クイズの作成・管理と使用方法

  • 更新

LMS365 のクイズ機能は、学習成果をはかるためのテストを設計・作成し、学習プロセスにおいて最終段階での判定テストや、学習の途中で理解度をより深めるための確認テストなどを実施することができます。

ここでは、LMS365でクイズを作成する方法、クイズの種類、トレーニングへの追加方法、クイズの編集・削除する方法、クイズWebパーツと言語設定について説明します。

1.クイズを作成する

新しいクイズの作成は、次の場所から行うことができます。

1.教材管理から作成する

LMS365管理センターの教材管理>クイズ管理>「クイズ」を選択します。

________.png

「クイズ」パネルには、現在のコースカタログのすべてのクイズが一覧に表示されます。各クイズの概要情報として、名前、説明、公開ステータス、作成者、作成日が表示されています。

新しいクイズを作成するには、「+クイズを作成」ボタンをクリックします。

________.png

2.既存のコースの「コンテンツ」セクションから作成する

LMS365管理センターのコース一覧でコースを選択します。学習コース管理パネルの「コースコンテンツ管理」を選択します。

________.png

「+学習項目の追加」をクリックし、表示されたドロップダウンメニューから「?クイズの追加」選択します。

________.png

______.jpg学習コース管理パネルの「コースを編集」、「コース設定管理」、「受講者を管理する」から「コンテンツ」セクションに移動することもできます。

開いた「クイズの追加」パネルで、「+クイズを作成」をクリックします。

________.png

3.トレーニング(コース)の作成中にクイズを作成する

トレーニング作成中に新しいクイズを作成するには、トレーニングを作成パネルの、「コンテンツ」 セクションに移動します。

「+学習項目の追加」をクリックし、表示されたドロップダウンメニューから「?クイズの追加」選択します。

________.png

開いた「クイズの追加」パネルで、「+クイズを作成」をクリックします。

次の通知が表示されます。「保存して続行」をクリックすると、作成中のトレーニングが保存され、クイズの作成ページが開きます。

________.png

クイズの作成が完了すると、作成中のトレーニングの「コンテンツ」セクションに自動的にリダイレクトされます(トレーニングは作成モードから編集モードになります)。作成したクイズは「コンテンツ」セクションの学習項目に自動的に表示されます。

上記どのポイントからスタートしても「クイズの作成」ページに移動します。

2.「クイズを作成」フィールドへの入力

「クイズを作成」画面は、いくつかのセクションに分かれています。

________.png

クイズの詳細:

このセクションでは、クイズの基本情報を入力します。のついた項目は入力必須です。

タイトル:クイズの名称を入力します。同一のタイトルで作成することもできます。

説明:クイズの説明を入力します。

合格点(%):クイズの合格値を設定します。0%~100%の範囲で設定できます。

最大回答回数:クイズに回答できる回数を設定します。既定値は 1 です。空欄の場合、回答回数は無制限となります。

回答中にスコアを表示:受講者がクイズに回答した際、画面に得点を表示します。

ナビゲーションの許可:このオプションを有効にすると、受講者は設問間を任意に移動することができます。

ご注意ください:「ナビゲーションの許可」を有効にすると、下図の「回答中にスコアを表示」オプションは自動的に無効になります。これは、受講者が回答を変更することを避けるためです。

________.png

ランダマイズ:このオプションを有効にすると、受講者がクイズを複数回試行する際、設問をランダムに出題します。

完了時にスコアを表示:このオプションを有効にすると、クイズの結果ページにスコアを表示します。

_________.png

質問のポイントを表示:設問に付与されているポイントを表示します。

_________.png

レビュー:このオプションを有効にすると、受講者は自分の回答を確認することができます。(既定値は無効です)

_________.png

回答の表示方法:レビューを有効にすると、レビューの際、受講者に回答をどのように表示するかを選択できます。

  • 回答のみ表示:受講者の回答を表示します。

    _________.png

  • 回答の正解、または不正解を表示:受講者の回答と、その回答のステータス(正解、不正解、または回答されていない)を表示します。

    _________.png

  • 正答を表示する:受講者の回答と正解を表示します。

    _________.png

共有オプション:

共有オプションセクションでは、作成するクイズを使用する範囲を設定します。

_________.png

学習コースに共有:学習コースに共有を選択した場合、コースを選択フィールドが表示されます。ドロップダウンリストからクイズを共有するコースを選択します。クイズは選択したコースで使用することができます。

_________.png

コースカタログに共有:クイズは現在のコースカタログのすべてのコースで使用することができます。

ご注意ください:

「学習コースに共有」を選択した場合、選択したコースのすべての管理者およびコースカタログの管理者が、クイズの編集および削除をすることができます。

「コースカタログに共有」を選択した場合、すべてのコースの管理者およびコースカタログの管理者がクイズの編集および削除をすることができます。

共有設定に応じて、新しく作成されたクイズが利用できるようになります。

SharePointサイトに複数のサブサイトがあり、それぞれがコースカタログとして使用されている場合、これらのコースカタログの1つで作成されたクイズは、これらすべてのコースカタログで利用できます。

作成したクイズを現在のサイトに追加するには、教材管理>クイズ管理>クイズでクイズを選択し、アクションパネルの「クイズの編集」を選択します。「共有オプション」セクションで「学習コースに共有」を選択し、クイズを共有するコースを選択します。

ご注意ください:コースに追加されたすべてのクイズは、自動的にコース完了に必要なものとしてコー了設定に追加されます。コース完了設定を変更するには、学習コース管理>コース完了設定 でコース完了必要な学習項目を定義してください。

クイズが共有されたコースが削除された場合でも、クイズを作成したユーザーとすべてのコースカタログ管理者はクイズを閲覧することができます。コース管理者は共有オプションを「コースカタログに共有」に変更するか、共有する別のコースを選択することができます。

ご注意ください:1つのコースでクイズを共有している場合、そのコースが削除されるとクイズは自動的にコースカタログに共有されます。

回答時間制限:

時間制限オプションは、受講者が、クイズにあるすべての設問の回答を完了するまでに要する時間に制限を設けることができます。

このオプションを有効にすると「期間」および「受講者にタイマーを表示する」のオプションが表示されます。

_________.png

「期間」フィールドでは、期間の単位を 秒、分、時間、日、週から選択することができます。「受講者にタイマーを表示する」を有効にすると、クイズの受講画面にタイマーが表示されます。

_________.png

クイズの結果ページには回答にかかった時間が表示されます。

_________.png

制限時間内にすべての設問の回答が完了できない場合は失敗となります。

_________.png

公開設定:

公開オプションは 既定値でON になっています。これにより作成したクイズはで使用できます。

_________.png

開始日:クイズを公開(利用可能となる)する日時を設定します。※公開オプションをONにすると「開始日」フィールドは現在の日時が自動的に挿入されます。

終了日:クイズの公開を終了(利用不可となる)する日時を設定します。

ご注意ください:日付と時刻はコースカタログのサイト地域設定のタイムゾーンに依存します。コースカタログのタイムゾーンを設定ついては、こちらのコース、コースカタログ、コースセッションにタイムゾーンを設定する方法をご覧ください。

設問の種類:

このセクションでクイズに設問を設定します。設問を追加するには3つの方法があります。

設問の種類をドラッグ&ドロップして追加する

設問の種類を選択し、クイズエディターにドラッグ&ドロップします。開いたページで設問を作成し、追加します。

_________.gif

設問アーカイブから設問を追加する

LMS365 の設問アーカイブにある設問は、テナント全体で使用するこができます。「設問アーカイブ」から必要な設問を追加することができます。

_________.gif

設問アーカイブを、クイズエディターにドラッグ&ドロップすると、設問アーカイブの一覧が表示されます。列のフィルターを使用して、必要な質問を検索できます。

_________.png

設問アーカイブをクイズエディターにドラッグ&ドロップします。「設問アーカイブから設問を選択」フォームが開きます。

_________.png

タイプ:

「固定」タイプの場合、各設問のチェックボックスを選択して、クイズに追加する設問を個別に選択します。すべてを選択するには、列名「設問名」のボックスをチェックします。

ご注意ください:固定タイプでクイズを作成した場合、クイズ作成以後、設問アーカイブ内の設問が変更された場合でも作成済みのクイズに反映はされません。ランダムタイプを選択した場合、設問アーカイブ内の設問の変更は作成済みのクイズもその変更が適用されます。

「ランダムタイプ」の場合、作成するクイズにはこの設問アーカイブからランダムに設問が追加されます。この場合、受講者には設問アーカイブからランダムに選ばれた設問が指定された数だけ出題されます。そのため、複数の受講者に対して同じクイズで異なる設問が出題されます。また、同じクイズを再試行しても、出題される設問は前回と同様になることはありません。

_________.png

全問数: ランダムタイプを選択するとこのフィールドが表示されます。クイズに出題する設問の数を指定します。

以下のようにポイントやタグの条件を設定して、設問アーカイブ内から出題する設問を制限することができます。

_________.png

ポイント:このフィールドは、設問アーカイブ内の設問のフィルターとして機能します。設問のポイントの最小値および最大値を入力してください。定義した値以内のポイントを持つ設問のみを、クイズに追加することができます。

タグ:このフィールドは、設問アーカイブ内の設問のフィルターとして機能します。設問に設定されたタグを入力してください。「何れか含む」を選択すると、指定(複数可)したタグのうち、何れかのタグ持つすべての設問が表示されます。「すべて含む」を選択すると、指定(複数可)した全てのタグを持つ設問が表示されます。

選択をやり直すには「全てリセット」、選択した内容を保存するには「保存」、設問の追加を中止するには「キャンセル」を選択します。

固定タイプで追加された設問は、クイズエディターで各設問を編集、削除することができます。ここで行った変更は、設問アーカイブには影響しません。

ランダムタイプで追加した設問は、設問のグループとして追加されます。(括弧内に出題数が表示されます。)クイズエディターで追加したグループを編集、削除することができます。「編集」アイコンをクリックすると、「設問アーカイブから設問を選択」が表示されます。設出題する設問の数など設定を変更します。「削除」アイコンをクリックすると、グループ全体が削除されます。ここで行った変更は、設問アーカイブには影響しません。

追加した設問はドラッグ&ドロップで並び替えることができます。

_________.png

QTIパッケージ経由で質問を追加

LMS365では、SCORM と同様のe ラーニング標準規格である QTI(Question and Test Interoperability)
をサポートしています。QTI 形式のパッケージから設問をインポートすることができます。

「QTIパッケージの読み込み」ボタンを選択すると、QTIパッケージから以下のタイプの問題をインポートすることができます:多肢選択問題、複数回答問題、真偽判定問題、順序判定問題、マッチング問題、ホットスポット問題、ギャップフィル問題、記述問題、自由記述問題。

_________.png

ご注意ください。LMS365 は XML バージョン2.2 の QTI パッケージのみをサポートしています。設問内に数式を含むQTIパッケージを取り込む際は 、Mozilla Firefoxブラウザをご使用ください。

QTIパッケージから設問を追加するには:

ローカルPCからアップロードするパッケージを選択します。選択したパッケージがサポートの対象でない場合はエラーメッセージが表示されます。

_________.png

取り込みを実行すると、設問はタイトルや説明、回答、ポイントなどを含んだ形で、クイズエディターに追加されます。

_________.png

取り込んだ設問は、編集、削除、並び替えを行うことができます。

ご注意ください:設問の種類がサポートされていない等の理由により、一部の設問が取り込めなかった場合は、その設問とエラーメッセージが一覧に表示されます。

_________.png

クイズエディター:

クイズエディターは、クイズの設問を構成する場所です。

設問の種類セクションから設問をクイズエディターにドラッグ&ドロップして追加します。

________.pngをドラッグアンドドロップして、設問を並べ替えます。
______.pngで設問を編集します。
______.pngで設問を削除します。

作成ボタン:

必要な項目がすべて入力されたら、左下の「作成」ボタンで、クイズの作成を終了します。

_________.png

ご注意ください:必須項目が空欄の場合、クイズは作成できません。

_________.png

クイズ作成が保存される前に「設問に戻る」をクリックすると、次のメッセージが表示されます。

OKをクリックするとクイズの一覧に戻ります。キャンセルをクリックするクイズの作成を継続することができます。

_________.png

クイズの作成が完了すると、教材管理>クイズ管理>「クイズ」ページの一覧に作成したクイズが表示されます。

3.設問の種類と作成

クイズの設問の作成は、以下の2つの場所で作成できます。

  • クイズ作成ページで、設問の種類から「クイズエディター」に設問の種類をドラッグ&ドロップして、新しい設問を作成・追加することができます。これにより、クイズに設問が追加されます。
  • 「設問アーカイブ」作成ページで、設問の種類から「設問アーカイブエディター」に設問の種類をドラッグ&ドロップして、新しい設問を作成・追加することができます。これにより、設問アーカイブに設問が追加されます。

どちらの場合も、まず作成する設問の種類を選択する必要があります。

設問の種類を選択してクイズエディターにドラッグ&ドキュメントすると、設問の作成フォームが開きます(フォームは設問の種類によって異なります)。

_________.png

フィールドに入力ます。

設問名:設問の名前です。

_________.png

設問名は、クイズ受講画面のブレッドクラム、LMS365モバイルアプリのクイズの画面上部に表示されます。

_________.png

_________.png

______.jpg 同じタイトルの設問を作成することができます。

設問:リッチテキストエディターを使って質問を入力します。リッチテキストエディターでは、テキスト、フォント、テキストレイアウト、リスト、リンク、画像、メディアコンテンツを使用して質問を作成することができます。

_________.png

_________.png

ご注意ください:アップロードした動画や画像、ドキュメント等は「サイトのリソース ファイル」に保存されます。受講者はこのライブラリへのアクセス権を持っている場合のみ、クイズにアップロードされた動画や画像を見ることができます(アップロードされた画像を見るための追加の権限は必要ありません)。既定値では、受講者はこのライブラリへのアクセス権限を持っていますが、サイトコレクション内の他のサイトにアップロードされたアイテムを使ったクイズを利用する場合、アクセス権が異なる可能性があります。その場合、クイズが作成されたサイトの「サイトのリソース ファイル」のライブラリ設定で権限の許可をご確認ください。

回答:設問に対する回答を設定します。設問の種類に従って回答を設定します。

個々の回答はリッチテキストエディターで編集できます。回答を編集するには______.pngを、保存するには______.pngを、削除するには______.pngを使用します。回答を追加するには、「回答を追加」を選択します。

単一選択問題:設問に対して、複数の選択肢から正解を 1 つ選択する問題です。正解は1つしか設定できません。問題に対して複数の答えを設定し、1つの正解の回答ラジオボタンをONにします。

_________.png

「ランダマイズ」をONにすると、回答は毎回ランダムに並び替えられ、受講者に出題されます。

複数回答:設問に対して、複数の選択肢から正解を2つ以上選択する問題です。設問に対して、複数の選択を用意します。正解の回答にチェック____________.pngします。正解の回答は複数設定します。

_________.png

「ランダマイズ」をONにすると、回答は毎回ランダムに並び替えられ、受講者に出題されます。

〇✕問題:「はい」または「いいえ」で回答する問題です正解の回答のラジオボタンをONにします。

_________.png

並び替え問題:正しい順番に並べ替える問題です。受講者はあらかじめ定義された順序で並べることで正解となります。回答を正解の順番に並べます。回答は毎回ランダムに並び替えられ、受講者に出題されます。

_________.png

組み合わせ問題:左パートと右パートを正しい組み合わせにする問題です。左の列対して、右の列にマッチする回答を設定します。右側の列は毎回ランダムに並び替えられ、受講者に出題されます。

_________.png

ランダマイズをONにすると、左側の列の回答も毎回ランダムに並び替えられ、受講者に出題されます。

画像内領域選択問題画像を表示し、画像内の特定の領域を選択する問題です。画像を選択」で、ローカルコンピュータから画像(.gif、.png、.jpg、.jpeg)をアップロードします。アップロードした画像で設問に対して正解となる領域を設定します。

_________.png

穴埋め問題:文章中の空欄になっている箇所に、テキスト入力、またはリストから選択する問題です。穴埋めする箇所を、括弧[]でくくります。リストから選択する場合は、括弧の内をパイプ記号 | で区切り、複数のワードを入力します。先頭のワードが正解となります。

_________.png

問題作成例)

SharePoint Online は、[Microsoft|Apple] がビジネス向けに提供しているサービスの1つです。ファイル・情報共有サービスで、[クラウド]上でファイルの[保管]や[共有]ができます。

※この場合、①はドロップダウンリストが表示され、「Microsoft」が正解となります。②は空欄が表示されますので、受講者は回答をテキスト入力します。ドロップダウンリストは毎回ランダムに並び替えられます。

記述問題:空のフィールドテキスト入力する問題です複数の回答を設定します。最大文字数は50字です。正解との一致率を定義します。

下図の例では、回答が「Eラーニングシステム」または「E-ラーニングシステム」の場合、獲得ポイントの100%が付与され、「Eラーニング」の場合は90%、「ラーニングシステム」の場合は80%のポイントが付与されます。

_________.png

「Is RegExp」オプションをONにすると、回答欄に正規表現を使用することができます。

_________.png

正規表現とは、例えば1~5までの数字であれば正解とする場合に、回答欄に[1-5]と設定することで、1から5までの半角数字であれば全て正解とすることができます。正規表現の詳細については「正規表現言語 - クイック リファレンス」をご参照ください。

自由記述:フリーテキストエリアに受講者が何かを記入することで全て正解となる問題です。この問題には回答の設定はありません。受講者が何らかの回答を入力した場合、問題は常に回答済みとみなされ、ポイントが加算されます。。

_________.png

獲得ポイント:正解に対して付与されるポイント数を入力します。フィールドの値は0~2147483647で設定します。

_________.png

タグ:設問アーカイブで、設問を検索する際に使用するタグを指定します。

_________.png

正解|解説:受講者の回答が正解の時、受講者に表示するメッセージを入力します。このフィールドが空欄の場合は、次の設問に移動します。また、「ナビゲーションの許可」が有効な場合フィードバックは表示されません。

_________.png

不正解|解説:受講者の回答が誤っている時、受講者に表示するメッセージを入力します。このフィールドが空欄の場合は、次の設問に移動します。また、「ナビゲーションの許可」が有効な場合フィードバックは表示されません。

_________.png

4.クイズの編集・削除

クイズの編集・削除を行うにはLMS365管理センター>教材管理>クイズ管理>クイズでクイズを選択し、開いたアクションパネルで「クイズを編集」または「クイズを削除」を選択します。

_________.png

クイズを編集:

ご注意ください:クイズを編集で行った変更は、既にコースに追加している当該クイズにも反映されます。

クイズを編集ページで必要な変更を行います。

_________.png

______.pngこのクイズは次のコースで使用されています」リンクをクリックすると、このクイズを使用しているコースの一覧が表示されます。

_________.png

______.pngアイコンをクリックすると、コースのホームページが新しいタブで開きます。

ご注意ください:クイズの合格点を変更した場合、その変更は新しい試行と未完了の試行(回答が未提出のもの)に対して適用されます。既に完了した試行には適用せれません。

変更が保存される前に「設問に戻る」をクリックすると、次のメッセージが表示されます。

_________.png

設定の変更が完了したら、「保存_______.png」で変更を保存します。クイズの一覧画面に戻ります。

ご注意ください:システムは最後に行った変更のみを保存します。そのため、変更を保存する以前の設定を復元することはでできません。

クイズを編集しても、受講者が既に行った試行が削除されることはありません。試行の経過はシステムによって保持されます。変更の内容は、未完了の試行と新しい試行に適応されます。 受講者は未完了の試行を継続するか、新しい試行を開始することができます。

クイズを削除:

クイズを削除をクリックすると次のメッセージが表示されます。

選択したクイズがカタログ内のコース内では使用されていない場合:

_________.png

選択したクイズがカタログ内のコース内では使用されている場合:

______.pngアイコンをクリックすると、コースのホームページが新しいタブで開きます。

_________.png

いずれの場合も、「削除」ボタンをクリックするとクイズが削除されます。

5.コースのクイズを管理する

コースに追加したクイズを管理するにはコース一覧で コースを選択し、学習コース管理パネルの「コースコンテンツ管理」を選択します 。「コンテンツ」セクションパネルのページが開きます。

_________.png

______.jpg 学習コース管理パネルの「コースを編集」、「コース設定管理」、「ユーザー管理」から「コンテンツ」セクションに移動することもできます。

クイズを選択すると、アクションパネルが表示されます。

_________.png

コースにクイズを追加する:

コースにクイズを追加するには、コンテンツセクションパネルの「+学習アイテムの追加」>「クイズの追加」を選択します。

_________.png

開いたサイドバーで、クイズを選択するか、「+クイズを作成」を選択して、新しいクイズを作成します。ここで作成したクイズは、自動的にこのコースに追加されます。

_________.png

受講者の詳細を閲覧:

選択したクイズにおける受講者の進捗を見ることができます。受講者が複数回試行した場合は、最後の結果が表示されます。受講者の名前の横にある展開ボタンをクリックすると、その受講者のすべての試行を見ることができます。

_________.png

受講者の詳細を閲覧ページには、次の情報が表示されます。

  • 名前:現在のコースに登録されている受講者名。
  • 合格:受講者がクイズに合格した場合「はい」不合格の場合「NO」と表示されます。
  • 得点:受講者の得点率
  • 合格点:クイズが合格となる得点率
  • ステータス:現在の進捗(未開始、受講中、完了、失敗、受講回数超過の何れか。)
  • 完了日:受講者がクイズを完了した日時
  • 経過時間:すべての設問に回答するのにかかった時間が表示されます。受講中の場合は何も表示されません。
  • 実施日時受講者がクイズの試行を開始した日時(展開された詳細にのみ表示されます)

すべての列名をクリックして並び替えができます。また、フィルターを使用した検索もできます。

_________.png

展開して表示された受講者の試行は、閲覧・削除することができます。(ステータスが未開始の除く)

「回答の閲覧」アイコン______.pngをクリックすると、受講者の回答を見ることができるます。受講者が回答していない設問は「回答がありません」と表示されます。

_________.png

自由記述の設問は、受講者の獲得したポイント数を編集することができます。これを行うには、ポイント数の横にある ______.png アイコンをクリックします。ポイントを設定して_______.pngをクリックします。

_________.png

獲得ポイント数を変更すると、得点率が再計算され、試行の完了ステータスが更新されます。

クイズのレビュー>正答を表示するオプションが設定されている場合、受講者の回答には背景が青色の帯で表示されます。選択肢のうち正しい答えには _________.png がついています。下図のでは、複数選択問題で受講者は間違っているものを選択していることがわかります。

_________.png

ご注意ください:管理者が手動で完了ステータスを設定した場合、クイズは新しい試行として登録されます。この場合、受講者が回答していないので、クイズの詳細ではすべての設問に「回答がありません」と表示されます。

試行の横にある ______.png アイコンをクリックして試行を削除できます。

_________.png

確認のメッセージが表示されます。「OK」をクリックしてこの試行を削除します。

_________.png

Excel_______.pngエクセルファイルに書出しで、受講者の詳細をExcelレポートに出力できます。

_________.png

設問の統計:

「設問の統計」アクションでは、クイズにある各設問の統計情報を表示することができます。統計は設問毎、たは受講者ごとにグループ化して表示できます。

設問の統計ページには、全ての回答数、正しい回答率、誤回答率、正解率が青いバーで表示される進捗が表示されます。

設問ごとにグループすると、各設問を展開して、その設問の受講者毎の統計を見ることができます。

_________.png

受講者ごとにグループ化すると、各受講者を展開して、その受講者の各設問毎の統計を見ることができます。

_________.png

各列名(進捗を除く)でフィルターが使用できます。条件を入力して「フィルタ」ボタンをクリックします。

_________.png

クイズを表示/クイズを非表示:

コースに追加したクイズをコースホームページに表示または非表示にする設定です。非表示のクイズには _______.png アイコンが表示されます。

_________.png

ラーニングモジュールに追加したクイズは自動的に非表示となります。

クイズを非表示にすると、コースホームページおよび受講画面にクイズは表示されません。この場合でも、受講者の学習進捗に影響はありません。

_________.png

コースからクイズを削除:

クイズをこのコースから削除することができます。

_________.png

確認メッセージが表示されます。削除する場合は[削除]を、削除を中止する場合は[キャンセル]ボタンをクリックしてください。

_________.png

______.jpg コースからクイズを削除するとコースのコンテンツからは削除されますが、教材管理>クイズからは削除されません。

6.クイズの言語設定

LMS365では、言語ファイルをカスタマイズしてシステムに表示される文言を変更することができます。また、使用する言語を変更することができます。

初期設定ではクイズの表示言語は「英語」となります。

言語ファイルの使用についてはこちらの「言語ファイルの管理」をご覧ください。

ご注意ください:言語設定はテナント全体で共通となります。特定のサイトコレクションの管理画面から言語設定を行うと、その変更はテナント全体に反映されます。
言語設定の変更はブラウザのキャッシュなどにより反映に時間差が生じる場合があります。