LMS365ユーザーインターフェースの表示言語の設定

  • 更新

LMS365では、ナビゲーションやWebパーツ、メニューなど、ユーザーが操作する画面上の要素の言語について、その表示を決定するいくつかのルールがあります。

ここでは、LMS365管理センター、LMS365Webパーツ(LMS365コースカタログのホームページ、トレーニングダッシュボード、コース・トレーニングプランホームページ)、LMS365 Microsoft Teamsアプリ、およびLMS365モバイルアプリでLMS365のユーザーインターフェイスの言語がどのように決定されるか説明します。

1.LMS365管理センターの表示言語

LMS365管理センターの表示言語は、当該管理者の個々のブラウザ設定に応じて表示されます。つまり、LMS365管理センターのユーザインターフェイスの言語は個々の管理者がブラウザの設定で行います。

ユーザーがブラウザで設定した言語がLMS365の翻訳でサポートされていない場合、LMS365管理センターは英語 (米国) で表示されます。

2.LMS365 Webパーツの表示言語

LMS365 Webパーツの表示言語は、LMS365コースカタログのホームページ、トレーニングダッシュボード、および各コースとトレーニングプランのホームページの表示言語を定義します。

コースカタログの作成では既定の言語を設定します。ここで設定された既定の言語は、その中に作成されるコースおよびトレーニングプランの既定言語となります。

ただし、LMS365のコースカタログ、コース、およびトレーニングプランはSharePointサイトに配置されるため、LMS365 Webパーツの表示言語はSharePoint設定に左右されます。SharePointサイトのユーザーインターフェイスの表示言語はSharePointのルールによって決まることになります。このように、SharePoint設定は、コースカタログのホームページ、トレーニングダッシュボード、各コースおよびトレーニングプランのホームページのLMS365 Webパーツの表示言語をコントロールします。

SharePointサイトのユーザーインターフェイスの言語は、次のような要素に依存しています。

  • SharePoint サイトの言語設定
  • ユーザーのOfficeプロファイルの個人用言語設定
  • ユーザーのブラウザ設定

以下のルールにより、ユーザーインタフェースがユーザーに表示される言語が決まります。

1.ユーザーのOfficeプロファイルに保存されている言語の設定。

ユーザー個人の言語に設定されているいずれかの言語が、SharePointサイトの言語設定で有効になっている場合、ユーザーインターフェイスはこの言語で表示されます。

ユーザーが言語設定を変更した場合、更新された設定が適用されるにはしばらく時間がかかります。SharePointで個人の言語を設定する方法については、こちらの「個人の言語と地域の設定を変更する」をご参照ください。

2.ユーザーの Office プロファイルで言語設定が定義されていない場合、またはSharePointサイトの言語設定でいずれの言語も有効になっていない場合、ユーザーのブラウザに保存されている言語設定( SharePointサイトの言語設定で有効になっている言語)が適用されます。

ブラウザの言語設定を行った後は、全てのブラウザウィンドウを閉じて再起動してください。

3.ユーザーのOfficeプロファイルおよびWebブラウザで言語の設定が定義されていない場合は、SharePointサイトの既定の言語が表示されます。

このように、SharePointサイトで使用可能な言語によって、コースカタログのユーザーインターフェイスに表示される言語を細かく設定できます。

コースカタログのホームページ、トレーニングダッシュボード、各コースとトレーニングプランのホームページのLMS365Webパーツを1つ(または複数の特定の言語)で表示したい場合、SharePointサイトではこの1つの言語(または特定の複数の言語)のみを利用可能にすることができます。

ユーザーインターフェイス(コースカタログ、トレーニングダッシュボード、コース、トレーニングプラン)を常に既定の言語で表示する場合は、 SharePointの設定(歯車アイコン)>サイトコンテンツ>サイト設定>言語設定で詳細設定を表示して、すべての言語のチェックを外す必要があります。

これにより、LMS365のWebパーツは他の言語設定に左右されることはありません。

※既定では、すべてのSharePointサイトは利用可能なすべての言語が選択された状態で作成されます。

詳細については「SharePointサイトのユーザーインターフェイスの言語を選択する」をご参照ください。

  • 2022年1月リリース以前に作成されたコースカタログの場合、変更を適用する各サイトに対して行う必要があります。個別のサブサイト(コース・トレーニングプラン)に対しても変更を行う必要があります。
  • 2022年1月リリース以降に作成されたコースカタログの場合、コースカタログのいずれかのページで行われた変更はコースカタログ全体の受講者ユーザーインターフェイスの言語表示に適用されます。

3.LMS365 for Microsoft Teamsアプリの表示言語

Microsoft Teamsデスクトップクライアント(デスクトップまたはモバイルデバイス)での表示言語は、ユーザーがMicrosoft Teamsの設定>アプリの言語で選択した言語になります。

Microsoft Teamsの設定ついてはこちらの「Teamsの設定を変更する」をご参照ください。

UI_____.png

ウェブブラウザで表示する場合、ユーザー個人のブラウザ設定によってLMS365アプリが表示される言語が決まります。ブラウザの設定に使用されている言語がLMS365で翻訳されていない場合、LMS365管理センターは英語 (米国) で表示されます。

4.LMS365モバイルアプリケーションの表示言語

モバイルの表示言語は、グローバル設定>モバイル設定の 「言語の設定」に依り表示されます。すべての受講者に対して既定の言語を設定するか、ユーザーのデバイスの言語に準拠することができます。

LMS365モバイルアプリケーションがデバイスの言語に翻訳されていない場合は、自動的に英語 (米国) で表示されます。

UI_____.png

LMS365モバイルアプリの言語は、アプリ内の「設定」タブで変更できます。

UI_____.png