LMS365モバイルアプリの設定(管理者用)

  • 更新

LMS365のモバイルアプリは、ユーザー自身のスマートフォン、タブレットなどのデバイスからどこでもトレーニングを行うことができます。

LMS365のモバイルアプリは、組織のブランディングやトレーニングのニーズ合わせてアプリの色、メニュー、既定値のカタログ、言語などの設定を行うことができます。

モバイルアプリの設定はLMS365管理センター>グローバル設定>設定>「モバイル設定」で行います。

______TOP__.png

1.アプリの外観設定

モバイルアプリの外観の色を設定します。メインカラーの他、背景色、テキストの色などを設定できます。

________.png

2.言語の設定

アプリの言語を設定することができます。既定値は「デバイスの言語」です。これはユーザーが使用するデバイスに設定している言語で表示されます。「デバイスの言語」アプリがデバイスの言語をサポートしていない場合は、自動的に英語に設定されます。すべての受講者に同一の言語で表示する場合は、リストから使用する言語を選択します。

________.png

3.コースカタログの既定値設定

既定値で表示するコースカタログを設定します。受講者が異なるカタログを表示したい場合はアプリでカタログを選択します。

_____________.png

4.インフォメーションページ

追加情報を表示する情報ページをアプリに追加することができます。「インフォメーションページの編集」をONにすると、リッチテキストエディタが表示されます。

________.png

「このページをホームページに設定する」をONにして、モバイルアプリにサインイン後、ユーザーにこのページを表示します。

______________.jpg

5.ダッシュボードメニュー

ダッシュボードに表示する項目を設定します。

_____________.png

6.ヘルプページへのリンク

このオプションをONにすると、組織のサポートデスクなど、任意のリンクを設定しモバイルで使用することができます。

____________.png

モバイルアプリの設定>ヘルプをタップすると、設定したサイトがブラウザで開きます。

___________.jpg

7.ブラウザの設定

このオプションをONにすると、コースのホームページに「ブラウザ開く」リンクを表示します。受講者はモバイル端末のブラウザでコースを閲覧できます。

___________.jpg

8.コンテンツの表示設定

このオプションをONにすると、学習コンテンツをモバイル端末のブラウザで開きます。

____________.png

注記:デバイスが Microsoft Intune 準拠とマークされている場合は、ブラウザでWebコンテンツを開くことを推奨します。

9.データローディング設定

LMS365モバイルアプリでデータをロードする方式を設定します。

_______________.png

遅延データローディング (既定値):ユーザーがページを開く時、アプリケーションはページが必要とするリクエストを送信します。サーバーの負荷は低くなりますが、モバイルアプリを使用する場合、各ページのロード時間は長くなります。

バーンデータローディング :アプリケーションがロードされた時点で、すべてのリクエストを送信します。サーバーの負荷は高くなりますが、モバイルアプリを使用する場合、各ページのロード時間は短くなります。

注記:変更した設定を反映するには、ユーザーはLMS365モバイルアプリから一度サインアウトし、再度サインインする必要があります。