ライセンス(ユーザー)数を超過した場合

  • 更新

LMS365サブスクリプションでは、ご契約いただいたライセンス数(ユーザー数)でご使用いただくことができます。

ユーザーがコースに登録されている場合、このユーザーは1つのライセンスを使用します。

つまり、ご契約されたライセンス数より多くのユーザーがコースに登録された場合、使用可能なライセンス数を超えてしまうことになります。

ここでは、ご契約のライセンス数を超えた場合のシステムの動作と、制限内で使用するための対処方法についてご説明します。

ライセンス数を超過した場合

トレーニングへの登録者数がご契約のライセンス(ユーザー)数が超えた場合、14日間の猶予期間が設けられています。
この期間中、システムは通常通りに動作します。
LMS365管理センターには、ライセンス(ユーザー)数の超過について警告が表示されます。

________.png

14 日間の猶予期間を過ぎても対処されない場合、システムは動作を停止し、ユーザーには次のようなメッセージが表示されます。:「問題が発生しました。詳細はLMS管理者にお問い合わせください。」

________.png

サブスクリプションの有効期限や、ライセンスの使用率に応じて管理者に通知を送信することができます。

詳細は、LMS365 サブスクリプションの有効化と管理>通知 をご参照ください。

 

制限内で使用するには

ユーザーをすべてのコース / トレーニングプランから登録を解除することにより、このユーザーが使用しているライセンスを解放することができます。

詳細については「LMS365 サブスクリプションの有効化と管理>ユーザー管理」をご参照ください。

ライセンス数の追加が必要になった場合は、弊社担当者にご連絡ください。