LMS365のサブスクリプションを更新するには

  • 更新

ここでは、サブスクリプションの有効期限が切れた場合、またLMS365のサブスクリプションを継続してご利用いただくためのサブスクリプションの更新についてご説明します。

サブスクリプションを更新するには

サブスクリプションの有効期限が近づいている場合、また、すでに有効期限が切れたサブスクリプションを更新する場合は、弊社営業担当者、またはサポートにご連絡ください。

サブスクリプションの有効期限が切れた場合

サブスクリプションの有効期限が過ぎた場合でも、14日以内であればサブスクリプションを更新することができます。

この間、システムは引き続き使用できます。LMS365管理センターには、サブスクリプションの期限切れに関する警告が表示されます。

________.png

14日間の猶予期間が過ぎてもサブスクリプションが更新されていない場合、システムは停止します。
ユーザーには次のメッセージが表示されます。

 

________.png

 

サブスクリプションの有効期限が切れた場合でも、60日以内であれば、Microsoft 365 テナントを再プロビジョニングすることなくサブスクリプションを更新できます。
60日を過ぎると、お客様のテナントレコードはサブスクリプションデータベースから削除され、データを復元することができなくなり、LMS365 にアクセスすると、すべてのアプリケーションで 以下のエラーメッセージが表示されます。

 

________.png

 

ご使用の LMS365サブスクリプションの有効期限の前後に、指定の管理者に有効期限に関する通知を送信することができます。これにより、LMS365サブスクリプションが期限切れとなることを防ぐことができます。