言語ファイル(LMS365製品の翻訳管理)

  • 更新

LMS365ではブラウザ版で30語、LMS365モバイルアプリで31の言語を提供しています。
また、これらの言語以外にも、SharePoint がサポートする言語に対して、お客様独自の翻訳を適用することが可能です。

また、一部のラベルのテキストを変更したり、LMS365の製品ラベルのすべてのテキストをカスタマイズして、まったく新しい言語を導入することもできます。

これらは、言語ファイルの管理で行うことができます。

ここでは、LMS 365で言語をカスタマイズする方法と、言語の表示について説明します。

テキストのカスタマイズと翻訳の追加

必要なロール:LMS365 管理者

カスタムテキストと翻訳を追加するには2つの方法があります。

どちらもLMS365管理センターのグローバル設定から行います。

1.グローバル設定>言語設定で「コースクリエイター」「SCORM&AICCプレイヤー」「ラーニングモジュールビルダー」または「クイズ」のいずれかを選択します。
選択した言語ファイルが表示されます。

capture1.png

2.「言語を選択」ドロップダウンリストから言語を選択します。

現在、翻訳が可能なのは、アスタリスクの付いた言語のみです。アスタリスクのない言語を選択すると、テキストは英語(米国)で表示されます。

アスタリスクのない言語を選択した場合でも、その言語が SharePoint でサポートされていれば、LMS365の製品ラベルに独自の翻訳を提供することが可能です。

カスタムテキストや翻訳を追加する際、LMS365または SharePoint でサポートされていない言語は選択しないでください。

capture2.png

1つ目の方法:

3.フィールドにカスタムテキストを入力します。

capture3.png

4.「保存」してカスタマイズを適用します。

2つ目の方法:

3.「エクスポート」を選択して、ファイルをローカルコンピュータにダウンロードします。

capture4.png

4.ダウンロードしたExcelファイルを開き「カスタム値」の欄にカスタムテキストを入力し、ファイルを保存します。

capture5.png

5.LMS365 管理センターで該当の言語を選択し、「インポート」で編集したファイルをアップロードします。

capture6.png

Excelファイルで編集したテキストが、フィールドに表示されます。

capture7.png

6.「保存」してカスタマイズを適用します。

カスタマイズしたテキストは、既存のコースカタログ、および今後作成するコースカタログに適用されます。
現在のコースカタログの場合、テキストの変更はページを再読み込みした後に適用されます。

LMS365でサポートされている言語については「LMS365でサポートされている言語をご参照ください。

LMS365のユーザーインターフェイスの言語表示については、「LMS365のユーザーインターフェースの言語はどのように決まるのですか?」をご参照ください。