言語ファイル:LMS365 製品の翻訳管理

  • 更新

目次

はじめに

LMS365 ユーザー インターフェイスで管理者やユーザーに表示されるテキストは、多数の言語から選択することができます。このテキストは、ブラウザ版で 31 言語、LMS365 モバイル アプリ版で 32 言語に対応しています。 これらの言語以外にも、SharePoint がサポートする言語であれば、LMS365 製品のテキストに独自の翻訳を適用することができます。

また、一部の翻訳の文言を変更したり、一部のラベルのテキストを変更したり、LMS365 製品ラベルのすべてのテキストをカスタマイズして、まったく新しい言語を導入することもできます。これらは、言語ファイルを使用することで実現できます。

ここでは、LMS365 にカスタム テキストと翻訳を追加する方法について説明します。

 

カスタム テキストと翻訳を追加する

必要なロール:LMS 管理者

カスタム テキストと翻訳を追加する方法は 2 つあります。どちらの方法も、LMS365 管理センターの「グローバル設定」から行います。

1.グローバル設定セクション>言語設定 で、ラベル テキストを変更する LMS365 の領域を、「コース クリエイタ」、「SCORM & AICC プレイヤー」、「ラーニング モジュール ビルダー」、「課題管理&評価」、または「クイズ」から選択します。

 

該当する領域の「言語」ページが表示されます。

capture1.png

 

2.「言語の選択」ドロップダウン リストから、言語を選択します。

現在、アスタリスク (*) の付いた言語のみ翻訳可能です。アスタリスクのない言語を選択すると、テキストは英語 (米国) で表示されます。

アスタリスクのない言語を選択した場合でも、その言語が SharePoint でサポートされていれば、LMS365 の製品ラベルに独自の翻訳を適用することができます。

 

重要! 

LMS管理者のブラウザの言語が、「言語の選択」ドロップダウン リストの先頭に表示されることがあります。これは、現在 LMS365 でサポートされていない言語でも発生します。 したがって、リストの先頭に表示される言語が LMS365 や SharePoint でサポートされていない場合は、その言語をカスタム テキストや翻訳を追加する目的で選択しないでください。

 

capture2.png

 

次のステップは、翻訳を管理する方法によって異なります。

1 つ目の方法

3.該当するフィールドにカスタム テキストを入力します。

capture3.png

 

4.「保存」を選択して変更を適用します。

 

2 つ目の方法

3.「エクスポート」を選択して、言語ファイルを Excel ファイルとしてローカル デバイスにダウンロードします。

capture4.png

 

4.Excel ファイルを開き、該当するラベルの「カスタム値」列にカスタム テキストを入力します。

capture5.png

 

5.Excel ファイルを「保存」します。

6.言語ファイルをアップロードするには、LMS365 管理センターの「言語」ページで「インポート」を選択し、編集した Excel ファイルをローカル コンピュータから選択します。

capture6.png

 

Excel ファイルで編集した「カスタム値」列のテキストが、元のテキストの下にあるフィールドに表示されます。

capture7.png

 

7.「保存」を選択して変更を保存します。

 

重要!

この方法でカスタマイズしたテキストは、現在のコース カタログと今後作成するカタログに適用されます。現在のコース カタログの場合、ページの再読み込み後にテキストの変更が適用されます。

 

LMS365 でサポートされている言語については、こちらを参照してください。

LMS365 のユーザー インターフェイスの言語表示を決定するルールについては、こちらを参照してください。