トレーニングプランの通知

  • 更新

トレーニングプランに関連する通知はトレーニングプランが公開されてから終了されるまでに実行される学習関連のイベント、例えば受講の登録や解除、承認の申請、リマインダーなど多岐にわたります。

ここでは、各イベントごとにそれに関連する通知をご紹介します。

すべてのLMS365通知は既定で有効になっています。カタログまたはコースレベルで通知を有効または無効にする方法については「LMS365 の通知:概要と管理」をご参照ください。

カタログ管理者は通知テンプレートを編集し、既定の値を変更することができます。

通知テンプレートを編集してカスタマイズする場合の注意事項については「通知テンプレートをカスタマイズした際に受ける影響」をご参照ください。


受講申請

このパートでは、承認申請に関連するトレーニングプランの通知についてご説明します。

承認フローが自動承認のトレーニングプランに登録した場合、ユーザーはその場でトレーニングプランに登録され、「トレーニングプラン受講の確認」通知を受け取ります。

管理者、またはライン管理者による承認のトレーニングプランへ登録した場合、ユーザーと承認者に次の通知が送信されることになります。

トレーニングプラン承認待ちの確認

この通知は、ユーザーに、トレーニングプランへの登録の申請が承認待ちであることを通知します。

通知のトリガー:ユーザーが、管理者の承認またはライン管理者による承認フローのトレーニングプランの受講を選択すると送信されます。
同時に、承認者(管理者またはライン管理者) は「トレーニングプランへの受講申請」通知を受け取ります。

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications1.png

トレーニングプランへの受講申請

この通知は、承認者(ライン管理者・コースカタログ管理者・コース管理者)に、ユーザーからトレーニングプランの受講申請が届いていることを通知します。
承認者はこの通知から申請を承認または却下することができます。

同じ申請を複数の管理者が受け取った場合、最初に承認/却下した管理者が、その登録の更新者(承認者)になります。他の管理者が同じ申請を承認または却下しようとすると、既に処理されていることをメッセージで知らせます。

通知のトリガー:ユーザーが、管理者の承認またはライン管理者による承認フローのトレーニングプランの受講を選択すると承認者(管理者またはライン管理者)に送信されます。

既定の受信者:(宛先)承認者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 申請者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値
  • 承認・却下のリンク

Training plan notifications2.png

承認者が承認すると、ユーザーに「トレーニングプラン受講の確認」が送信され、却下すると「トレーニングプラン受講申請却下の確認」が送信されます。

トレーニングプラン承認申請の確認

この通知は、承認者(ライン管理者・コースカタログ管理者・コース管理者)に、ユーザーからの承認申請が処理されていないことを通知します。承認者はこの通知から申請を承認または却下することができます。

通知のトリガー:ユーザーからの承認申請を、承認者(ライン管理者・コースカタログ管理者・コース管理者)が処理していない場合、この通知のテンプレートの「リマインドメールを送信する」の設定に従って送信します。

既定の受信者:(宛先)承認者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 申請者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値
  • 承認・却下のリンク

テンプレート設定オプション:

  • リマインドメールを送信する:申請を受け取った後の日数を設定します。ここで設定した日数に従って、この通知を送信します。既定では、21,14,7 が設定されています。

Training plan notifications3.png

承認者が承認すると、ユーザーに「コース受講の確認」が送信され、却下すると「コース受講の却下」が送信されます。

トレーニングプラン受講申請却下の確認

ユーザーに、管理者、またはライン管理者による承認フローのトレーニングプランへの受講申請が却下されたことを通知します。

通知のトリガー:管理者、またはライン管理者による承認フローのトレーニングプランへの受講申請を、承認者(ライン管理者・コースカタログ管理者・コース管理者)が却下すると送信されます。

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications4.png

受講の登録と受講の解除

このパートでは、トレーニングプランの受講の登録と解除に関連する通知についてご説明します。

トレーニングプラン受講の確認

この通知は、ユーザーにトレーニングプランに登録されたことを通知します。

通知のトリガー:

  • ユーザーが、自動承認フローのトレーニングプランに受講登録したとき
  • ユーザーが、管理者またはライン管理者の承認フローのトレーニングプランに登録を申請し、承認者がそれを承認してトレーニングプランに登録されたとき
  • ユーザーがライン管理者、コース管理者、またはコカタログ管理者によってトレーニングプランに登録されたとき
開始日(公開日)が現在より先のトレーニングプランは、「トレーニングプラン受講の確認」通知は送信されません。

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications5.png

トレーニングプランに含まれているコースの通知(コース受講の確認)は、次の条件に従って送信されます。:

1.ユーザーが、eラーニングコースを含むトレーニングプランに正常に登録されたとき

  • トレーニングプラン内の eラーニングコースに前提条件が設定されていない場合、「トレーニングプラン受講の確認」通知がユーザーに送信されます。トレーニングプラン内のコースに対する「コース受講の確認」通知は送信されません。
  • トレーニングプラン内の eラーニングコースに前提条件が設定されている場合、「トレーニングプラン受講の確認」通知に加えて、ロックが解除されたeラーニングコースに登録されるたびに「コース受講の確認」通知がユーザーに送信されます。

ユーザーがトレーニングプランを再受講する場合や、トレーニングプランからの登録を解除する場合にも同じロジックが適用されます。

2.ユーザーが、インストラクター主導型コースを含むトレーニングプランに正常に登録されたとき

  • トレーニングプラン内のインストラクター主導型コースに前提条件がない場合、登録のプロセスとセッション登録方法に応じて、次の通知がユーザーに送信されます。
    各通知の詳細については、インストラクター主導型コースの通知をご参照ください。
    • セッションへの登録申請
    • 講師の指導によるトレーニングの開催について: 予定への招待状
    • 講師の指導によるトレーニングへの登録の確認

  • トレーニングプラン内のインストラクター主導型コースに前提条件がある場合、「トレーニングプラン受講の確認」通知に加えて、ロックが解除されたインストラクター主導型コースに登録されるたびに「講師の指導によるトレーニングへの登録の確認」通知がユーザーに送信されます。

ユーザーがトレーニングプランを再受講する場合や、トレーニングプランからの登録を解除する場合にも同じロジックが適用されます。

次のような場合でも、ユーザーはトレーニングプラン内のロックされていないすべてのコースに登録されます。
  • ユーザは、このトレーニングプランに含まれる管理者、またはライン管理者の承認を必要とするコースにおいて承認待ちである。
  • ユーザーは、このトレーニングプランに含まれるコースのウェイトリストにいる。
  • ユーザーがこのトレーニングプランに含まれるコースの登録を解除した。

トレーニングプランの登録解除

この通知は、ユーザーにトレーニングプランの登録が解除されたことを通知します。

通知のトリガー:

  • ユーザーが未開始、または受講中のトレーニングプランの登録を自分で解除したとき
  • ユーザーが、管理者またはライン管理者の承認のトレーニングプランに登録し、申請が承認/却下される前に、トレーニングプランへの受講を取り消したとき
  • コース管理者、またはコースカタログ管理者が、ユーザーのトレーニングプランの登録を解除したとき

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications6.png

トレーニングプランの完了

トレーニングプランの完了に関連する通知は、トレーニングプランが完了したことを確認する通知1つのみです。

トレーニングプラン完了の連絡

この通知は、受講者にトレーニングプランが完了したことを通知します。

通知のトリガー:

  • 受講者が完了必須に設定されたコースを完了し、トレーニングプランの完了の要件を満たしたとき
  • コース管理者またはカタログ管理者が、受講者のトレーニングプランを手動で完了としたとき

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • 完了日:トレーニングプランを完了した日時
  • トレーニングプラン認定証:コースに認定証が付与されている場合の閲覧とダウンロードへのリンク
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications7.png

トレーニングプランの受講期限

このパートでは、トレーニングプランの受講期限に関する2つの通知についてご説明します。

トレーニングプランの受講期限のお知らせ

この通知は、ユーザーに登録したトレーニングプランの受講期限が近づいていることを通知します。

通知のトリガー:トレーニングプランに期日が設定されている場合、登録されたユーザーがその期日が近づいてもまだトレーニングプランを完了していない場合や、カタログ管理者、コース管理者によって進捗が手動で完了に設定されていない場合、この通知のテンプレートの「リマインドメールを送信する」の設定に従ってリマインドメールを送信します。

次の場合、この通知は送信されません。

  • ユーザーがトレーニングプランを完了している場合
  • トレーニングプランが公開されていない場合

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプラン期日:期限として設定された日時
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications8.png

トレーニングプラン受講期限超過の連絡

この通知は、期日が設定されたトレーニングプランをまだ完了していないユーザーに、トレーニングプランの受講期日が過ぎたことを通知します。

通知のトリガー:トレーニングプランに期日が設定されている場合、登録されたユーザーが設定された期日が到来した時点でトレーニングプランを完了していない場合や、カタログ管理者、トレーニングプラン管理者によって進捗が手動で完了に設定されていない場合に送信します。

トレーニングプランの期限日が過ぎたあと、カタログ管理者はこの通知のテンプレートのオプションを使って、ユーザーにリマインドを送信することができます。
詳細については、通知テンプレートの編集とリセット>「通知も送信」オプションをご参照ください。

次の場合、この通知は送信されません。

  • ユーザーがトレーニングプランを完了している場合
  • トレーニングプランが公開されていない場合

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)ライン管理者

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプラン期日:期限として設定された日時
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

テンプレート設定オプション:

通知も送信:トレーニングプランの期限が過ぎたあと、ここに設定した日数に従ってこの通知を送信します。既定は空欄です。

Training plan notifications9.png

トレーニングプランの未開始

コースの未開始に関連する通知は、コースの受講が開始されていないことを知らせる通知1つのみです。

受講者が開始していないトレーニングプラン

この通知は、ユーザーに、登録されているトレーニングプランの受講が開始されていないことを通知します。

通知のトリガー:公開されトレーニングプランに登録されているユーザーが受講を開始していない場合、この通知のテンプレートの「リマインドメールを送信する」の設定に従ってリマインドメールを送信します。

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)ライン管理者

配信方法:Eメール、Microsoft Teams、モバイル通知

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプラン期日:期限として設定された日時
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。

テンプレート設定オプション:

  • リマインドメールを送信する:受講登録後の日数を設定します。ここで設定した日数に従って、この通知を送信します。既定では、30,14,が設定されています。

Training plan notifications10.png

トレーニングプランの公開ステータス

このパートでは、トレーニングプラン公開ステータス(公開、未公開、予定、終了) に関連する通知についてご説明します。

トレーニングプラン公開の連絡

この通知は、コースカタログ管理者とコース管理者(=トレーニングプラン管理者)にトレーニングプランが公開されたことを通知します。

通知のトリガー:

  • 管理者が事前に設定したトレーニングプランの公開日時が到来したとき
  • トレーニングプラン管理者、またはコースカタログ管理者が、公開ステータスを手動で「公開」に変更したとき、または開始日/終了日を変更してトレーニングプランを公開したとき
トレーニングプランの開始日・終了日が、トレーニングプランの作成日よりも前に設定された場合、この通知は送信されません。

既定の受信者:(宛先)コースカタログ管理者、コース管理者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプラン開始日:トレーニングプランが公開され、その中のコンテンツが利用可能になる日付と時刻
  • トレーニングプラン終了日:トレーニングプランが終了し、その中のコンテンツが利用できなくなる日付と時刻(設定されている場合)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications11.png

トレーニングプラン開始の通知

この通知は、トレーニングプランの公開前に登録されたアクティブな受講者(ステータスが「未開始」または「受講中」) に、トレーニングプランが開始されたことを通知します。

通知のトリガー:

  • トレーニングプランの開始日が到来し、自動的に公開されたとき
  • トレーニングプラン管理者(=コース管理者)、またはコースカタログ管理者が手動でトレーニングプランを公開にしたとき

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録した受講者
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプラン終了日:トレーニングプランが終了し、その中のコンテンツが利用できなくなる日付と時刻(設定されている場合)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値

Training plan notifications12.png

トレーニングプラン非公開の連絡

LMS管理者およびトレーニングプラン管理者(=コース管理者)に、トレーニングプランが非公開となったことを通知します。

通知のトリガー:

  • トレーニングプランの終了日時が到来したとき
  • トレーニングプラン管理者、またはコースカタログ管理者が、手動で公開ステータスを未公開に変更したとき、または終了日を現在の日付より前に変更したとき
トレーニングプランの開始日・終了日が、トレーニングプランの作成日よりも前に設定された場合、この通知は送信されません。

既定の受信者:(宛先)コースカタログ管理者、コース管理者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプラン開始日:トレーニングプランが公開され、その中のコンテンツが利用可能になる日付と時刻
  • トレーニングプラン終了日:トレーニングプランが終了し、その中のコンテンツが利用できなくなる日付と時刻(設定されている場合)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値。
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications13.png

トレーニングプラン終了の連絡

この通知は、トレーニングプランに登録されている受講者に、トレーニングプランが終了したことを通知します。

通知のトリガー:トレーニングプランの終了日になると通知が送信され、トレーニングプランは自動的に非公開になります。

通知の内容:

トレーニングプランに登録されている受講者に、トレーニングプランが終了したことを通知します。

通知のトリガー:

  • トレーニングプランの終了日が到来し、自動的に非公開になったとき
  • トレーニングプラン管理者、またはコースカタログ管理者が手動でトレーニングプランを非公開に設定、または終了日を現在の日付より前の日付に変更したとき

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • 受講者:トレーニングプランに登録したユーザー
  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプラン終了日:トレーニングプランが終了し、その中のコンテンツが利用できなくなる日付と時刻
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications14.png

トレーニングプランの進捗

トレーニングプランの進捗に関連する通知は1つです。

トレーニングプラン進捗のリセット

この通知は、トレーニングプランの進捗が、リセットされたことを受講者に通知します。

※ トレーニングプラン内のe ラーニングコースやインストラクター主導型コースの進捗を削除した場合は、ユーザーに「コース進捗のリセット」通知が送信されます。

通知のトリガー:コース管理者またはカタログ管理者が、受講者の進捗またはトレーニングプランの進捗で「進捗を削除」を選択して、受講者のトレーニングプランの進捗を削除しリセットしたとき。

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値
  • トレーニングプラン所要時間(標準形式):トレーニングプラン内のすべてのコースの「期間(標準形式)」が設定されている場合は、システムによって自動的に計算されたトータルの時間。そうでない場合、空欄もしくはトレーニングプランの「期間(標準形式)」フィールドに設定された値
  • トレーニングプランの学習時間:トレーニングプランの「期間」フィールドに設定された値

Training plan notifications15.png

トレーニングプランの再受講

トレーニングプランの再受講に関連する通知は1つのみです。

トレーニングプランを再受講する必要があります

この通知は、ユーザーにトレーニングプランの再受講が必要であることを通知します。

※e ラーニングコースやインストラクター主導型コースについても同様に通知します。

通知のトリガー:

  • 管理者が、受講者が完了したトレーニングプランの再受講を選択したとき。詳細は「コースとトレーニングプランの再受講」をご参照ください。
  • トレーニングプランの「再受講」オプションが設定されている場合、その条件に従って通知が送信されます。このオプションの詳細については「トレーニングプランの作成」をご参照ください。

既定の受信者:(宛先)受講者(CC)空欄

配信方法:Eメール、Microsoft Teams

既定の本文:

  • トレーニングプラン名:トレーニングプランの名前(トレーニングプランホームページのリンク)
  • トレーニングプランコース: トレーニングプランに含まれるコース
  • トレーニングプラン ID:トレーニングプランの「ID」フィールドに設定された値

Training plan notifications16.png

通知が送信されないケース

コースまたはカタログ管理者が行う一部の操作については、通知は送信されません。

  • トレーニングプランを削除した場合。
  • トレーニングプランからコースを削除、またはコースの削除を行こなった場合。
  • 管理者の割り当て、または割り当て解除した場合。
  • ユーザーを未公開(予定済)のトレーニングプランの受講者に登録した場合。
  • トレーニングプランの進捗をリセットした場合は、ユーザーに「コース進捗のリセット」は送信しません。この場合「トレーニングプラン進捗リセット」のみ送信します。