コースカタログ内、およびテナント内のコースカタログ間で共有できるコンテンツ

  • 更新

LMS 365では、複数のカタログで同じコースを利用することはできません。ただし、LMS 365の共有機能を使用すると、コースカタログ内の複数のコースでクイズを使用したり、テナント内のコースカタログ間で質問プールやコンテンツパッケージを使用することができます。ここでは、クイズ、質問プール、コンテンツパッケージの共有機能について説明します。

1.クイズの共有

クイズの作成(編集)の 「共有オプション」 セクションでクイズの共有領域を次のいずれかので定義できます。

学習コースに共有:クイズは、共有されているすべてのコースで使用できます。

コースカタログに共有:クイズは、現在のコースカタログのすべてのコースで使用できます。

この共有設定にしたがって、作成したクイズが利用できます。

  • 「コースカタログに共有」が選択された場合、サイトコレクション上のすべてのサイトで利用できます。
  • 「学習コースに共有」が選択された場合、クイズが共有されたコースのサイトで利用できます。

ご注意ください:SharePointサイトにコースカタログとして使用されるサブサイトが複数ある場合、そのいずれかのコースカタログで作成されたクイズはすべてのサブサイトで利用できます。

クイズの共有についての詳細は「クイズの作成・管理と使用方法>共有オプション」をご覧ください。

2.設問アーカイブの共有

設問アーカイブはテナントベースであるため、既定ではテナント内のすべてのコースカタログで共有されます。つまり、コースカタログで作成された設問アーカイブは、テナント内のすべてのサイトコレクションで使用できます。

設問アーカイブは、すべてのコースカタログ管理者とコース管理者が閲覧、編集、および使用することができます。

設問アーカイブについての詳細は「設問アーカイブの作成と管理」をご覧ください。

3.コンテンツパッケージの共有

コンテンツパッケージは、LMS365システム全体で共有することが可能です。コンテンツパッケージのアップロード時、または編集でコンテンツパッケージの共有領域を次のいずれかので定義できます。

共有しない:コンテンツパッケージをアップロードしたコース、またはコースカタログでのみ使用できます。
学習コースに共有:共有されたコースで使用(閲覧または編集)できます。
コースカタログに共有:共有されたコースカタログで使用(閲覧または編集)できます。
全てに共有:テナント内のすべてのコースカタログで使用(閲覧または編集)できます。

コンテンツパッケージの共有についての詳細は 「コンテンツパッケージの使用と管理>3.1 一般的な設定」 をご覧ください。