LMS365のWebパーツが読み込まれないときは

  • 更新

LMS365のWebパーツの代わりに青い [Sign in] ボタンが表示される

signin______.png

または、 コース、コースカタログ、ダッシュボード ページを開くときに問題が発生した場合

signin______.png

お使いのブラウザをご確認ください。

Safariを使用している場合は、Safari>環境設定>プライバシーに移動し、「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにします。

signin______.png

iPhoneまたはiPadでSafariを使用している場合は、設定>Safariを選択して、 「サイト越えトラッキングを防ぐ」 オプションをオフにします。

Google Chromeを使用している場合は、Google Chrome 設定>プライバシーとセキュリティ>Cookieと他のサイトデータに移動し 、「サードパーティのCookieをブロックする」がオフになっていることを確認します。

signin______.png

Google Chromeを使用しているが、お客様の組織で設定の変更が許可されていない場合は、動作のカスタマイズセクション「常にCookieを使用できるサイト」に「login.microsoftonline.com」を追加してください。

signin______.png

※ドメイン全体を例外とするには、ドメイン名の前に[*.] を指定します。

管理者の場合は、Sign in ボタンをクリックして要求された権限を受け入れます。これ以降、Webパーツは追加の操作を必要とせずに読み込まれるようになります。

初回訪問時にLMS 365 SPFX Webパーツを自動的に読み込ませるには、テナント管理者が次の手順を行う必要があります。

AzureActive Directory管理センター>エンタープライズアプリケーション> LMS365 APIクライアント>アクセス許可で、「***に管理者の同意を与えます」ボタンをクリックします。

Login______.png