受講者がLMS 365ライセンスを消費するのはどのような場合ですか

  • 更新

LMS365ライセンスは、少なくとも1つのコースに登録されている受講者に自動的に割り当てられます。つまり、テナントのコースカタログのコースにユーザが登録されていれば、ユーザはライセンスを消費します。

次のいずれかの場合、ライセンスは解放されます。

  • 受講者をLMS365から完全に削除した場合
  • 受講者のMicrosoft365アカウントが無効、または削除された場合
  • ユーザーがAzure Active Directoryで無効、または削除にされた場合(ユーザーは現在のユーザー数にカウントされないため、ライセンスは消費しません)
  • 受講者が登録されているコースが未公開の場合でも、ライセンスは受講者に割り当てられます。ユーザが登録されているコースが削除された場合、ライセンスは解放されます。 (ただし、ユーザが他のトレーニングに登録されていない場合)
  • 受講者が「受講者一覧」から削除されると、このユーザーは現在のコースカタログ内のすべてのトレーニングから登録が解除されます。つまり、テナント内のすべてのコースカタログの受講者一覧からユーザが削除された場合、その受講者はいかなるトレーニングにも登録できないため、ライセンスを消費することはありません。

ライセンスの数は、ライセンスが解放された直後に更新されます。

管理者とユーザーは同じライセンスを使用しています。管理者用の特別なライセンスはありません。LMS管理者は、LMS 365管理センターの、設定>ライセンス情報で、ライセンスのアクティブ化、ステータスの確認、ライセンス使用状況に対するレポートの作成を行うことができます。

________.png

ライセンスは1つのテナントでのみアクティブにできます。別のテナントで使用される場合、元のテナントは非アクティブになります。

______.jpg LMS 365のライセンスの有効期限が切れた場合、または最大ユーザー数に達した場合は、ライセンスの更新または延長を14日以内に行うよう通知が表示されます。この間、ユーザは引き続きLMS 365を使用できます。

ライセンス数の追加をご希望の場合は、弊社担当営業にお申し付けください。