グローバル設定>LMS設定(テナント共通の設定)

  • 更新

目次

はじめに

Microsoft 365 グローバル管理者と LMS 管理者は、グローバル設定の「LMS 設定」セクションで、テナント全体に共通する設定を管理できます。

これらの設定は、テナントのすべてのコース カタログに適用されます。ここでは、各設定プロセスについて説明します。

LMS configuration1.png

 

これらの機能は、Web ブラウザのフルスクリーン モードで表示すると、2 列で表示されます。

 

ユーザー ページの列

LMS365 では、「ユーザー ページの列」セクションを通じて、テナントのすべてのカタログの「ユーザー」ページに表示される列を設定することができます。LMS365 システム列の表示 / 非表示を切り替えることや、新しい列を追加してさらにユーザーに関する情報を表示するようにページをカスタマイズすることができます。

既定のユーザー列は、「説明」列に「LMS365 システム列」と表示されており、以下のタイトルが付いています:「表示名」、「ユーザー名」、「トレーニング ユーザー」、「Eメール」、「役職」、「管理者」、「部署」、「事業所」、「市・区」、「国」、「会社」。

「ユーザー ページの列」セクションでは、列を追加、編集、削除することができます。また、表示された情報を任意の列で並べ替えることや、「検索」 フィールドを使用して、タイトルや説明から該当する列を検索することもできます。

コース カタログの「ユーザー」ページでは、表示する列を選択したり、表示順序を変更したり、タイトルを編集することができます。

LMS configuration2.png

 

「ユーザー」ページに新しい列を追加するには:

注記:  

同じタイトルの列を複数作成することもできます。

1.「LMS 設定」ページで、「ユーザー ページの列」を選択します。「ユーザー ページの列」パネルが開きます。

2.「+列の追加」を選択します。「列の追加」設定パネルが開きます。
LMS configuration3.png

3.「列の追加」パネルのフィールドに必要事項を入力します。

  • タイトル:列の名前を入力します。このフィールドは必須です。「検索」フィールドに列タイトルの全部または一部を入力して、特定の列を検索することができます。
  • タイプ:ドロップダウン リストから、データ型を選択します。作成後にデータ型を変更することはできません。このフィールドは必須です。既定のデータ型は「文字列型」です (役職などの情報をテキスト文字列として表示します)。その他に、Bool 型 (値は Yes か No)、数値型 (数字)、日付  (日付形式) があります。
  • 説明:列の説明を入力します。説明は、「ユーザー ページの列」パネルの「説明」列にのみ表示されます。「検索」フィールドに列の説明の全部または一部を入力して、特定の列を検索することができます。
  • 表示:この列をすべてのコース カタログの「ユーザー」ページに表示するには、オプションをオンにします。

4.「保存」を選択するか、「キャンセル」を選択して変更を破棄します。

 

「ユーザー」ページの列を編集するには:

1.「LMS 設定」ページで、「ユーザー ページの列」を選択します。「ユーザー ページの列」パネルが開きます。

2.変更する列を選択します。「アクション」パネルが開きます。

3.「列を編集する」を選択します。「列を編集する」設定パネルが開きます。

4.利用可能なオプションは、列が作成された方法によって異なります。

 

LMS365 システム列の場合:

  • 「タイトル」、「タイプ」、「説明」フィールドは編集できません。
  • 「表示」オプションをオンにすると、すべてのコース カタログの「ユーザー」 ページにこの列が表示されます。
  •  「カスタム同期」をオンにすると、この列のデータの編集が有効になります。有効化されると、LMS365 は Microsoft Entra ID (Azure Active Directory) からのデータを同期しなくなり、お客様独自のデータソースから列にデータを入力することができます。「カスタム同期 」トグルは、「ユーザー名」、「トレーニング ユーザー」、「管理者」列を除き、「LMS365 システム列」と表示されているすべての列で使用できます。

capture3.png

 

組織内の管理者が作成したカスタム列の場合:

「タイトル」、「説明」、「表示」 フィールドは編集できますが、「タイプ」は編集できません。

capture5.png

 

5. 「保存」を選択して変更を適用するか、「キャンセル」を選択して保存せずにパネルを閉じます。

 

「ユーザー」ページから列を削除するには:

1.「LMS 設定」ページで、「ユーザー ページの列」を選択します。「ユーザー ページの列」パネルが開きます。

2.削除する列を選択します。「アクション」パネルが開きます。

3.「列の削除」を選択します。LMS365 システム列を削除することはできません。

4.確認メッセージが表示され、列とそれに含まれるすべての情報が LMS365 から削除されることが通知されます。この操作は元に戻すことができません。

 

受講者の全詳細へのアクセス

LMS365 では、受講者のトレーニング活動に関する特定の詳細へのアクセスを制御することができます。これは、組織のプライバシー要件に関連する可能性があります。

「受講者の全詳細へのアクセス」セクションでは、ライン マネージャーとコース管理者に対して、以下の受講者情報へのアクセスを制限することができます。

  • 受講者のアクティビティ (クイズ、コンテンツ パッケージ、ラーニング モジュール、コース、トレーニング プラン) のスコア。
  • 受講者がアクティビティ (クイズ、コンテンツ パッケージ、ラーニング モジュール、コース、トレーニング プラン) を完了するために行った試行回数。
  • 受講者がアクティビティ (クイズ、コンテンツ パッケージ、ラーニング モジュール、コース、トレーニング プラン) を完了するまでに費やした時間。

ライン マネージャーとコース管理者に対して受講者の詳細へのアクセスを制限する方法については、こちらを参照してください。

capture7.png

 

限定公開

コースやトレーニング プランの公開を特定の対象者に限定することができ、指定された対象者のみがアクセスできるようになります。この機能は、LMS365 グローバル設定の「限定公開」オプションを通じて、テナントのすべてのコース カタログで有効にすることができます。

既定では、「限定公開」機能はオフになっています。この機能を有効にすると、ユーザー権限に基づいてコースとトレーニング プランにさまざまなフィルターが適用されるため、コース カタログのパフォーマンスがわずかに低下する可能性があります。

「限定公開」をオフにすると、個々のコースとトレーニング プランのトレーニング対象者設定に関係なく、カタログにアクセスできるすべてのユーザーに、すべてのコースとトレーニング プランが表示されます。ただし、ユーザーがトレーニングにアクセスして登録できるかどうかは、個々のコースとトレーニング プランの対象者設定によって決まります。

「限定公開」をオンにすると、コース カタログで対象者に指定されているコースとトレーニングプランのみがユーザーに表示されます。個々のコースとトレーニング プランに対象者が適用されていない場合、カタログのすべてのユーザーがトレーニングにアクセスして登録することができます。対象者の設定は、個々のコースやトレーニング プランを作成または編集する際に行います。

トレーニング対象者と限定公開の仕組みについては、こちらを参照してください。

LMS configuration8.png

 

統合コネクタ

LMS365 を他のアプリケーションやデータソースと統合することで、組織内のすべての学習を 1つのインターフェイスで確認できるようになります。プラットフォームによって、コネクタはデータの受信、送信、またはその両方に使用できます。

LMS365 が他のアプリケーションやデータソースとどのように統合されるかについては、以下のリンクを参照してください。

 

注記:  

ご契約のサブスクリプション プランが LMS365 と Viva Learning および / または Go1 間の統合をサポートしていない場合、該当する「接続」オプションは無効になります。この場合、ページ上部に黄色いバナーが表示され、サブスクリプション プランのアップグレードをご案内します。

 

LMS configuration9.png

 

社内コスト通貨

「社内コスト通貨」セクションでは、セッションベースの学習の社内コストを登録する際に使用する通貨を設定できます。

 

注記:  

受講者 1 人あたりの社内コストは、セッションに出席した受講者の総数によって異なります。社内コストは、セッションの社内コストを出席登録した受講者数で除算します。受講者の出席登録が「欠席」または「欠席 (連絡済)」となっている受講者は計算に含まれません。

  • 既定値の通貨は米国ドル (USD) です。通貨記号は、テナントのすべてのコース カタログで、セッション設定パネルの「社内コスト」フィールドの横に表示されます。
  • すでに計算済みのコストは、通貨を変更しても再計算されません。セッション設定パネルの「社内コスト」フィールドの横にある通貨記号のみが変更されます。

 

通貨を指定または変更するには:

1.「LMS 設定」ページで、「社内コスト通貨」を選択します。「社内コスト通貨」パネルが開きます。

2.「通貨」ドロップダウン リストから、希望する通貨を選択します。

LMS configuration10.png

3.変更を「保存」します。

LMS365 API を使用すると、社内コストのサマリー情報を確認することができます。

Microsoft Power BI を使用すると、レポートを作成することができます。詳細については、こちらを参照してください。

 

ライン マネージャー設定

「ライン マネージャー設定」セクションでは、ライン マネージャーによる「ライン マネージャー ダッシュボード」へのアクセスと、使用できる機能の範囲を設定できます。

ライン マネージャー設定を行うには:

1.「LMS 設定」ページで、「ライン マネージャー設定」を選択します。「ライン マネージャー設定」パネルが開きます。

2.該当するオプションを設定します。

LMS configuration11.png

 

  • ライン マネージャー ダッシュボード表示: 「トレーニング ダッシュボード」からのテナント全体の「ライン マネージャー ダッシュボード」へのリンクを管理できます。
    オンにすると、ライン マネージャー権限を持つユーザーの「トレーニング ダッシュボード」に「ライン マネージャー ダッシュボード」リンクが表示され、LMS365 管理センターの「ライン マネージャー ダッシュボード」にアクセスできるようになります。
    オフにすると、ライン マネージャー権限を持つユーザーの「トレーニング ダッシュボード」に「ライン マネージャー ダッシュボード」リンクは表示されず、LMS365 管理センターの「ライン マネージャー ダッシュボード」にアクセスすることはできません。「ライン マネージャー設定」パネルの「登録とトレーニング記録の管理」オプションは自動的に無効になります。
  • 登録とトレーニング記録の管理:ライン マネージャーは、「ライン マネージャー ダッシュボード」を通じて、受講者の登録 / 登録解除、スキルの管理、外部トレーニング記録のインポートを行うことができます。「ライン マネージャー ダッシュボード表示」をオフにすると、「登録とトレーニング記録の管理」オプションは自動的に無効になります。

3.変更を「保存」するか、「キャンセル」を選択して変更を保存せずにパネルを閉じます。

 

新機能

「新機能」セクションでは、LMS365 の新機能や予定されている機能が表示されます。テスト目的で、プレビュー モードでこれらの機能を有効にすることができます。

LMS configuration12.png

 

スキル フレームワーク機能

重要!  

LMS365 スキル フレームワーク機能を設定および使用するには、スキル管理アドオンのサブスクリプションが必要です。

(LMS365 スキル フレームワークは、フリーミアム サブスクリプション タイプに含まれています)。該当するサブスクリプションをお持ちでない場合は、リセラー、パートナー、または LMS365 ライセンス チームにお問い合わせください。

 

「スキル フレームワーク機能」セクションでは、受講者によるスキルの自己評価を有効にするかどうかを設定できます。既定では、この機能はオフになっています。

1.「LMS 設定」ページで、「スキル フレームワーク機能」を選択します。「スキル フレームワーク機能」パネルが開きます。

2.該当するオプションを設定します。

  • 「スキルの自己評価を有効化」機能をオンにすると、受講者は「トレーニング ダッシュボード」を通じて自分のスキルを追加して評価できるようになります。これらのスキルは、ライン マネジャーの承認が必要な場合を除き、「有効」ステータスで受講者の記録に追加されます。
  • 「スキルの自己評価を有効化」機能をオンにした場合、「スキルの自己評価にライン マネージャーの承認を必須にする」トグルを設定することで、ライン マネージャーが受講者によるスキルの自己評価を承認する必要があるかどうかをオプションで選択できます。

3.変更を「保存」するか、「キャンセル」を選択して変更を保存せずにパネルを閉じます。

受講者によるスキルの自己評価については、こちらを参照してください。

スキルの自己評価のライン マネジャーによる承認フローについては、こちらを参照してください。

受講者とライン マネジャーの両者が行う操作を含む、スキルの自己評価プロセスの概要については、こちらを参照してください。