプリを使用する場合、各ページのロード時間は長くなります。

遅延データローディングは、組織内でLMS365モバイルアプリが集中的に使用された場合に、組織の LMS365 Web アプリケーションのパフォーマンスが低下するのを防ぎます。
LMS365 モバイルアプリでは、ユーザーが同時にコースへの登録といったリクエストを行えるため、多くのモバイルアプリユーザーがいる大規模な組織では、モバイルアプリが利用可能なすべてのサーバーリソースを使用する可能性があります。その結果、LMS365 Webアプリケーションのパフォーマンスに問題が生じる可能性があります。

バーンデータローディング :こちらは、LMS365モバイルアプリから同時にリクエストするユーザーが少ない場合にのみ推奨されます。バーンデータローディングでは、モバイルアプリがロードされた時点ですべてのリクエストが送信されます。これによりサーバーの負荷が高くなりますが、モバイルアプリを使用するユーザーは、各ページが完全にロードされるまでの時間は短くなります。

データローディング設定の変更を反映するには、ユーザーはLMS365モバイルアプリから一度サインアウトし、再度サインインする必要があります。