モバイルアプリ ダッシュボード

  • 更新

 

LMS365 モバイルアプリのダッシュボードは、モバイル版のトレーニングダッシュボードです。

このガイドでは、ダッシュボードの概要、ダッシュボード内の各セクション、および検索とフィルタリングオプションについて説明します。

ユーザーがモバイルアプリにログインすると、既定ではダッシュボードの「トレーニング」セクションが表示されます。

capture1.png

LMS管理者は、ダッシュボードから利用できるセクションを設定することができます。

設定は、LMS365管理センター>グローバル設定>モバイルアプリ設定に移動し、ダッシュボードメニューを選択します。

capture2.png

受講者がダッシュボードで利用できるセクションを選択します。

受講者は、ヘッダーの展開ボタンをタップして、セクション間を移動することができます。

capture3.png

1.概要

概要セクションには、2つのサブセクションがあります。現在および今後のトレーニングに関連する概要を提供します。

  • マイチームトレーニングステータス:このサブセクションは、ライン管理者のみに表示されます。ライン管理者はメンバーのトレーニングの登録や進捗の状況について確認できます。
  • トレーニングステータス:自分のトレーニングの登録や進捗の状況について確認できます。

マイチームトレーニングステータス

ライン管理者のみが利用できます。ライン管理者が所属するチームの進捗や、個々のメンバーの進捗の概要を確認することができます。

マイチームトレーニングステータスは、「概要(直属の部下)」「概要(直属の部下の配下)」「受講者一覧」に分かれています。

直属の部下とは、ライン管理者が管理する受講者のことです。
直属の部下の配下とは、ライン管理者の直属の部下によって管理されている受講者のことです。つまり、直属の上司は、これらの受講者(部下)に対するライン管理者になります。

「概要(直属の部下)」には、次の情報が含まれています。

受講申請(直属の部下):ライン管理者の承認が保留となっている、直属の部下からの承認申請の数

直属の部下:ライン管理者が管理し、当該ライン管理者の直属の部下であるユーザーの数

期限切れ(直属の部下):直属の部下のうち、受講期限が過ぎたトレーニングを完了していないユーザーの割合

期限切れトレーニング(登録済)直属の部下は完了していません: 直属の部下が完了していないトレーニングのうち、期日が過ぎたトレーニング(トレーニングプラン内のコースも含む)の割合。終了したトレーニングは、カウントされません。

完了済トレーニング(直属の部下):直属の部下が完了したトレーニング(トレーニングプラン内のコースを含む)の割合。終了・非アクティブなトレーニングもカウントされます。再受講したトレーニングはカウントされません。

この概要では、トレーニングプラン内の各コースは計算に含まれますが、トレーニングプラン自体は計算に含まれません。

capture4.png

「概要(直属の部下の配下)」には、次の情報が含まれています。

受講申請(直属の部下の配下):ライン管理者の承認が保留となっている、直属の部下の配下からの承認申請の数

直属の部下の配下:当該ライン管理者の直属の部下に管理されているユーザーの数を表示します。

期限切れ(直属の部下の配下):直属の部下の配下のうち、受講期限が過ぎたトレーニングを完了していないユーザーの割合

期限切れトレーニング(登録済)直属の部下の配下は完了していません: 直属の部下の配下が完了していないトレーニングのうち、期日が過ぎたトレーニング(トレーニングプラン内のコースも含む)の割合。終了したトレーニングは、カウントされません。

完了済トレーニング(直属の部下の配下):直属の部下の配下が完了したトレーニング(トレーニングプラン内のコースを含む)の割合。終了・非アクティブなトレーニングもカウントされます。再受講したトレーニングはカウントされません。

この概要では、トレーニングプラン内の各コースは計算に含まれますが、トレーニングプラン自体は計算に含まれません。

capture5.png

受講者一覧

受講者一覧には、ライン管理者の部下である受講者が一覧で表示されます。ここでは、各受講者とその部下のトレーニングの進捗や、期限切れのトレーニング数などの情報を確認できます。

capture6.png

受講者をタップすると、受講者の、完了、受講中、未開始のトレーニング数と、期限切れのトレーニング数を確認できます。この表示を閉じるには、枠外の任意の場所をタップします。

capture7.png

直属の部下を展開して、直属の部下の配下の同じ情報を確認できます。

capture8.png

トレーニングステータス

ユーザー自身のトレーニングの進捗を確認できます。

「トレーニングステータス」には、次の情報が含まれています。

登録済トレーニング総数:ユーザーが登録したコースの数が表示されます。これには、完了した非アクティブ(削除またはインポート)のトレーニング、ユーザーが登録したトレーニングプラン内の、承認待ちのコース、ウエイトリストに追加されたコースも含まれます。

完了したトレーニング:トレーニングプラン内の各コースを含め、ユーザーが完了したコースの割合と数が表示されます。非アクティブのトレーニングもカウントされます。再受講されたコースは、ユーザーが再びコースを完了するまでカウントされません。

予定済:ユーザーが登録しているトレーニングプラン内のコース、承認待ちのコース、ウエイトリストに追加されたコースなど、ユーザーが登録しているが完了していないコースの数が表示されます。

遅延:ユーザーが受講しているコースのうち、期日までに受講を完了していないコースの割合が表示されます(トレーニングプラン内のコースも含む)。期日を過ぎた非アクティブなトレーニングは、カウントされません。

獲得済CEUの合計:コース、トレーニングプランの完了により、ユーザーが獲得したCEUの総数が表示されます。

有効認定証:コース、トレーニングプランの完了により、ユーザーが取得した認定証(有効・期限切れ)の数が表示されます。

この概要では、トレーニングプラン内の各コースは計算に含まれますが、トレーニングプラン自体は計算に含まれません。

capture9.png
※こちらはipadの画面です。

「トレーニング完了状況」では、ユーザーが正常に登録されたトレーニングのうち、まだ完了していないコースの数を確認することができます。
ここでは、トレーニングプラン自体はカウントされず、トレーニングプラン内のコースのみがカウントされます。承認待ちやウエイトリストに追加されているコース、非アクティブのコースはカウントされません。

「トレーニング完了状況」には、次の情報が含まれています。

遅延:期日までにユーザーが完了していないコースとトレーニングプランの数。期限切れの非アクティブなコースとトレーニングプランはカウントされません。

期日: 期限が設定されているコースとトレーニングプランの数

期日なし: 期限が設定されていないコースとトレーニングプランの数

必須:完了が義務付けられているコースとトレーニングプランの数

任意:完了が義務付けられていないコースとトレーニングプランの数

capture10.png

「予定済」セクションには、登録済みで未完了のコースの総数、承認待ちのコース、ウエイトリストに追加されたコースが表示されます。ここでは、トレーニングプラン自体はカウントされず、トレーニングプラン内のコースのみがカウントされます。非アクティブなコースは、カウントされません。

(予定済)承認待ち:承認待ち、およびユーザーがウエイトリストに追加されたコースとトレーニングプランの数が表示されます。

(予定済)未開始:ユーザーがまだ開始していないコースとトレーニングプランの数が表示されます。

(予定済)受講中:ユーザーが開始したが完了していないコースとトレーニングプランの数が表示されます。

(保留中)承認待ち:ユーザーの受講申請が保留になっているコースやトレーニングプランの数が表示されます。

(保留中)ウエイトリスト:インストラクター主導型コースで、ユーザーがウエイトリストに登録しているコース数が表示されます。eラーニングコースにはウエイトリストはありません。

capture11.png

「認定証とスキル」セクションには、ユーザーが取得した認定証とスキルの数が表示されます。

スキル管理は無料トライアルまたは、サブスクリプションの「プレミアムプラン」でご利用できるオプション機能です。オプション機能が有効でない場合、スキルセクションは表示されません。

取得済認定証:有効、期限切れ間近、期限切れの認定証の数が表示されます。トレーニングプランの完了で取得した認定証もカウントされます。1つのトレーニングに複数の認定証がある場合、最後に取得した認定証のみがカウントされます。ユーザーがトレーニングを完了したときに付与される予定の認定証は、カウントされません。

取得したスキル:ユーザーが獲得した有効なスキルと、失効したスキルの数が表示されます。スキルレベルはカウントされません。有効なレベルが1つ以上あるスキルは、有効なスキルとしてカウントされます。すべてのレベルが失効している場合、このスキルは失効としてカウントされます。

capture12.png

2.トレーニング

トレーニングセクションには、ユーザーが登録済み、承認待ち、およびウエイトリストに追加されているすべてのコースとトレーニングプランが表示されます。ここには、ユーザーがアクセスできるすべてのコースカタログのトレーニングが表示されます。

このセクションは、「予定」「完了」「すべてのコース」の3つのサブセクションに分かれています。

予定:登録済み、承認待ち、ウエイトリストに追加されており、完了していないコースとトレーニングプランが表示されます。つまり、トレーニングステータスが「未開始」「受講中」「承認待ち」「ウエイトリスト」のいずれかになります。

完了:ユーザーが完了したコースとトレーニングプランが表示されます。公開、未公開、インポート、削除されたトレーニング、およびコースカタログから削除されたトレーニングがカウントされます。ここに表示されるトレーニングのトレーニングステータスは、完了になります。

すべてのコース:ユーザーが受講者として登録されている、テナント全体のすべてのコースとトレーニングプランが表示されます。ここには、すべてのステータスのトレーニングが表示されます。

capture13.png

「トレーニング」セクションには、トレーニングのタイプ、タイトル、期日(設定されている場合)、トレーニングのステータス、完了必須マーク(設定されている場合)などが記載されたトレーニングカードが表示されます。

既定では、アクティブなトレーニングのみが表示されます。未公開、削除、またはインポートされたトレーニングを表示するには、画面右上のフィルターで「非アクティブを含める」オプションを有効にします。

各トレーニングカードでは、ユーザーが自分のトレーニングの進捗状況を確認することができます。

  • 完了:トレーニングは完了しています。
  • 未開始:トレーニングに正常に登録された、または登録されたがまだ開始していません。
  • 受講中:トレーニングを開始したが、まだ完了していません。
  • 承認待ち:受講申請の承認待ちです。
  • ウエイトリスト:セッションまたはコースのウエイトリストに追加されています。

画面下部には、ビューの概要を示すバーが表示され、各ステータスのトレーニングの数を確認することができます。

capture14.gif__2.png

 

各トレーニングカードの右下隅にある3点ボタンをタップすると、トレーニングの種類や設定に応じて利用できるアクションが表示されます。

capture15.png capture16.png

再受講ができるトレーニングには_______.pngアイコンが表示されます。タップして完了したトレーニングを再受講できます。

capture17.png

ご契約のライセンスに、オフラインプレーヤーオプションがある場合、少なくとも1つのコンテンツパッケージ(SCORM)またはクイズがあれば、コースをダウンロードしてオフラインで閲覧することができます。

トレーニングの検索とフィルタリング

トレーニングセクションには、ソート、検索、フィルタリングオプションがあります。

画面右上の上下矢印アイコンをタップすると、トレーニングの並び替えができます。

既定では、期日が最も近い(早めに完了しなければならない)トレーニングが最初に表示されます。

capture18.png

画面右上のフィルターアイコンをタップすると、特定のワードによるトレーニングの検索や、トレーニングのタイプ、受講が必須のトレーニングをフィルタリングすることができます。オフラインでご利用の場合、ダウンロード済みのトレーニングをフィルタリングすることもできます。

フィルターパネルを閉じるには、フィルターアイコンまたはパネル外の画面上をタップします。

capture19.png

「非アクティブを含める」を選択すると、削除されたトレーニングや、公開が終了したトレーニングなど、現在アクセスできないトレーニングも表示します。

非アクティブのトレーニングは閲覧できません。これらのトレーニングをタップすると、次のメッセージが表示されます。

capture20.png

ソートおよびフィルタリングオプションは、「トレーニング」セクションのすべてのサブセクション(「予定」「完了」「すべてのコース」)に適用されます。
例えば、ユーザーが検索フィールドに「LMS365」と入力すると、「予定」「完了」「すべてのコース」のいずれのビューでも、タイトルにこの単語が含まれているトレーニングのみが表示されます。

項目のチェックを外すか、リセットをタップして、不要なフィルタリングを解除します。すべてのフィルタリングを解除するには「全てをリセット」を選択します。

設定したフィルタリングは、ユーザーがリセットしない限り、アプリをログアウトするまで適用されます。

capture21.png

3.認定証

認定証」セクションは、ユーザーが取得、または取得予定の認定証の概要と、そのステータスを表示します。

画面下部のバーには、すべての認定証の数と、その内訳(ステータスごと)が表示されます。

capture22.png

トレーニングを再受講すると、1つのトレーニングに対して異なるステータスを持つ2つの認定証が表示されることがあります。この場合、1つは有効/期限切間近/期限切れ、もう1つは予定の認定証になります。
トレーニングカードにある注意アイコンは、そのトレーニングが再受講されることを示しています。再受講が完了すると、予定されている認定証は有効となり、この認定証がダッシュボードの「認定証」セクションに表示されます。前回の完了で取得した認定証は「受講履歴」セクションに表示されます。

capture23.png  capture24.png

各カードから、トレーニングの種類や設定に応じたアクションを実行することができます。

capture25.png

_______.png:認定証アイコンをタップすると、デバイスにインストールされているPDFビューアが起動し、認定証が開かれます。開いた認定証はファイルシステムに保存、共有ダイアログで共有、または印刷することができます。

受講者のデバイスにPDFビューアがない場合、LMS365モバイルアプリは、デバイスのダウンロードフォルダに保存するように促します。

_______.png:トレーニングの再受講ができます。

右下隅にある3点ボタンをタップすると、トレーニングの種類や設定に応じて利用できるアクションが表示されます。

認定証セクションにはソート、検索、フィルタリングオプションがあります。

画面右上の上下矢印アイコンをタップすると、トレーニング名と認定証の発行日で並び替えができます。既定では、トレーニングの名前(A-Z)で表示されます。

capture28.png

画面右上のフィルターアイコンをタップすると、名前に特定のワードを含むトレーニングで検索したり、認定証のステータスでフィルタリングすることができます。

フィルターパネルを閉じるには、フィルターアイコンまたはパネル外の画面上をタップします。

capture27.png

検索およびフィルタリングオプションを適用すると、画面下部のバーに表示される認定証の数もそれに応じます。

例えば、検索フィールドに「ビジネス」と入力すると、タイトルにこの単語が含まれる認定証のみが表示され、画面下部のバーには、これらの認定証のみがカウントされることになります。

capture29.png

項目のチェックを外すか、リセットをタップして、不要なフィルタリングを解除します。すべてのフィルタリングを解除するには「全てをリセット」を選択します。

設定したフィルタリングは、ユーザーがリセットしない限り、アプリをログアウトするまで適用されます。

capture30.png

4.スキル

「スキル」セクションは、ユーザーに付与された、または付与される予定のスキルが表示されます。

スキルカードには、スキル名、ステータス、付与者、達成日、および失効日(スキルに対して失効日が設定されている場合)が表示されます。

画面下部には、すべてのスキルの数と、その内訳(ステータスごと)が表示されます。

capture31.png

スキルのステータスは次の通りです。

有効:スキルは付与されています。
失効:スキルは取り消されています。
予定:トレーニングを完了するとスキルが付与されます。

付与者:スキルが付与されたトレーニングのタイトル、またはLMS365管理センター>ユーザーの「スキル付与」を使用して、当該ユーザーにスキルを手動で付与した人の名前が表示されます。

capture32.png

各カードから、トレーニングの種類や設定に応じたアクションを実行することができます。

capture33.png

_______.png:トレーニングの再受講ができます。

右下隅にある3点ボタンをタップすると、トレーニングの種類や設定に応じて利用できるアクションが表示されます。

スキルセクションにはソート、検索、フィルタリングオプションがあります。

画面右上の上下矢印アイコンをタップすると、トレーニング名とスキルの達成日で並び替えができます。既定では、スキルの達成日の降順(新しい順)で表示されます。

capture34.png

画面右上のフィルターアイコンをタップすると、名前に特定のワードを含むトレーニングで検索したり、スキルのステータスでフィルタリングすることができます。

フィルターパネルを閉じるには、フィルターアイコンまたはパネル外の画面上をタップします。

capture35.png

検索およびフィルタリングオプションを適用すると、画面下部のバーに表示されるスキルの数もそれに応じます。

例えば、検索フィールドに「ビジネス」と入力すると、タイトルにこの単語が含まれるスキルのみが表示され、画面下部のバーには、これらのスキルのみがカウントされることになります。

capture36.png

項目のチェックを外すか、リセットをタップして、不要なフィルタリングを解除します。すべてのフィルタリングを解除するには「全てをリセット」を選択します。

設定したフィルタリングは、ユーザーがリセットしない限り、アプリをログアウトするまで適用されます。

capture37.png

5.受講履歴

受講履歴」セクションでは、ユーザーのトレーニングの記録を見ることができます。受講履歴セクションには、フィルタリングや検索オプションはありません。

このセクションは、「トレーニング」「認定証」「スキル」の3つのサブセクションに分かれています。

capture38.png

次の場合、受講履歴には表示されません。

  • ウエイトリストに追加されている。
  • 受講申請が承認されていない。
  • 登録したトレーニングが停止している。
  • 登録されたトレーニングの開始日が到来していないため、トレーニングが未公開である。

トレーニング」には、ユーザーが登録されているすべてのトレーニングが表示されます。各トレーニングのステータス、トレーニングの完了日、CEUを確認できます(画面を左横にスクロールします)。ここには、削除されたトレーニングも表示されます。
トレーニングをタップして、トレーニングに移動することができます。

ユーザーがトレーニングを再受講した場合、前回の完了した受講も受講履歴として記録されています。
再受講が完了しても、この履歴は削除されません。

capture39.png

未公開のトレーニング、インポートされたトレーニング、またトレーニングが削除されたなどにより利用できない場合は、トレーニングのタイトルがグレーで表示されます。

認定証」には、ユーザーが持つすべての認定証が表示されます。

各認定証のステータス、発行日、有効期限を確認できます(画面を左横にスクロールします)。トレーニングをタップして、トレーニングに移動することができます。

capture40.png

未公開のトレーニング、インポートされたトレーニング、またトレーニングが削除されたなどにより利用できない場合は、トレーニングのタイトルがグレーで表示されます。

スキル」には、ユーザーが持つすべてのスキルが表示されます。

各スキルのステータス、達成日、取消日を確認できます(画面を左横にスクロールします)。

capture41.png

6.CEU

CEU」セクションでは、ユーザーが獲得した、または獲得する予定のCEUが表示されます。

画面下部のバーには、すべてのCEUの合計とその内訳(獲得済、獲得予定)が表示されます。

capture42.png

トレーニングで獲得できるCEUの数は、各トレーニングカードに表示されています。

受講者がトレーニングを完了した後に、そのトレーニングで獲得できるCEU数が変更された場合、既に獲得したCEU数は更新されません。

例えば、受講者がトレーニングを完了し、トレーニングで30のCEU数を獲得したとします。その後、コース管理者により、このトレーニングで獲得できるCEU数が45に変更されました。この場合、既にこのトレーニングで獲得したCEU数30は更新されません。

受講者がこのトレーニングを再受講すると、トレーニング完了時に獲得済CEU数は45に更新されます。再受講のトレーニングが完了した際に獲得できるCEU数の増減は、トレーニングカードに示されます。

取得できるCEU数に変更がない場合:獲得予定 +0* が表示されます。

取得できるCEU数が増加した場合:獲得予定+変更後-変更前の数*と表示されます。

取得できるCEU数が減少した場合:獲得予定-変更前ー変更後の数*と表示されます。

何れの場合も、再受講が完了すると、CEUは更新されます。

例:獲得できるCEUが30から45に変更された場合

capture47.png

各カードから、トレーニングの種類や設定に応じたアクションを実行することができます。

_______.png:トレーニングの再受講ができます。

右下隅にある3点ボタンをタップすると、トレーニングの種類や設定に応じて利用できるアクションが表示されます。

画面右上の上下矢印アイコンをタップすると、トレーニング名と完了日で並び替えができます。既定では、トレーニング名(A-Z)で表示されます。

capture43.png

画面右上のフィルターアイコンをタップすると、名前に特定のワードを含むトレーニングで検索したり、獲得済、または獲得予定でフィルタリングすることができます。また、トレーニングの完了日でフィルタリングすることもできます。

フィルターパネルを閉じるには、フィルターアイコンまたはパネル外の画面上をタップします。

capture44.png

検索およびフィルタリングオプションを適用すると、画面下部のバーに表示されるCEUの数もそれに応じます。

項目のチェックを外すか、リセットをタップして、不要なフィルタリングを解除します。すべてのフィルタリングを解除するには「全てをリセット」を選択します。

設定したフィルタリングは、ユーザーがリセットしない限り、アプリをログアウトするまで適用されます。

7.ランキング

「ランキング」セクションは、テナント内の受講者を、獲得したCEU、完了したトレーニング、取得した認定証の合計数に基づいてランキングを表示します。対象となるユーザーは、テナント全体の受講者です。

このセクションは、「トレーニング」「認定証」「CEU」の3つのサブセクションに分かれています。既定では、CEUセクションが表示されます。

capture45.png

画面右上のフィルターアイコンをタップすると、データの集計期間を週間、月間、今年、または全期間(既定)から選択することができます。選択した期間は、すべてのサブセクションに適用されます。

capture46.png

ランキングに表示される受講者は最大10人です。ユーザーが上位10人に入らない場合、リストの一番下に自分のスコアが表示されます。

トレーニングを完了していない、またはCEUや認定証を取得していない場合、ユーザーはリストで自分自身を確認することができますが、ポイントは0になります。

受講者の獲得したCEUの合計数が同じ場合、最初に獲得したCEU数が最も大きい受講者が上位に表示されます。
認定証の有効期限が切れていたり、削除されている場合は、「認定証」サブセクションではカウントされません。