LMS365ユーザー(ライセンス)数のカウント方法

  • 更新

LMS365では、 カタログ内のコースの受講者に登録されているユーザーがライセンスを使用します。ユーザーが、管理者ロールのみの場合ライセンスは使用しません。

つまり、テナント内のコースカタログにある少なくとも1つのコースの「受講者」に登録されている場合、ライセンスを使用することになります。コースが未公開であっても同じです。
コースが削除された場合、このコースの他に受講者として登録されていないユーザーが使用していたライセンスは解放されます。

以下の項目に1つでも該当するユーザーは、ライセンスを使用しません。

  • 受講者ユーザーが LMS365 から完全に削除された場合
  • 受講者ユーザーの Microsoft 365 アカウントが無効、または削除された場合。
  • 受講者ユーザーが Microsoft Entra ID(Azure Active Directory)で無効になっている、または削除された場合。
  • 受講者ユーザーが「ユーザー」ページのリストから削除された場合。
    この場合、ユーザーはコースカタログのすべてのトレーニングから受講者の登録を解除されます。つまり、ユーザーが、テナント上のすべてのコースカタログの「ユーザー」ページのリストから削除されると、そのユーザーはすべてのトレーニングから受講者の登録を解除されるため、結果、このユーザーのライセンスが解放されることになります。

ご契約のライセンス数と現在の使用状況はサブスクリプション情報の「サブスクリプション」タブで確認できます。

現在の使用数:現在使用されているライセンス数を表示します。

最大使用可能数:ご契約ライセンス数を表示します。

counting the number of users1.png

サブスクリプション情報へのアクセスと管理は、権限(ロール)に応じて異なります。

Microsoft 365 グローバル管理者 と LMS365 管理者:

次の場所からサブスクリプション情報にアクセスし、サブスクリプションの有効化、使用状況の確認、サブスクリプションに関連した通知の設定、レポートの作成を行うことができます。

  • LMS365管理センター>グローバル設定>サブスクリプション情報
  • LMS365管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報

コースカタログ管理者:LMS365管理センター>カタログ設定>サブスクリプション情報で、コースカタログレベルでサブスクリプション情報を確認できます。

サブスクリプションは、1つのテナントでのみ有効にできます。別のテナントで使用された場合、使用中のテナントは無効になります。

サブスクリプションの有効期限が切れた場合、または最大使用可能数の上限に達した場合は、管理センターに警告が表示されます。
14日の猶予期間内にサブスクリプションの更新(または現在の使用数の削減)をしてください。猶予期間中はシステムが停止することはありません。

ライセンス(ユーザー数)の追加をご希望の場合は、弊社担当者にご連絡ください。