最大ユーザー数を超えた場合はどうすればいいですか?

  • 更新

LMS365サブスクリプションでは、使用可能なライセンスの数が決まっています。LMS365を使用する各ユーザーはそれぞれに1つのライセンスが必要です。

ユーザーがコースに登録されている場合、このユーザーアカウントに1つのライセンスが割り当てられます。つまり、最大ライセンスの数より多くの人がコースに登録されている場合、サブスクリプション内で許可されているユーザー数を超えることになります。

最大ユーザー数を超えた場合はどうなりますか?

サブスクリプション内のユーザー数を超えた場合、14日間の猶予期間があり、この期間内にライセンスの問題を対処します。この期間、システムは正常に動作します。「LMS365管理センター」 には、ライセンスの超過使用について警告が表示されます。

________.png

14日間の猶予期間が経過しても問題が対処されなかった場合、システムは停止し、受講者には次のメッセージが表示されます。

________.png

一定の割合の最大ライセンス数が使用された場合、特定の管理者にライセンス消費に関する通知を送信することができます。このようにして、ライセンスの使用数を管理することができます。

ライセンスの管理 4.ライセンスの有効期限やユーザー数の超過によるアラートの設定

既存のライセンス数の範囲内で使用する場合、すべてのトレーニングからユーザーの登録を解除して、使用中のライセンスを削減できます。

LMS365サブスクリプションでより多くのライセンス数が必要になった場合は、弊社担当者にご相談ください。