ライセンスの有効期限が切れた場合どうすればいいですか

  • 更新

ライセンスの有効期限が切れた場合、およびLMS 365のサブスクリプションを引き続きご利用になる場合、次の手順でライセンスの更新を行ってください。

A)ライセンスの有効期限が切れるとどうなりますか?

ライセンスの有効期限が過ぎた場合でも、14日以内であればライセンスを更新することができます。この間は、システムは引き続き使用できます。「LMS 365 管理センター」 には、ライセンスの期限切れに関する警告が表示されます。

________.png

14日間の猶予期間が過ぎてもライセンスが更新されなかった場合システムは停止し、受講者には次のメッセージが表示されます。

________.png

LMS 365ライセンスの有効期限が切れても60日間以内であれば、Microsoft 365テナントを再プロビジョニングすることなくライセンスを更新できます。この60日を過ぎると、お客様のテナントレコードがライセンスデータベースから削除されます。お客様のデータを復元することはできません。

以後、お客様がLMS365をご使用した場合、すべてのアプリケーションで 以下のエラーメッセージが表示されます。

________.png

ご使用のLMS365ライセンスの有効期限となる日付の前後に、特定の管理者に有効期限に関する通知を送信することができます。これにより、LMS365ライセンスが期限切れとなることを防ぐことができます。

ライセンスの管理 4.ライセンスの有効期限やユーザー数の超過によるアラートの設定

B)ライセンスを更新するにはどうすればいいですか?

有効期限が近づいているか、すでに有効期限が切れているライセンスを更新する場合は、弊社担当者またはサポートにお問い合わせください。