ラーニングモジュールでコンテンツを使用する

  • 更新

ラーニングモジュールにはさまざまなタイプのコンテンツを追加することができます。各コンテンツは5つのセクションに分かれています。「マルチメディア」、「コンテンツ」、「ファイル&ウェブサイト」、「その他の埋め込みコード」、「ドキュメント」です。

ここでは、コンテンツの種類と、ラーニングモジュールビルダーでのコンテンツの扱い方について説明します。

________________.png

LMS365では以下のタイプのファイルをサポートしています。(コードやブラウザによって、多少異なる場合があります。)

  • .doc;
  • .docx
  • .xls …  Excel ビューワーの制限数までは自動的にダウンロードされます。
  • .xlsx
  • .ppt
  • .pptx
  • .pdf
  • .png
  • .jpg
  • .jpeg
  • .bmp
  • .tiff … デフォルトのファイルとして自動的にダウンロードされます。
  • .svg
  • .gif
  • .mp4
  • .avi, .mpg (mpeg-1, mpeg-2) …適切なリンクをクリックするとダウンロード可能です。
  • .flv -… FLASH を用いた mediaelement.js によって再生されます。
  • .mp3;
  • .wav … PCM ファイルの場合、Chrome, Firefox では再生されます。(IE では再生されません。)

エンドユーザーが利用できるすべてのメディアファイルには、オリジナルファイルへのリンクが提供されます。

注記:クイズ、SCORMパッケージ、外部アプリは、コース編集またはコンテンツ管理からでもコースに追加することができます。その他のアイテムは、ラーニングモジュールからのみコースに追加できます。

各アイテムはラーニングエディターにドラック&ドロップして追加します。

_________________.gif

1.マルチメディア

Microsoft Stream:組織のメンバーがビデオを安全にアップロード、視聴、共有できるエンタープライズビデオサービスです。タイトルを入力して、Microsoft Streamに保存されたビデオの埋め込みコードを貼り付けます。

__________stream__.png

プレビューが表示されます。[挿入]ボタンをクリックします。

Microsoft Stream ビデオのすべての設定は、当社のシステムでサポートされ適用されます。

Microsoft Sway:Microsoft Swayはインタラクティブなレポート、プレゼンテーション、パーソナルストーリーなどを作成するためのアプリです。タイトルを入力して、Microsoft Swayで作成したアイテムの埋め込みコードを貼り付けます。

__________sway__.png

下にプレビューが表示されます。[挿入]ボタンをクリックします。

YouTube:タイトルを指定し、動画の埋め込みコードを貼り付けます。

__________Youtube__.png

下にプレビューが表示されます。[挿入]ボタンをクリックします。

Office ビデオ:OfficeビデオはMicrosoft Stream に自動的に移行されています。詳しくは「Office 365 ビデオは廃止されました - Microsoft Stream | Microsoft Docs」をご覧ください。

注記:Microsoft 365 Video ポータルでは現在、外部共有ができません。

2.コンテンツ

コンテンツエディター:コンテンツエディターでは、リッチテキストエディーを使ってコンテンツを作成することができます。右上のボタンでエディタを拡大して表示できます。

コンテンツのタイトルを入力して、必要なコンテンツを挿入します。

___________________.png

リッチテキストエディターにあるボタンを使って、メディアコンテンツを追加することができます。

mceclip1.png

YouTube動画を挿入するには、「YouTube」アイコンをクリックしてYouTubeのURLを貼り付け、[挿入]ボタンをクリックします。

___________________Youtube.png

動画をアップロードするには、「ビデオをアップロード」アイコンをクリックして、ローカルコンピュータからアップロードするファイルを選択します。ビデオプレーヤーの幅と高さをピクセル単位で指定して、[アップロード]ボタンをクリックします。

______________________.png

音声をアップロードするには、「音声をアップロード」アイコンをクリックし、アップロードするファイルをローカルコンピュータから選択します。オーディオプレーヤーの幅をピクセル単位で指定して、[アップロード]ボタンをクリックします。

_____________________.png

画像をアップロードするには、「画像をアップロード」アイコンをクリックして、アップロードするファイルをローカルコンピュータから選択します。画像の幅と高さをピクセルで指定して、[アップロード]ボタンをクリックします。

_____________________.png

ファイルをアップロードするには、「ファイルをアップロード」アイコンをクリックし、ローカルコンピューターからファイルを選択して[アップロード]ボタンをクリックします。

_________________________.png

「HTMLを表示」ボタンを使ってスクリプトを挿入することもできます。

mceclip4.png

___________________HTML.png

クイズ:LMS365クイズビルダーで作成したクイズをラーニングモジュールに追加します。クイズを選択して[挿入]ボタンをクリックします。

_______________.png

SCORMパッケージ:LMS365にアップロードされているコンテンツパッケージから選択するか、新しいコンテンツパッケージをアップロードしてラーニングモジュールに追加します。

注記:Microsoft Teamsでコンテンツパッケージを正しく表示するには、事前にコンテンツパッケージのベンダーに連絡し、コンテンツパッケージがMicrosoft Teamsアプリと互換性があるかどうかを確認してください。詳しくは「コンテンツパッケージの採用と管理」をご覧ください。

新しいコンテンツパッケージをアップロードするには「+コンテンツパッケージのアップロード」をクリックします。

注記:アップロード可能なファイルサイズは最大1GBです。

__________SCORM__.png

パッケージのアップロードにかかる時間は、パッケージのサイズと回線速度によって異なります。アップロードの進捗状況は、通知のプログレスバーで表示されます。

mceclip5.png

開いたパネルに入力して新しいコンテンツパッケージを追加します。コンテンツパッケージの設定については、こちらをご覧ください。

アップロード処理をキャンセルする場合は、「キャンセル」をクリックします。次の通知が表示されます。

SCORM________.png

アップロードが完了すると「ラーニングモジュールにコンテンツパッケージを追加」一覧に表示されます。アップロードしたコンテンツパッケージは、コンテンツパッケージ管理からも使用できます。

列名「タイトル」、「更新者」、「学習コースに追加」をクリックして昇順・降順の並べ替えができます。コンテンツパッケージの種類でのフィルタリングや検索もできます。

__________SCORM____.png

コンテンツパッケージを選択し[挿入]ボタンをクリックしてラーニングモジュールに追加します。

外部アプリ:

注記:事前に外部アプリケーションをコースに追加してください。外部アプリケーションがコースに追加されていない場合、ラーニングモジュールに追加することができません。

______.png

外部アプリを選択し[挿入]ボタンをクリックしてラーニングモジュールに追加します。

_________________.png

Microsoft Forms:Microsoft Formsは、アンケートやクイズ、投票を作成し、その結果を簡単に確認できるアプリです。Microsoft Formsを使って、コースの参加者からコースの内容に関するフィードバックを得ることができます。タイトルを入力して、Microsoft Forms で作成したアンケート等の埋め込みコードを貼り付けます。

__________Forms__.png

下にプレビューが表示されます。[挿入]ボタンをクリックします。

理解完了確認:ラーニングモジュールでが教材を閲覧し、内容を理解したこと受講者に確認します。タイトル、確認メッセージ、メッセージを入力します。

______________.png

タイプのドロップダウンリストで確認する方法を選択します。

「チェックボックス」と「承認」の2つがあります。 「承認」の場合、受講者は資格情報を入力する必要があります。

________________.png

理解完了確認は学習項目の最後、または途中に追加することができます。例えば、学習項目が5つある場合、3 番目の学習項目の後に理解完了確認を置くことで、受講者がそれまでの学習を理解しているかを確認できます。

_________________.png

3.ファイル&ウェブサイト

ドキュメントファイルリンク:タイトルを入力して、リンクURLを貼り付け、「挿入」ボタンをクリックします。

LMS365プレイヤーでは、次のメッセージが表示されます。

___________________LMS365____.png

注記:Word Onlineを使用したドキュメントを、LMS365システム内のラーニングモジュール内で開くようにする場合、クラシックSharePointでは制限付きリンクを使用します。

________________Word___________.png

モダンSharepointでは「既存アクセス権を持つユーザー」を選択します。

________________Word________.png

WebページのURL:タイトルを入力し、リンクを貼り付けます。外部Webサイトのリンクは、埋め込みに最適化されている場合のみ、ラーニングモジュールに埋め込むことができます(LMS365プレイヤー内で直接開くことができます)。「新しいタブで開く」 オプションをOFFにすると、埋め込んだWebサイトの表示サイズを設定できます。

__________WebURL_____.png

[挿入]ボタンをクリックします。

「新しいタブで開く」オプションがONの場合、LMS365プレイヤーでは、次のメッセージが表示されます。

___________________LMS365____.png

外部の pdf、doc、docx、pptx ファイルを Microsoft Teams 経由で LMS365プレイヤーに正しく表示するためには、予めローカルコンピューターにドキュメントをダウンロードして、LMS365システムにアップロードすることをお勧めします。

4.その他の埋め込みコード

Vimeo、Flickrなどの埋め込みコード:タイトルを入力して埋め込みコードを貼り付けます。

__________Vimeo____.png __________Flickr____.png

下にプレビューが表示されます。[挿入]ボタンをクリックします。

5.ドキュメント

ラーニングモジュールドにドキュメントを挿入することができます。

ドキュメントを追加するにはファイルをローカルPCからファイルをアップロードします。

______________________.png

また、NEWボタンで新しいドキュメントを作成することもできます。

____________________.png

作成するファイルの種類を選択すると新しいウィンドウで編集画面が開きます。必要な編集を行いウィンドウを閉じてください。

ラーニングモジュールドにドキュメントを挿入するには、一覧にあるファイルを選択し、ラーニングモジュールエディターにドラック&ドロップします。

注記:ドキュメントは、ラーニングモジュールからのみコースに追加できます。

ラーニングモジュールエディターにファイルを追加すると、ドキュメントの一覧から削除されます。ファイルをドキュメント一覧に戻すには、ドキュメントリスト内にドラッグ&ドロップするか、ラーニングモジュールエディターから削除します。

5.1 ドキュメントの管理

ラーニングモジュールで使用されるドキュメントは、コースのサイトにある別のドキュメントライブラリに保存されます。このドキュメントライブラリは、コース内にドキュメントファイルを含む最初のラーニングモジュールが作成されたとき、LMS365によって「Learning Module Documents」という名前で自動生成されます。

「Learning Module Documents」には、コースホームページの設定(歯車アイコン)>サイトコンテンツ>コンテンツ一覧からアクセスできます。

_________________.png

または、ラーニングモジュールのドキュメントセクションにある「ドキュメントライブラリへ」ボタンをクリックしてアクセスできます。

_____________________.png

開いたウィンドウには、アップロードされたすべてのドキュメントが表示されます。

____________________.png

5.2 1つのドキュメントを複数のコースで使用する

同じドキュメントを複数のコースで使用することができます。

ドキュメントを部門間でアクセスできる中央の場所に保管します。

1.ラーニングモジュールのドキュメントセクションにドキュメントをアップロードする方法

この場合、簡単かつ迅速にドキュメントをコースに追加することができます。しかし、ドキュメントがコース(ラーニングモジュールエディター)に追加されると、中央に配置されたドキュメントとは同期されません。誰かがこのドキュメントに変更を加えても、コースに追加されているドキュメントには反映されません。つまり、この場合、コースに追加されたドキュメントは手動での変更や、カスタムソリューションの構成が必要になります。

2. ラーニングモジュールの「ドキュメントファイルリンク」を使用する方法

「ドキュメントファイルリンク」を使用してコースにドキュメントを追加します。この場合、コースがドキュメントをローカルに保存しないため、コースに表示されるドキュメントは常に最新の状態になります。ただし、コースサイトへのアクセス権限とドキュメントへのアクセス権限が同じでなければなりません。アクセス権限が異なる場合、一部の受講者はドキュメントの閲覧権限を持たない可能性があり、このコースコンテンツの閲覧がブロックされます。

Microsoft 365でのドキュメントの保存と管理ににおけるMicrosoftの推奨事項はこちらの「ファイル ストレージと共有をセットアップするをご覧ください。

5.3 アップロードしたドキュメントの管理

ドキュメントライブラリでは、Office Onlineを使った新規ドキュメントの作成、ファイルのアップロード、アップロードされたファイルの編集・管理ができます。

________________________________.png