コース・コースの完了・SCORM/AICCの一括インポート

  • 更新

LMS365では、「LMS365インポートツール」を使って、SCORMやAICCコンテンツ、外部のコース、コース完了の記録などを一括してLMS365のプラットフォームに統合することができます。

これは、レガシーLMSからLMS365にコンテンツを移行する必要がある場合や、他のコンテンツプロバイダに自作のコンテンツを持つ場合、またはサードパーティのコンテンツを多数持っている場合に役立ちます。

ここでは、コンテンツパッケージ、コース、コース完了の記録をLMS365へのインポートする際の事前準備、注意事項について説明します。

ご了承ください:実際のデータ処理は、LMS365コンサルタントまたは認定LMS365パートナーが行います。

1.コンテンツパッケージのインポート

コンテンツパッケージ(SCORM・AICC)を一括でインポートします。

インポートしたコンテンツパッケージは既存、および新しく作成するトレーニングで使用することができます。

インポートを開始するには、SCORM/AICCファイル(.zip形式)とScorms.xlsxファイルをご用意いただく必要があります。

SCORM/AICCファイルとは、コンテンツパッケージのすべての情報を含むファイルであり、ZIPアーカイブにパッケージ化されています。

Scorms.xlsxファイルは、タイトル、説明、コンテンツタイプ、ZIPパス、試行回数など、インポートに必要な情報を記入するExcelファイルです。

Scorms.xlsxファイルの各列の記入方法については以下の表をご覧ください。

※データタープ「Boolean」は、Yes/No、1/0、またはTrue/Falseで指定できます。

SCORM______.png

ページ左下にScorms.xlsxファイルのテンプレートが添付されています。

2.コースのインポート

LMS365 はコースの一括インポートと作成をサポートしています。コースのインポートプロセスでは、LMS365 コース一覧に新しい LMS365 コースを作成し、SCORM/AICC ファイルや既に作成された クイズやインポートされるクイズとの関連付けが必要な場合を含め、コースのすべての構成パラメータを定義します。LMS365 では、ラーニングモジュールを含むコースのインポートも可能です。

ご注意ください:SharePointの制限により、コースカタログごとに2,000以上のコースを作成することは推奨されません。制限を超えた場合パフォーマンスに影響が出る可能性があります。

コースをインポートするにはCourses.xlsxファイルを作成する必要があります。

Courses.xlsxファイルとは、コースタイトル、概要説明、承認フロー、公開、カタログへの表示、コース管理者、コースタイプ、カテゴリー、コースURL、認定証テンプレート、作成されたコースに含まれるSCORMコンテンツの関連付けなど、必要な情報を記入するExcelファイルです。

Courses.xlsxファイルを作成する際、以下の点に注意してください。

  • インポートするコースが100以上ある場合、複数のファイルに分割して作成してください。
  • コース管理者には、メールアドレスを入力します。 (例: t.vilkers@lms365.com) グループは指定できません。複数を指定する場合はセミコロンで区切ってください 。(例: t.vilkers@lms365.com; e.prinstel@lms365.com)。
  • コースURLは固有のURLでなければならず、既存のURLアドレスを使用することはできません。
  • コースURLは、無効な文字 (" # % & * : < > ? \ / { | } ~ [ ] ` ' ^ およびスペース)を含むことはできません。
  • インポートするコースにサムネイル画像が必要な場合、URLではなく、物理的なイメージファイル (png, jpeg, etc.) を提供する必要があります。
  • イメージパスには、画像のファイル名とロケーション情報 (例: Courses\image.png - これはインポートプロセス中にLMS365コンサルタントが作成するロケーションです) を含めてください。
  • カテゴリは、LMS365 の既存のカテゴリでも、新規のカテゴリでも構いません。カテゴリが複数の場合はセミコロンで区切って入力します。(例:required training; HR; Onboarding)
  • コースのインポートに含めるSCORMは、SCORM.xlsxインポートファイルのSCORMタイトルと一致しなければなりません。
  • コース完了設定に含まれるSCORMはSCORM.xlsxインポートファイルのSCORMタイトルと一致しなければなりません。
  • SCORMパッケージが複数の場合はセミコロンで区切って入力します。(例: SCORM1; SCORM2; SCORM3)

Courses.xlsxファイルの各列の記入方法については以下の表をご覧ください。

※データタープ「Boolean」は、Yes/No、1/0、またはTrue/Falseで指定できます。

Courses______.png

3.コース完了記録のインポート

LMS365 は、受講者のコース完了記録の一括インポートをサポートしています。コース完了記録の一括インポートにより受講者は、LMS365の内外で完了したすべてのトレーニングをダッシュボードと受講履歴で確認することができます。管理者は、LMS365内外の受講者の学習進捗状況を把握することができます。

コース完了記録をインポートするにはCertificates.xlsxファイルを作成する必要があります。

Certificates.xlsxファイルとは、コース完了に必要な情報を記入するExcelファイルです。

コース完了記録のインポートでは修了した外部トレーニングの既存の認定証(対応フォーマット:.jpg、.png、.jpeg、.tiff、.gif、.pdf)がインポートできます。 LMS365の既存の認定証テンプレートを指定すると、LMS365 で新しい認定証が生成されます。

Certificates.xlsxファイルを作成する際、以下の点に注意してください。

  • 認定証は LMS365 のカタログにインポートされます。コースカタログの URL はお客様が提供する必要があります。
  • 認定証をインポートする前にメール通知を無効にして、ユーザが登録やコース完了に関連する通知を受け取らないようにしてください。
  • 認定証のインポートファイルで指定されたユーザーは、Office365でアクティブなユーザーである必要があります。ユーザーアカウントが無効になっている場合、認定書はインポートされません。

ご注意ください:「Image (Certificate) Path」または「Certificate Template」の何れか1つを入力する必要があります。

Certificates.xlsxファイルの各列の記入方法については以下の表をご覧ください。

Course_completion_records______.png

各データファイルのテンプレートは以下よりダウンロードできます。

Scorms.xlsx

Courses.xlsx

Certificates.xlsx