LMS365管理センター: コースカタログとグローバル設定

  • 更新

LMS365には、LMS365を管理および設定するためのさまざまなツールが用意されています。

ここでは、LMS365管理センターでの、個々のコースカタログ設定とLMS365のグローバル設定について説明します。

1.LMS365管理センターにアクセスする方法

LMS365管理センターに移動するにはいくつかの方法があります。

1)管理者には、コースカタログの右上に歯車アイコンが表示されます。このアイコンを選択すると、管理センターに移動します。

capture1.png

2)LMS365管理センターリンクをSharePointのサイトナビゲーションに追加すると簡単に移動することができます。

3)Microsoft365 アプリランチャーに追加すると、Microsoft365 アプリランチャーから簡単に移動をすることができます。

上記の方法で「LMS365管理センター」 に移動すると、現在のコースカタログの管理画面が開きます。

capture2.png

2.LMS365管理センター ツールバー

LMS365管理センターには、コースカタログセレクターと3つのアイコンを含むツールバーが配置されています。ツールバーには、次のオプションがあります。

コースカタログセレクター:コースカタログを選択し、選択したカタログの管理画面に移動することができます。これにより、LMS365管理センターには、選択したコースカタログに関連する情報が表示されます。コースカタログセレクターのリストには、ユーザーが権限を持つコースカタログのみが表示されます。「すべてのカタログ」を選択すると、グローバル設定のコースカタログ管理ページが表示されます。

capture3.png

LMS365からのメッセージ:吹き出しアイコンを選択すると、グローバルバナーに表示された通知を見ることができます。対象ユーザー、表示された期間も表示します。

capture4.png

通知:ベルアイコンを選択すると、受講者管理に関連するアクティビティの通知(受講の登録・解除、認定証のダウンロード、スキルの付与と取り消し、コースカタログへのユーザーの招待または削除など)を表示します。未読の通知がある場合はその数を表示します。

capture5.png

ヘルプセンター:?アイコンを選択すると、EFI社のLMS365ヘルプセンターに移動します。

capture6.png

3.コースカタログの管理

既定ではトレーニング管理画面が開きます。左側にあるメニューは、必要に応じて折りたたむこともできます。

capture6.gif

3.1 トレーニング管理

LMS365管理センターに入ると、トレーニング管理ページが表示されます。ここでは、現在のコースカタログのコースとトレーニングプランが一覧で表示されています。

「フィルターを選択」で表示するコースやトレーニングプランを選択できます。ドロップダウンリストで、トレーニングタイプや公開ステータスを選択します。

capture7.png

「+トレーニングの作成」を選択すると、新しいコースまたはトレーニングプランを作成することができます。トレーニングの作成パネルが開き、コースまたはトレーニングプランの作成を開始することができます。

コースを選択すると「コース管理」 パネルが表示され、さまざまな管理オプションが利用できます。

capture8.png

コースと同様に、トレーニングプランを選択すると、トレーニングプラン管理パネルが表示されます。

capture9.png

「トレーニングレポート」を選択すると、トレーニングレポートパネルが表示され、コースカタログのコースと受講者に関する情報のレポートを作成して、出力することができます。

capture10.png

3.2 ユーザー

ユーザーページには、カタログ内のすべてのユーザー(受講者)が一覧で表示されます。個々のユーザーを選択すると「ユーザー」パネルが表示され、ユーザーに関連したさまざまな管理オプションを利用できます。

capture11.png

3.2 コンテンツ

コンテンツには「クイズ」「設問プール」「コンテンツパッケージストレージ」があります。

クイズ:現在のコースカタログのクイズが一覧で表示されます。ここで、新しいクイズの作成や、現在のコースカタログにあるクイズを管理することができます。

設問プール:ここではクイズで使用する汎用性の設問を作成できます。作成した設問プールが一覧で表示されます。現在のコースカタログの設問プールを管理することができます。

コンテンツパッケージストレージ:コースカタログ内にアップロードされているすべてのコンテンツパッケージ(SCORMやAICC)が一覧で表示されます。ここで、新しいコンテンツパッケージのアップロードや、現在のコースカタログにあるコンテンツパッケージを管理することができます。

capture12.png

3.3 カタログ設定

カタログ設定には、次の項目があります。

認定証テンプレート:新しい認定証テンプレートを作成できます。既存のすべての認定証テンプレートの概要を見ることができます。

カテゴリー:コースとトレーニングプランの分類に使用するカテゴリーを作成・管理します。

タグ:コースとトレーニングプランに設定したタグを管理します。

スキルフレームワーク:スキルとスキルレベルセットを作成・管理します。

通知:LMS365 が送信するEメールとMicrosoft Teams通知を管理します。

ライセンス情報:ライセンス契約の概要を表示します。

LMS設定:コースとトレーニングプランの評価の表示、セッションの表示、承認フロー、地域の設定、トレーニングバナー画像、xAPIを設定できます。

capture13.png

その他、コースカタログ管理ページには、次のリンクがあります。

学習サイトトップに戻る:コースカタログページにリダイレクトされます。

ヘルプセンター(英語):LMS365ヘルプセンターに移動します。

4.グローバル設定

LMS365のグローバル管理者は、すべてのコースカタログを対象としたグローバル設定にアクセスすることができます。この項目は、LMS365 グローバル設定のアクセス権限を持つユーザーのみに表示されます。既定では、Microsoft 365グローバル管理者のみがグローバル設定にアクセスする権限を持っています。ただし、LMS365管理者ロールを割り当てることで、ユーザーにLMS365 グローバル設定へのアクセス権を付与することができます。

LMS365管理センターでグローバル設定へのリンクを表示するには、Microsoft 365 グローバル管理者のロールを持つユーザーが 、LMS365 から要求されたアクセス許可を承諾する必要があります。

capture14.png

グローバル設定エリアでは、次のことができます:

capture15.png