LTI準拠と外部アプリケーション

  • 更新

LMS365はLearning Tools Interoperability (LTI) 規格に準拠しています。これは、サードパーティのコンテンツやツールを外部アプリケーションとしてLMS365コースに統合できることを意味します。

ここでは、LTI規格と、トレーニングに外部アプリケーションを組み込むためにLMS365が提供しているオプションについて説明します。

LTIとLMS365における外部アプリの利用について

LTIとは、IMSグローバルラーニングコンソーシアムが策定した技術標準規格で、異なるベンダーのコンテンツやツールを学習プラットフォームに統合することを可能にするものです。

LMS365はLTI1.0/1.1に準拠しています。つまり、LMS365では、LTIに準拠したコンテンツやツールをLMS365で構築されたコースに統合することができます。これにより、受講者は音声やビデオなどのLTI準拠のさまざまな教材や、サードパーティが提供しLMS365の外部でホストされている対話型学習演習とシームレスに連携することができます。受講者はLMS365にログインするだけで、外部システムに個別にログインする必要する必要はありません。利用可能な場合は、外部ツールの成績を呼び出しLMS365に戻すことができます。

LMS365では、コースの作成(編集)パネルのコンテンツセクションにある「+学習項目の追加」>「外部アプリの追加」で、LTI準拠のコンテンツやツールをLMS365に統合するオプションを提供しています。

________.png:バージョン1.0は成績に対応していません。バージョン1.1は成績に対応しています。

2021年6月30日以降、IMSグローバルラーニングコンソーシアムはLTIのレガシーバージョンの保証を停止しており、レガシーLTIの実装のサポートも終了します。LTIバージョン1.0、1.1、1.1.1、1.1.2、1.2、および2.0のすべてのサポートは、2022年6月30日に終了する予定です。

快適に利用するためにもすべての機関とサプライヤーは、LTI1.3とLTI Advantageを採用し、教育と学習を統合する必要があります。

トレーニングに使用できる外部アプリ

LMS365コースで採用可能なLTIアプリケーションについては、、IMSグローバルラーニングコンソーシアムの相互運用性公式認定に合格した製品の一覧が掲載されている「IMS製品ディレクトリー(英語)」をご覧ください。

無料で利用できるLTIアプリについては、こちらの無料で利用できるLTIアプリ(英語)をご覧ください。

また、外部アプリとして、Pluralsight(英語)のコンテンツをラーニングモジュールに追加することも可能です。

ご注意ください:現在、LMS 365における外部アプリを使用した各受講者の試行は、完了の有無にかかわらず完了として表示されます。

また、試行回数を定義することはできません。したがって、ユーザーが画面を閉じた場合、管理者が前回の試行を削除しない限り、このユーザーはトレーニングの再試行を行うことができません。