LMS設定:LMSの全般的な設定・管理

  • 更新

Microsoft 365 グローバル管理者とLMS365管理者は、グローバル設定から以下のLMSの全般的な設定を管理できます。ここでの設定はテナント全体に適用されます。

capture1.png

1.ユーザー列

コースカタログのユーザーページに表示する情報を設定します。また、固有の新しい列を追加して表示することもできます。

LMS365がシステムで作成している列は、説明欄に「LMS365システム列」と表示されています。

capture2.png

ここでは新しい列の追加、既存の列の編集、削除を行うことができます。ここで作成した列は、コースカタログのユーザーページで表示/非表示、表示順序の設定、タイトルの編集を行うことができます。

新しい列を追加するには

1.「+列を追加する」を選択します。

2.開いたパネルに入力します。(が付いたフィールドは入力必須です。)

capture3.png

タイトル:列の名称を入力してください。

タイプ:ドロップダウンリストから、データの型を選択します。作成後にデータの型を変更することはできません。既定は「文字列型」です(テキスト情報が表示されます)。その他に、Boolean(値がYesかNo)、数値(数字)、日付(日付形式)があります。

説明:列の説明を入力します。

表示:この列をユーザーページに表示する場合はトグルをONにします。

3.入力が完了したら[保存]します。

列を編集するには

1.列を選択し、「列を編集する」を選択します。

capture4.png

2.必要な変更を行います。

列の属性によって使用できるオプションが異なります。

LMS365システムの列:名前、タイプ、説明のテキストボックスを編集することはできません(グレーアウトになっています)。ユーザーページへの表示/非表示は変更できます。カスタム同期は、管理者・トレーニングユーザー列を除くすべてのLMS365システム列で利用できます。

カスタム同期を有効にすると、この列のデータは上書きすることができます。
一度有効にすると、LMS365はMicrosoft Azure Active Directoryからのデータを同期しなくなり、独自のデータソースからこの列にデータを入力することができるようになります。

capture5.png

新しく追加した列:

組織内の管理者が作成した列の場合、名前、説明の編集、表示の変更はできますが、データの型は変更できません。

capture6.png

3.変更を保存する場合は「保存」、保存せずにパネルを閉じる場合は「キャンセル」を選択します。

列を削除するには

1.列を選択し、アクションパネルの「列を削除する」を選択します。

2.確認メッセージが表示されます。「削除」を選択すると、列とそれに含まれるすべての情報がデータベースから削除され、ユーザーページからも削除されます。削除した列は元に戻すことができません。

capture7.png

列の削除は、管理者が作成した列に対してのみ使用できます。LMS365システム列は削除することはできません。

capture8.png

2.受講者の詳細へのアクセス

LMS365では、受講者のトレーニング活動について、特定の情報の閲覧を制限することができます。これは、お客様の組織のプライバシー保護規定に適用できます。

「受講者の詳細へのアクセス」では、ライン管理者とコース管理者による、以下の受講者情報の閲覧を制限できます。

  • 受講者のコース、クイズ、SCORM等の試行回数
  • 受講者の得点
  • 受講者が学習の完了に費やした時間、または平均時間

トグルをOFFにすると、これらの情報を見ることはできません。

capture9.png

すべての受講者詳細へのアクセス(ライン管理者):このオプションをOFFにすると、ライン管理者は受講者の試行回数、詳細スコアおよび学習に費やされた時間を見ることはできません。

すべての受講者詳細へのアクセス(コース管理者):このオプションをOFFにすると、コース管理者は受講者の試行回数、詳細スコアおよび学習に費やされた時間を見ることはできません。

閲覧制限されるデーターの詳細は「特定のロールに対して受講者の詳細の閲覧を制限する」をご参照ください。

3.限定公開

コースやトレーニングプランは、特定のユーザーを受講の対象者として設定することができます。

限定公開オプションをONにすると、対象者が設定されたコースやトレーニングプランを、対象者となる受講者のコースカタログにのみに公開することができます。

既定では、このオプションはOFFになっています。これは、このオプションをONにすると、すべてのコースがユーザーの権限に基づいてフィルタリングされるため、コースカタログのパフォーマンスが若干低下することを考慮してのことです。

したがって、既定ではコースやトレーニングプランの対象者設定にかかわらず、コースカタログにアクセスできるすべてのユーザーに、すべてのコース・トレーニングプランが表示されます。ただし、これらを受講できるかどうかは、対象者の設定に依ります 。(対象者が指定されていない場合、すべてのユーザーがコースカタログからトレーニングにアクセスして受講することができます。)

capture10.png

コースやトレーニングプランの対象者は、コース・トレーニングプランの作成(編集)プロセスで設定・管理することができます。

詳細については、こちらの限定した受講者にトレーニングを公開するにはをご参照ください。

4.社内コスト通貨

セッションベースの学習のコストを登録する際に使用する通貨を設定できます。

受講者1人あたりの社内コストは、セッションに出席した受講者の総数によって異なります。社内コストは、セッションの社内コストを出席登録した受講者数で割って算出されます。受講者の出席登録が「不在」または「不在(報告済)」となっている受講者は計算に含まれません。

通貨を指定または変更するにはドロップダウンリストから希望する通貨を選択して「保存」します。

capture11.png

既定値の通貨は米国ドル(USD)です。通貨を変更するとセッションの社内コストフィールドの通貨記号が変更されます。ただし、セッションに設定されている原価は換算されません。また、既に計算済みの受講者コスト/1人も再計算されません。

通貨は、テナント内のすべてのコースカタログのすべてのコースセッションに適用されます。

capture12.png

LMS365 APIを使用して、社内コストのサマリー情報を確認することができます。

Microsoft Power BIを使用してレポートを作成することもできます。詳しくはLMS365データを使用してPower BIでレポートを作成するをご参照ください。

5.ライン管理設定

ライン管理設定では、ライン管理者が使用できる機能を制限することができます。

該当するオプションのトグルをONにします。

capture13.png

ライン管理者ダッシュボード表示:このオプションをONにすると、テナント全体のライン管理者のトレーニングダッシュボードに「ライン管理者ダッシュボード」リンクが表示されます。このオプションをOFFにすると、トレーニングダッシュボードにライン管理者ダッシュボードリンクは表示されません。また、「登録とトレーニング記録の管理」オプションは無効になります。

登録とトレーニング記録の管理:このオプションをONにすると、ライン管理者はライン管理者ダッシュボードから受講者の登録・解除やスキルの管理、外部トレーニングのインポートを行うことができます。

6.新機能

LMS365がリリースを予定している新しい機能のうち、プレビューモードでお試しいただけるものがある場合には、その機能が表示されます。

capture14.png