eラーニングコースの管理

  • 更新

コースの設定変更、コース情報の更新、コースの削除など、作成したコースの管理は「コース管理パネル」から行います。

ここでは、eラーニングコースの「コース管理パネル」から使用できる設定とツールについてご説明します。

コースの管理に必要なロール:カタログ管理者、またはコース管理者

コース管理パネルは、次の2つの場所から利用できます。

1)LMS365管理センター>トレーニング管理ページでコースを選択すると、コース管理パネルが開きます。

2)各コースにアクセスして、 ページ右上の情報ブロックの上にある「コース管理」リンクをクリックします。「コース管理」パネルが表示されます。

1.png

コース管理パネル

eラーニングコースの管理パネルには、以下のアクションリンクがあります。

(項目を選択すると記事へ移動します)

コース閲覧

コース閲覧を選択すると、コースのホームページにリダイレクトされます。コースの説明、情報、コンテンツなど、コースの外観を確認することができます。

コースの編集

コースの編集を選択すると、コース設定パネルの「基本情報」セクションにリダイレクトされます。

この画面では、セクション間を移動して各項目の変更を加えることができます。各セクションで行った変更は、その都度保存する必要はありません。すべての変更が完了し、コース設定パネルを閉じる前に保存します。

保存には次の2つがあります。

  • 保存:変更した内容が保存されますが、コース設定パネルは閉じません。引き続き変更を加えることができます。
  • 保存して閉じる:変更した内容を保存し、コース設定パネルを閉じます。

2.png

コース設定管理

コース設定管理を選択すると、コース設定パネルの「設定」セクションにリダイレクトされます。ここでは、コースに設定されたオプションの変更、追加を行うことができます。

このセクションでは登録フロー、CEU、証明書、スキル、期限、再受講、地域設定などの一般的な項目を設定できます。各項目の詳細については、コースカタログのオプションと設定より各項目の記事をご参照ください。

ユーザー管理

ユーザー管理を選択すると、コース設定パネルの「ユーザー」セクションにリダイレクトされます。ここでは、コースの受講者と管理者を管理できます。

受講者にメール

受講者にメールを選択すると、「受講者にメール」パネルにリダイレクトされます。ここでは、コースに登録されている受講者がリストで表示され、ここから電子メールメッセージを送信できます。

「受講者にメール」パネルでは、フィルターを適用して目的の受講者を見つけることができます。

  • 「ステータス」 では、すべて、未開始、受講中、完了 のステータスを選択できます。既定値は「すべて」です。
  • ステータスの隣のフィルターでは、期限内に完了しているかどうかによるフィルタリングができます。
    すべて、期限内、遅延から選択できます。既定値は「すべて」です。
  • 列名を選択して、リストの情報をアルファベット順、または番号順で並べ替えができます。

受講者にメールを送信するには、下記の手順で操作を行います。

1.「受講者にメール」パネルの受講者リストから、受講者を選択します。すべての受講者を選択するには、列名「名前」の横にあるチェックボックスを選択します。

e-Learning edit, manage, and delete5.png

2. 開いた「アクション」パネルで、「メッセージの送信」を選択します。 メッセージの送信パネルが開きます。

選択した受講者全員のアカウントに、Eメールアドレスが登録されていない場合、「メッセージを送信」オプションは無効になります。

3.件名と本文を入力します。

件名:メッセージのタイトルとして表示されます。

本文:メッセージのテキストを入力します。既定ではコースホームページへのリンクが入力されています。既定の情報は編集または削除できます。

  • 本文フィールドでは、リッチテキストエディタを使用してメディアや画像、ローカルのファイル等を追加し、より充実した説明文を作成できます。

  • エディタのフルスクリーンアイコンフルスクリーン.PNGを選択すると、テキストフィールドが拡張され、広いスペースを使って編集が可能になります。

4.「送信」ボタンでメッセージを送信します。

選択した受講者のうち、メールアドレスが登録されていない受講者がいる場合は、メールが送信されないことを知らせる警告メッセージが表示されます。

メールアドレスが登録されている受講者にメールを送信するか、「キャンセル」を選択してメールの送信を中止するかを選択します。

capture10.png

多数の受講者に同じメールを送信すると、メールクライアントやスパムフィルターによるメッセージの拒否や、重要度の低いメール、または迷惑メールに分類される可能性が高くなります。

受講者のメールアドレスが間違っていたり存在しない場合、それらの受講者がメールを受け取れないことを知らせる警告メールが、メッセージを送信したメールアカウントに届きます。

受講承認

受講承認を選択すると、「受講承認」パネルにリダイレクトされます。コースのすべての受講申請(承認待ち、受講登録済、却下済み、キャンセル)が確認できます。既定では、「承認待ち」のユーザーがリストで表示されます。

承認フローと申請の承認、却下については「LMS365の承認フローの種類をご参照ください。

コースの進捗

コースの進捗を選択すると、コース進捗ダッシュボードにリダイレクトされます。選択したコースの受講者の進捗を確認することができます。

また、情報のレポートをローカルデバイスにダウンロードすることができます。

e-Learning edit, manage, and delete7.png

コースレポート

コースレポートでは、コースのコンテンツパッケージ、ラーニングモジュール、クイズの試行に関するレポートを作成することができます。

e-Learning edit, manage, and delete8.png

評価の管理

評価の管理を選択すると、コースの評価パネルにリダイレクトされます。ここでは、受講者によるコースの評価がリストで表示されます。この情報をExcelにエクスポートすることができます。

コースコンテンツ管理

コースコンテンツ管理を選択すると、コース設定パネルの「コンテンツ」セクションにリダイレクトされます。ここで、コースの学習コンテンツを管理することができます。

コースコンテンツの作成、管理については、コースコンテンツの作成と管理をご参照ください。

コース完了設定

コース完了設定を選択すると、コース完了設定パネルにリダイレクトされます。ここでは選択したコースの完了要件を設定・管理することができます。

コース完了セットの作成、管理についてはコース完了設定の作成と管理をご参照ください。

通知の管理

通知の管理を選択すると、通知をコースレベルで定義し、管理者へ向けた不要なコース通知の送信を減らすことができます。
コースレベルで通知を管理する方法の詳細情報はLMS365 の通知:概要と管理をご覧ください。

コースのコピーの作成

コースのコピーの作成を選択すると、現在のカタログ内に選択したコースのコピーを作成することができます。

コースのコピーの作成については、カタログ内でコースをコピーするをご参照ください。

全カタログのコースをコピー

全カタログのコースをコピーを選択すると、別のカタログへ選択したコースをコピーすることができます。

コピーしたいコースを選択してから、コピー先のカタログを選択し、送信を選択します。コピー先のカタログのトレーニング管理ページにコピーしたコースが表示されます。

カタログ間のコースのコピーの作成については、カタログ間でコースをコピーするをご参照ください。

コース削除

現在のコースカタログからコースを削除します。

コースを削除するには

1.トレーニング管理ページで、削除するコースを選択します。

2.コース管理パネルの「コースを削除」を選択します。

コースの受講者グループ、管理者グループが削除されることを通知する確認メッセージが表示されます。

3.メッセージを確認し、「この操作は元に戻せないことを了承します」チェックボックスを選択します。

4.「削除」を選択し、コースを削除します。もしくはキャンセルします。

LMS365でコースが削除されると、次のように影響があります。

  • SharePointのドキュメント、ファイル、ホームページは、SharePointのごみ箱に移動されます。これらのファイルは復元することができます。

  • コース自体と関連するSharePointの受講者、管理者、所有者グループは削除され、復元することはできません。

  • 削除されたコースがトレーニングプランの一部であった場合、コースは自動的にこのトレーニングプランから削除されます。